« 仮面夫婦スリム&ビューティ『新婚のぞき見シリーズ』 | トップページ | 新・こまめのきもち »

2007/06/30

呉銅鑼教授の創作ヒストーリー教室

第一回講義 巨大古墳・仁徳陵に迫る!



仁徳陵・前方部にある拝所



去るお正月、呉銅鑼先生は生まれ故郷の大阪は堺市に帰省。
 御実家の周辺は百舌鳥古墳群と呼ばれるほどの古代の古墳が、いくつも点在する歴史の香りが濃厚な地域である。
 なかでも仁徳陵は日本最大規模の前方後円墳である。
 先生の生家から歩いてでも行ける距離なので、記念すべき第一回のネタは仁徳陵に決定! 
 だが、肝心の先生はずっと酒浸りでなかなか動こうとしない。
 「昔からこうなんですよ」とぼやくのは先生の弟、タカユキ君。
 出渋る先生をなんとか車に乗せ、不安を抱えつつ仁徳陵へ向かう。
 ものの数分で前方部の拝所に到着。
 仁徳陵には三重の濠があるのだが、我々が臨めるのは一番外側の濠だけ。
 中に入ることは、宮内庁によって禁止されている。
 それでも拝所から眺められる豊かな緑を背景にした立派な鳥居の姿は古式ゆかしき風情があり、濠には珍しい青鷺も佇んでいたりして、立っているだけでも充分に古代への思いをかき立てられる。
 「だいたいさいあ。仁徳天皇陵なんて呼ばれているけど、宮内庁が勝手にそう決めただけで、学術的には全く信憑性が無いんだから。そもそも仁徳天皇の実在すら疑わしいんだから」
 こちらのロマンチックな感傷などお構いなしに、さっそく毒を吐く先生。

|

« 仮面夫婦スリム&ビューティ『新婚のぞき見シリーズ』 | トップページ | 新・こまめのきもち »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呉銅鑼教授の創作ヒストーリー教室:

« 仮面夫婦スリム&ビューティ『新婚のぞき見シリーズ』 | トップページ | 新・こまめのきもち »