« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.01

305:ブラックマンバ

復讐の女武術家。

作:Wanta

| | トラックバック (0)

2006.11.02

306:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続こまめのきもち」その1

そのころ
ダストとアッシュの灰色猫兄弟は
4人組のニャニーズ系アイドルグループ
“ニャンキーズ”でデビューをしたんニャ。

ちなみにデビュー曲は
「ステ猫ロック」。
アルバムは
「ニャンキーズがやってくる、ニャー!ニャー!ニャー!」
ってゆーのニャ。
あたち的にはちょっと……。

上がリーダーのレンヂ。
下がニャかい君。
う〜ん……ニャンとも言えニャイ。

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.11.03

307:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続こまめのきもち」その2

「よッしゃー!ステージだぜ!」
「よし、行くべ!」
「ハコから飛び出せ!」
「ニャ、ニャ〜〜」

「オレが真ん中だべ!」
「ニャんでやー!」
「イケ猫のボクが目立つんニャ!」
「ニャ、ニャ〜〜」

それを見ていたこまめ。
「ニャンだかニャ〜……ふぅ……」

「こんニャより、
ぶさいクマ君を眺めていた方が
ズッといいニャ」
「ぶさいクマ君……」

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.11.04

308:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続こまめのきもち」その3

「やぁ、こまめちゃん」
「ニャあに?ロディ。
ぶさいクマ君はどこニャの?」

「いま、ジェンキンスさんトコにいるよ」
「そうニャの……。
でも恥ずかしくて行けニャイわ」

プチッ、プチッ、プチ……
「行く、行きゃニャイ、行く……」

「う〜ん……重症だぴょん」
「どうにかしないとだぴょん」

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.11.05

309:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続こまめのきもち」その4

「そうだ!ぶさいクマ君には弟がいたよね!」
「そうだぴょん!あいつに頼もうぴょん」
「よし行こう!」

「あ〜あ、バンド辞めよっかニャ〜……」
『ニャー!ニャー!ニャー!』は
当たると思ったんだがニャー……」

「このオレがこんなグループじゃダメだべ。
才能が埋もれるべ。
他へ行くべ」

「疲れたニャ、アッシュ……。オレもういい」
「そうだニャ、兄チャン。
オイラ達はやっぱ兄弟デビューするニャ」

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.11.06

310:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続こまめのきもち」その5

「キミ、ぶさいクマ君の弟だよね」
「そうだよ。でもボクは犬だよ」
「まァ、細かいコトはどうでもいいピョン」
「実はね、コレコレシカジカ……」

「クマ兄ぃちゃーん、クマ兄ぃちゃーん!」
「ん〜〜〜……」

「クマ兄ぃちゃん、ゴハンだよ〜」
「うん、今行く」

「ゴハンじゃないぴょん!」


「あーあ、帰っちゃったよ……」

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.11.07

311:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続こまめのきもち」その6

「もう、自分から行くニャ」
「ジェンキンスさん家にぶさいクマ君はいるニャ」

「ぴょん彦やロディにまかせてちゃダメニャ」

「着いたニャ」

「ハロー、ミスタージェンキンス……」
「ハロー……ハロー……」

「なんじゃね。お嬢さん」
「あーヨカッタにゃ、生きてたにゃ」

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.11.08

312:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続こまめのきもち」その7

ジェンキンスさんは若い頃、
某国の諜報部員だったらしいにゃ。
今はただのおじいちゃん犬にゃ。

何も言ってにゃいのに、ジェンキンスさんは
「これをかぶって、
クマと外で遊んできなさい」って言うんにゃ。

「クマちゃん、外で遊ぼ」
「行ってきなさい」
「うん」

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.11.09

313:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続こまめのきもち」その8

「クマ兄ちゃん、ボクも行く」
「うん」

あにゃにゃ!

せっかくぶさいクマ君といっしょに
なれたと思ったのに、
弟の犬がそばを離れにゃいわ。

まずいにゃ。二人で遊び始めたにゃ。

とっておきの作戦に出るにゃ。

つづく……

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.11.10

314:”てぶちゃん愛の劇場”
「続続こまめのきもち」その9

「ねェ クマちゃん、カメの甲羅で日向たぼっこしよ」
「うん」

「どう?ここ、クマちゃん。初めて?」
「うん」
「ここ好き?」
「うん、好き」

とりあえず、
“カメの甲羅作戦”が効いて、
こまめはぶさいクマ君と
日向でゴロゴロが出来ることになりました。

つづく……?

