« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.01

335:SNOW BLACK

通称”黒雪姫”。
名前とはウラハラに、
清い心を持った乙女である。

だが、ヒトん家の庭先の花を
可愛いからと摘んでしまうのは
いけません。

作:ヤナセ

| | トラックバック (0)

2006.12.02

336:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続続こまめのきもち」その1

今日もこまめはオスネコたちにモテモテ。。。
「もぅ……ニャ〜ニャ〜
うるさいニャー……
あっち行こ。」

「こっちはこっちで、
カップルがニャンニャン
うるさいニャー。もぅ……」

そんなこまめを見つめる
謎の猫目マスクが……。

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.12.03

337:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続続こまめのきもち」その2

「なんでこまめちゃんばかり
モテるのかしら。
あたくしの方が美人で
毛並みもよろしいのに……」

「ね。」と、仮面をとると、
確かに美形のシャム猫少女が
顔を出した。

ミステリアスな雰囲気を漂わせる
マスクド・キャッツ・アイ。
こまめ人気危うし!

するとその時突然。
「おかーにゃーん!!」と、
チビ猫のグリコが叫んだ。

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.12.04

338:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続続こまめのきもち」その3

「アラ! にゃに? あなた。」
「ボクだよ、おかーにゃん!
おかーにゃんの子のグリコだよ。」

「エッ!? あたくしの子のグリコちゃん?」
「おかーにゃん、おかーにゃん!」
「そんな子いたかしら……??
産んだ覚えもないし……」

「でも、言われてみれば、
あたくしが2歳の頃……」
「ワーい、ワーイ、おかーにゃんだ!」
「ま、いいワ。
グリコちゃんのおかーさんに
なってあげるワ。」

二匹はその後幸せに暮らしたそうにゃ。
大らかで大雑把な猫たちにゃの。

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.12.05

339:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続続こまめのきもち」その4

こっちではチビッ子達が遊んでるニャ。
「キャッ、キャッ、キャッ。」

「コラ……」
あニャ、タイヘン。

「キャ〜〜〜〜〜!!」
「オレん家のレンジで
何やっとるんにゃ!」

「ワーイ、逃げろー!」
レンヂの家の
電子レンジにゃ。

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.12.06

340:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続続こまめのきもち」その5

「ったく……ヒトん家で遊ぶなっちゅーねん。」
「うッ、最近太ってきたちゃうんかなァ。
アイドルとしてはヤバイねん。」

「あ、ヤバ……」

「ワハハー!
オモチロイー!」
「オレん家揺するな、コラー!」
ユサ、ユサ、ユサ、チン!

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.12.07

341:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続続こまめのきもち」その6

ズルズルズル〜〜

「あッ、ぶさいクマ君にゃ。」

「クマ兄ちゃんとこまめちゃんとで遊んでいいよ。」
「あニャ、弟の犬君いい子にゃ。」

「ボクは一人でスベれるんだからねー。ワーイ。」

ズルズルズル〜〜〜〜

「クマちゃん、散歩いこ。」
「うん。」

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.12.08

342:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続続こまめのきもち」その7

「ねェ、クマちゃん。
こんどニャンキーズ・スタジアムで
てぶの展示があるから
いっしょに行かニャい?」
「うん、行く。」

こまめは幸せでした。
いつまでもゴロンゴロンしました。

ところが……。

ある朝、ぶさいクマ君は
死にました。。。。。。。
もともと身体も弱かったのニャ。

つづく?

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.12.09

343:「細指プロレス提供特別試合第6戦 代打:指コンビクト」
指コンビクトvsリンラン

1.スリムは前回トイレデスマッチに敗れトイレに流された模様。
この危機に盟友コンビクトが助っ人で登場。

2.相手は「リンラン」。

3.コンビクト怒濤の体当たりで圧勝!
強いみたいだな。

通算成績2勝4敗

まだまだ対戦相手募集中だすけ!

