« ピロカルピン@LIQUIDROOM | トップページ | 式根島キャンプ2013夏〜その1〜けっこう山道 »

2013/08/06

風立ちぬ

 ジブリ、宮崎駿ものです。
 ゼロ船を設計した人の話だというし、関東大震災だとか、恋愛だとか、大人向けの話だとかっていうので、頭を空っぽにして観に行ったつもりだったんだけど、いろいろ考えちゃった。

 まず、戦争のことをやはり考えさせられたのだけど、戦争の映画ではなかった。
 どちらかというと、空を美しく飛びたいというメルヘン。
 純愛がぐっときたっていう感想も聞くけど、ありきたりな昼メロレベル。献身的な恋愛がどうこういうほどではないと思う。事実がベースなのだっけ?じゃあしょうがないかって感じ。
 そこここに恥ずかしいくらいのベタなシーンが多すぎ(^^;;。
 震災の街が波打つシーンはぐっときた。ああいう表現すごいな。

 で、思い巡らせた挙句思ったのは、狂気とまではいかないけど、技術者バカの話かなって。
 紅の豚にかなり近いのかな。
 やっぱり、飛行機大好き駿ちゃん。もっとある?
 心地よかったですよ。

|

« ピロカルピン@LIQUIDROOM | トップページ | 式根島キャンプ2013夏〜その1〜けっこう山道 »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピロカルピン@LIQUIDROOM | トップページ | 式根島キャンプ2013夏〜その1〜けっこう山道 »