作:柳瀬父娘

| | トラックバック (0)

2006.11.11

315:「細指プロレス提供特別試合第4戦」
指スリムvsキャンサー

1.お次は「キャンサー」。カニ野郎には負けてられんがな。

2.スリム怒濤の攻撃。あと一歩。

3.どうだ勝ったべ?
あれ?むこう倒れてるけどマスクついたままだじゃ。
スリム負け〜。

通算成績1勝3敗

まだまだ対戦相手募集中だすけ!

作:マスクドスリム&スリムビューティ

| | トラックバック (0)

2006.11.12

316:突然ももぢクイズ

問題:犬はどっち?

答えがわかった人は
向かって右か左かを書いて、住所氏名明記の上、03-3330-5293(ヤナセ)にFAX!!
正解された先着1名に“ももぢネコ”をプレゼント!
ただし、「てぶちゃん教室」関係以外の方です。

さぁ、ヨ〜イ、スタート!

作:ももぢ

| | トラックバック (0)

2006.11.13

317:「細指プロレス提供特別試合第5戦 トイレデスマッチ」
指スリムvsターバン

1.この試合は負けたら水で流され、
生きて帰ったものはいないという伝説の
トイレデスマッチ。
相手はインド出身「ターバン」。

2.インドだけにマスクもヘビ柄、
そして手強いぞ。

3.善戦むなしく敗戦。
スリム流されるのか。引退か?
このままじゃ「善戦マン」ってあだ名つけられるべよ。

通算成績1勝4敗

まだまだ対戦相手募集中だすけ!

作:マスクドスリム&スリムビューティ

| | トラックバック (0)

2006.11.14

318:禁煙てぶ

柴崎母娘の切なるネガイ、
『お母さんタバコ止めて!』は叶いましたか。

作:柴崎(母)

| | トラックバック (0)

2006.11.15

319:ひろしの手作りケーキとてぶ

スリム&ビューティの挙式パーティの冷蔵庫には
出番を待つひろしケーキが。
それをつまみ食いするてぶ一匹発見。

作:ひろし&ヤナセ

| | トラックバック (0)

2006.11.16

320:GUY吉

おいらの趣味は落書きだぜ。
(落書きは犯罪です。よい子はマネしないでね。)

作:マスクドスリム

| | トラックバック (0)

2006.11.17

321:不利分丸夫(ふりぶ・まるお)

ハードボイルド探偵小説『かくも長き居眠り』第一回

おれの商売は、いわゆる私立探偵ってやつで、
浮気調査や人探し……金さえ貰えば犬猫だって探す。
ある晩秋の馬鹿に陽気な午後。特に仕事もないので、
ビールを飲んで惰眠を貪ることに決めこんだ。
飼い猫のレイモンドには餌をたんまりとやったし、
もう誰が来ようが仕事なんぞするものか。
そうだ、今日いっぱいは大好きな<加藤嘉>のことだけに頭を使うのだ。
彼の毒殺される演技は天下一品だ。
あれ名演技と云わずして、なにを名演技と云おうか。
あまり注目されてないが小心の軍人役も絶品だ。
軍人といえば<加藤嘉>だ。
このことが理解出来ないなら、金輪際、映画など観ないほうがいい。
時間の浪費だから。
夢うつつで<加藤嘉>の頑固大学教授の荘厳な立ち姿に
想い馳せて悦に入っていた。
ああ、なんて心地よいのだろう。
しかし、その至福の時は無粋なノックの音によって破られた。
誰だ!おれのささやかなる幸福を邪魔しやがって!
NHKの集金、新聞の勧誘、借金の取り立てなどは無論、断固拒否だ。
たとえ仕事の依頼を目的とした客だろうが、
今のおれにとって重要なのは生活のための仕事ではなく、
<加藤嘉>の素晴らしさ、偉大さについて考えることなのだ。
安眠を妨げる暴力的なノックに対し無反応という武器で対処した。
ノックはすぐに止んだ。
どうやらドアの向こう側の人物は、金融屋の強面のアンチャンではなさそうだ。
しかし、突然の来訪者はあきらめ切れなかったらしく、再びドアを叩いた。
そして声をあげた。
悲痛かつ切迫した若い女の声だった。
美しい声だなと、おれは珍しく艶っぽい気分になった。(つづく)

作:龍神

| | トラックバック (0)

2006.11.18

322:オニ鬼

小悪魔というと、聞こえはいい?
が、ただ小っちゃいだけ。
おばちゃんの財布から五円玉をくすねるのは、
コイツの仕業。

作:ヤナセ

| | トラックバック (0)

