« ヴァンパイア | トップページ | 桐島、部活やめるってよ »

2012/10/06

第5回多摩川ウォーキングフェスタ

 松田かたこり師が、根性試しに数年前に参加した多摩川ウォーキング
 50kmを歩くだけのイベント。
 50kmとか長そうだけど、まぁ平地を歩くだけなんだから、マイペースで歩けば何とかなるんじゃない?って参加してみた。

 始発に乗り、出発地点の羽村の堰へ。

05:30 まだまだ真っ暗なのに、たくさんの人が集まっている。

登録を済ませると、ゼッケン、マップ、シート、水、行動食などくれた。

06:00 玉川兄弟に挨拶して出発。

先は長〜い。

 50km、どんくらいかかるだろう。普段ウォーキングをする時には10kmを1時間30分くらいかかっているので、それを2時間くらいとして10時間か。
 途中走っちゃったりするかな?いや、それはないな。
 富士山って、泊まった山小屋を出発したのが朝7時くらいだっけ?それから下山まで何時間歩いていただろう……。
 
 朝のうちの川沿いの道は実に心地よい。秋とはいえ、かなり天気がいいので、昼には相当暑くなりそうだ。
 さっさと終らせた方がいいよな。。。。。。。。
 なんて思いつつ、ちんたら歩いていった。

08:20 19km地点の立川で、なんと、寝坊をしたメンバーが合流。

09:45 20km地点?あれ?さっき立川が19kmじゃなかったっけ?

 で、なんだかんだ、ただただ歩き続け、途中一人は別件があり、昼前くらいに中河原でリタイヤし、昼間は激しく暑く、30kmくらい過ぎたあたりから、足の裏から始まり足全体が、今まで経験したことがないような痛みに襲われる。
 
14:00 二子多摩川。残り10kmくらいかな?

 この公園で寝転がって休憩したのが大きな間違い。後々語り継がれる「長距離歩行の途中で座り込んでガッツリ休憩してはいけない。その先歩けなくなる」の格言が生まれる。

15:30 ゴール!

 じつはこの写真は、ボクがゴールしてから1時間後くらいに合流して撮ったもの。もう、あまりの足の痛さと拾うに我慢できず、メンバーを置き去りにして、無理矢理先にゴールしたのだった。別に力が余っていたわけではなく、単になぜだからゴール間近になると、いろいろめんどくさくなってしまい、とにかく早く終らせたいと思う傾向があるのだ。

 ゴールのガス橋から南武線に乗り、反省会の温泉に向かった。しかし、みんなの足は限界を超えており、もう完全にけがの状態なのであった者も1名。50km、10時間歩き続けるというのは、大変なことであった。
 じつは、その一番足にダメージを負ったメンバーが、言い出しっぺで、翌月の埼玉の森林公園を中心に行われるスリーデーマーチの50kmにも参加って言っていたのだけど、迷わず断念(^_^;。
 足が痛いながらも、温泉での反省会では飲みまくり、帰途につく。

 そうそう、温泉では、冷水に30秒以上足を浸け、アイシング。これはやっといた方がいい。

|

« ヴァンパイア | トップページ | 桐島、部活やめるってよ »

カラダ、スポーツ」カテゴリの記事

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。