作:マスクドスリム&スリムビューティ

| | トラックバック (0)

2006.12.10

344:お土産てぶ

スリム&ビューティの
“ブライダルですマッチ”(11/12)に
配られたてぶ達。
てぶ教室の人にはあげません(笑)。

| | トラックバック (0)

2006.12.11

345:「細指プロレス提供特別試合第7戦 代打:指コンビクト」
指コンビクトvsエース池袋

1.ペットのリンランを倒され怒った「エース池袋」が登場。
細指軍は引き続きコンビクト(好きな音楽はパンク)。

2.エース池袋のモヒカン攻撃もなかなか。

3.しかし頼もしい助っ人コンビクトは
体重を利した攻撃でこれをかわし連勝!
指2本入っているように見えるのは気のせいです。

通算成績3勝4敗

まだまだ対戦相手募集中だすけ!

作:マスクドスリム&スリムビューティ

| | トラックバック (0)

2006.12.12

346:バルボッサ

頂上に着いたら、
ママに写メールを送ろう。

作:Wanta

| | トラックバック (0)

2006.12.13

347:てぶリアン・プラント 第6話

「可愛いシッポ?」

ニッコニコのキュートなプラント♪

怪しいプラントが急激に成長(?)しているにもかかわらず、
ベランダに置いてあるクリクリ眼のキュートなプラントの方は
いっこうに変化はなし。

「どうしちゃったんだろうなぁ……」
いつ眺めてもプラントはニコニコ笑っているみたい。
それはそれで楽しかったが、
あまり変化がないと、さすがに飽きがくる。

「シッポでも生えたら、もっと可愛いんだけどなぁ」
ある日のこと、そんなことを思いながら
ひろしは水やりをしていた。

すると、「ひろし、ゴハンよ〜!」
「はぁ〜い……」
ママの呼ぶ声でひろしはプラントを置き、
水やりを途中にしたままでゴハンを食べに行った。
ママはゴハンができて、すぐに食べに行かないと
キゲンが悪くなるので仕方がない。

ゴハンの後、ひろしは水やりの続きをしようと戻り、
「もしかして室内に置いておいた方がいいのかなぁ……」
などと思いながら、さっさと水をかえようと
プラントをつかむと……。

「あっ! なんだぁ〜!?」

いつもと違った感触に、ひろしは思わず大きな声をあげた。
すぐにプラントをひっくり返して見てみると、
そこにはシッポのようなものが生えているではないか!

「えっ? さっき こんなのあったっけ?」
そんなことがちょっとだけ頭によぎったが、
ずっとつまらない思いをしていたのでひろしは大喜び。
「やった! 成長したんだ!」

「それにしてもクァワイイなぁ〜♪」
ひろしはシッポを優しく指でなでなでしながら、
(おっきくなぁ〜れ!)と心の中で念じた。

さて、これは本当にシッポなのか?
それとも……。
(つづく)

シッポのようなものが生えだした!?


作:ひろし

| | トラックバック (0)

2006.12.14

348:デルモン太

普段は線路の敷石の下に潜んでいるのだが、
時折地上にあらわれて、電車の運転手を驚かせる。
電車が非常停止するのはこいつのせい?

作:スリムビューティ

| | トラックバック (0)

2006.12.15

349:メリケン・リー

アメリカ生まれのリー。
父はフランス語を話すアフリカ人。
母はチャイニーズタイペイ出身の日本育ち。
家庭の都合で現在はエンジーコ在住。
ちなみに日本語しか話せないリーだが、英検は2級。

「スリムかかって来い!」と、腕っぷしには自信アリ。

作:ヤナセ

| | トラックバック (0)