2006.11.19

323:スミ子

すっかり忘れ去られてしまった夜、
あたしはササキさんちのMacの上に現れたのよ。
いつかはこんな日が来るとは思っていたけど、
それが今日だったなんて……。
もう二度とここには来ないって決めていたのに……。

作:ヤナセ(+文:ササキ)

| | トラックバック (0)

2006.11.20

324:チェリー・キャンディー

夢見る少女チェリー。
キャンディーに囲まれ、甘い生活の日々。

作:ももぢ

| | トラックバック (0)

2006.11.21

325:てぶリアン・プラント 第5話

「捨てる? 捨てない?」

ケースに入れられた怪しいプラント……

「こ、これ……ど、どうしよう……」
ひろしは怪しく成長した物体を捨てようかとも思いました。
なにせあまりにも気持ち悪すぎ。
部屋に置いておくだけで不幸がやってきそうな感じがします。

「でも、せっかく育っているんだしな……」
片方のキュートなプラントに比べると、あまりにも違いすぎますが、
やはり命があるものをカンタンに捨てるのは可哀想すぎます。
優しい心を持った(?)ひろしは
捨てるのを思いとどまりました。

「とにかく、もうちょっと様子を見てみよう……」
ひろしは気持ち悪い感触の怪しいプラントを
恐る恐るつかんで、部屋の片隅に置き直すことにしました。

「それにしても気持ち悪い感触だな……。あ?うだ!」
触るのもイヤな感じに思ったひろしは、
捨てようと思っていたプラスチックケースのことを思い出しました。
「よし、これで大丈夫だ。これに入れておけば、絶対に落ちないしね」
ひろしは部屋の片隅に置くのではなく、
お気に入りの目覚まし時計の横にケースを並べてニンマリ。

「気持ち悪いとか言ってないで、もっと大事にしなくちゃな」
そんなことを言いながら、ひろしが部屋を出ていきました。

捨てられずに済んだ怪しいプラント……。
さて、優しいひろしの気持ちは結果的にどうなってしまうのか……。
(つづく)

部屋の電灯に照らされた口元は
まるで歪んだ笑みを浮かべているような感じだった


作:ひろし

| | トラックバック (0)

2006.11.22

326:てぶ草(くさ)

<上><下>

根があってこそ。

作:山本健太郎

| | トラックバック (0)

2006.11.23

327:ねこ道

いつも家の中でゴロゴロ。
散歩もしたくニャイ。

あったキャ〜イ所が大好きヌクヌク猫。

作:ももぢ

| | トラックバック (0)

2006.11.24

328:マメ造

祭の射的のテキヤ稼業。
景品を取られると
怒ってハチマキを飛ばすが、
「まだ芽が出んわい……」とポツリ。

作:サトカズ

| | トラックバック (0)

2006.11.25

329:グリコ

「ワーイ、ワーイ!」と無邪気な子猫のグリコ。
おまけが大好き。

今夜もおまけの中で遊ぶ夢を見る。

作:ももぢ

| | トラックバック (0)

2006.11.26

330:スポロ

グリコの兄のスポロは
運動神経バツグンのアスリート猫。

一粒3000メートルでも
ニャンてコトにゃい。
ニャニャニャ。

作:ももぢ

| | トラックバック (0)

2006.11.27

331:ミヤウチ魚

<深海生物シリーズ8>

深海調査船のライトに、また新たな深海魚が映る。
宮内隊員の発見により、この名がつけられた。
魚本人はメイワクだろうが……。

どうやらこの口で、海底の泥の中から
エサとなる微生物をすくい取るようだ。

作:ヤナセ

| | トラックバック (0)

2006.11.28

332:俺'sビアン

おーー。

出る、出る。

ドカーン。と、出てもーた。


最近自分の中ではある意味
「不言実行」を心掛けています。
(と雄弁に語る俺がいた。)

作:マルタニ

| | トラックバック (0)

2006.11.29

333:マスクド・キャッツアイ

「今日はスリムの
マスクド・パーティーに
お出かけするニャ」
と、ミステリアスなシャム猫少女。

「エッ!? もう終わってるって!」
と、キョトンとする天然少女。

作:ももぢ

| | トラックバック (0)

2006.11.30

334:シャーク4号

ブルンブルン!
右手に夜更けの亀発見!!

ブルンブルン!
左手に夜明けの亀発見!!

作:エージ

| | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »