« 呉銅鑼教授の創作ヒストーリー教室 | トップページ | 仮面夫婦スリム&ビューティ『新婚のぞき見シリーズ』 »

2007/07/28

新・こまめのきもち

2





「火が消えたよ。」
「おやおやそのようですね。
一寸お待ちください。今点きますから。」



「ポッ……! ほらね」
「うん。」



「もうすぐ“死神ちゃんの村”ですからね。」
「うん。」



「ダメにゃ! クマちゃん、行っちゃダメにゃ! 
う〜ん、う〜ん。」



「このコ助かって良かったね。兄者。」
「そうだな、運がいい。」
「でも すごいうなされてるよ。」



こまめちゃんたちを救ったのは二匹の白猫。
“白猫兄妹”でした。



「ありがとうございました。ホントに助かりました。」
「あんな場所を登ったらいけないわ。」
「お前達はどこへ向かっているんだ?」



ユメクロがワケを話すと、
二匹は大変驚きました。
「そんなところへ行ったら、みんな死んでしまうぞ。」



「う〜ん、う〜ん……。」
「兄者、でもこのコ、ケナゲで勇気があるわ。」
「そうだな……。」



「舟が出るぞーー。」
こまめは悪夢にうなされていました。



死神ちゃんはたくさんの魂を首から下げています。
こまめはますます不安になりました。



その時、こまめは突然目覚めました。
「どうもお世話になりました。恩にきるにゃ。」



そう言ったかと思うと、皆の制止を振り切り、
こまめは外に飛び出すのでした。
「待って!こまめちゃん。」



「私が案内してあげるわ。
私達兄妹は猫の忍者なのよ。」
「アニャ、ホント!」
白猫のニャツキは優しい猫なのです。



「女のコ同士でいきましょ。」
「うん。あニャがとう!」



「しょーがねぇなァ、クロネコ。俺達も行くゼ。」
「ハイ!」



こうして4匹は
さらにさらに険しい山道を
進むのでした。



すると今度は岩山の上から、
4匹を見つめる2匹の猫がいます。



この2匹は果たして
こまめたちの味方なのでしょうか、
それとも……。



2匹の背後には巨大な猫が現れました。
「美味しそうな奴らだね。」
「うん、美味しそう、美味しそう!」

つづく……

|

« 呉銅鑼教授の創作ヒストーリー教室 | トップページ | 仮面夫婦スリム&ビューティ『新婚のぞき見シリーズ』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・こまめのきもち:

« 呉銅鑼教授の創作ヒストーリー教室 | トップページ | 仮面夫婦スリム&ビューティ『新婚のぞき見シリーズ』 »