2006.12.16

350:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続続続こまめのきもち」その1

あれ以来、こまめは引きこもり。
オヤジの帽子にもぐり込み、
クンクン匂いを嗅いでいる。

心配した仲間達は、毎日こまめを誘いに来ます。
「こまめちゃん、皆んなで遊ぶニャー。」
「……………………」
返事はありません。

「ニャ〜、ニャ〜、こまめちゃん。
新曲ができたから聴いてくれニャイかニャー。」
「……………………」
返事はありません。

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.12.17

351:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続続続こまめのきもち」その2

諦めて皆んなが帰ると、こまめは顔を出しました。
「あたちはもうちょっとこうしていたいだけニャの。
ゴメンね、皆んニャ……。」

するとジェンキンスさんも現れ、
こまめにこう言いました。
「クマは死んではいないような気がするんじゃ。」
「そうだよ。クマ兄ちゃんは強いんだ。」

実はこまめもそんな気がしていました。
「そうニャ、クマちゃんは死んでニャイ……。」

カジ カジ カジ……

「ニャニ?何か音がするニャ。」

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.12.18

352:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続続続こまめのきもち」その3

見ると、オヤジ帽子のてっぺんに付いた
ボンボロボンを黒猫がカジっています。

カジ カジ カジ カジ……
興奮してカジっています。
「フ〜〜〜フ〜〜〜フ〜〜〜」

「コニャー!! オヤジのボンボロボンに
ニャニしてるんニャー!」

「ヒ〜〜〜〜〜ッ ゴメンニャニャーい。」

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.12.19

353:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続続続こまめのきもち」その4

「どくんニャ!」
ガン!!
「ヒ〜〜、ヒ〜〜。」
「これはオヤジが大切にしている帽子ニャ!」

「ヒン、ヒン、僕はただココの
ボンボロボンが好きニャだけです。」と、
黒猫は訴えます。

「そうニャの。そーゆう気持ち。
わからニャいでもニャイ……」

「ヒン、ヒン、ゴメンニャニャい。
僕はユメクロです。」

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.12.20

354:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続続続こまめのきもち」その5

「ちょうどいいニャ。
あたちは旅へ出るから、
クロちゃん留守番頼むニャ。」

「エッ、ホント? うれしいニャ。」

「ただしボンボロボンはカジっちゃダメにゃ。」

どうやらこまめは
あることを確かめたくて
旅に出るようです。

「あたち達“てぶ”は
大切にされたら
いつまでだって生きられるニョよ。」
こまめには何か思うことがありそうです。

つづく……?

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.12.21

355:苺一枝とロミオ・メロン

「ロミオ、ロミオ。ロミオは何故ロミオなの?」
「そーゆう君こそ、なんでイチゴイチエなの?」

作:ヤナセ

| | トラックバック (0)

2006.12.22

356:ユメクロ

泣き虫のユメクロは、
いつも何かあるとすぐに泣いてしまう。
しかし、そこからが強い。
猫が豹変してしまうんだニャー。

「ヒーン、ヒーン」と泣いてばかり……。

作:ももぢ

| | トラックバック (0)

2006.12.23

357:てぶ越冬隊員 白瀬

今年もアサギャー星には冬が到来。
てぶ越冬隊員は“てぶスノー”を踏みしめながら
頂上を目指します。

作:ヤナセ

| | トラックバック (0)

2006.12.24

358:イエティ

てぶスノー”の上に
不思議な足跡を発見。
調べてみると「雪男」「猿人」と言われる
イエティのものだった。
どうやらメスの「ミキティ」を探している模様。

作:ヤナセ

| | トラックバック (0)

2006.12.25

359:カマーメイド

「お帰りなさいませ、ご主人さま、豚カツをどうぞ。」
とメイドのコスプレをしてみてもしょせん男…。

作:スリムビューティ

| | トラックバック (0)

2006.12.26

360:グレゴリー

いつもモソモソ呪文を唱える。
おとぎ話が好きなクマ。
ブサイクマ君とはいとこ同士。
少し感覚が似ているらしい。

作:ももぢ

| | トラックバック (0)

2006.12.27

361:カモなんばん

アヒルくんとは
小学校からの親友なんだ。

作:じーま

| | トラックバック (0)

2006.12.28

362:ニャイトメアー(白猫兄妹)

心のない人間にいじめられた経験を持つが、
忍者修行して強くなった猫貳忍。

作:ももぢ

| | トラックバック (0)

2006.12.29

363:ニャツキ(白猫兄妹)

ニャイトメアーの妹。
兄者同様の猫忍。
こまめを救ってくれる。

作:ももぢ

| | トラックバック (0)

2006.12.30

364:つぶつぶまいまい

体のぶつぶつは病気じゃないよ。
みんな怖がらないで。

作:じーま

| | トラックバック (0)

2006.12.31

365:オヤジスティングレー

<深海生物シリーズ9>

深海の砂にじっと潜みながら
獲物を待つ忍耐のエイ。

その姿に自分を照らし合わせ
涙する中年男性もいるとか。

捕獲してみると、実際お腹の方は
おやじではないか……!

作:ヤナセ

-------------------------------------------------------------------------

さて、ついに365番目のてぶちゃんです。
2007年の展開は、まだまだ相談中ですが、
年明け早々に「てぶちゃん・アワード」を発表する予定なので、
乞うご期待!!
では、良いお年を!!

| | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »