« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012/10/26

阿佐谷ジャズストリート2012

 例年通り、阿佐ヶ谷ジャズストリート阿佐谷ジャズストリートに行ってきた。
 もちろん山下洋輔ねらい。
 もう何年も通ってるけど、基本、神明宮での山下洋輔のライブのみで、昔馴染みの店に飲みに行く。

 ライブ前に、杉並区長の挨拶がここ数年定番になっているけど、そこにプラスしてなぜか今年は石原伸晃が挨拶……、地元なんだけど、いらんって。。。。。

 毎年あまり変化のなくなっちゃってる山下洋輔だけど、今回は、テーマみたいなものがあった。なんちゃって世界の音楽(^_^;。セットリストを見るともうモロ。タモリとかがでてきちゃいそうな、なんちゃって感満載(^_^;。

setlist
01 アイル・リメンバー・エイプリル
02 やわらぎ
03 太田のトルコ
04 グルービング・パレード
05 クルディッシュ・ダンス

p:山下洋輔
as:米田裕也
perc:熊本比呂志
vln:太田惠資

 3曲目で、自称トルコ人バイオリニストの太田惠資が出てきたところからなんちゃって世界の音楽が始まった。「太田のトルコ」は、デジタルディレイを使って演奏する太田がヴォイスも入れたんだけど、まぁたぶんニセトルコ語なんじゃないのかなぁ(予想だけど)、「グルービング・パレード」は、山下のオリジナルだけど、デキシー風。さらに「クルディッシュ・ダンス」はもう毎度おなじみのセッション曲だけど、クルド人のリズムって想定で(笑)作ったらしいんだけど、クルド人の音楽にはそんなのはないんだって、MCで言ってたし(^_^;。
 楽しかったっけど、どの曲も、出だしは当たり前に始まって、途中で破壊してくのが山下流なのに、ちょっと破壊力不足だったかなぁ。年とってきた?(^_^;

 神明宮のあとは、河北病院の看護士専門学校の講堂で、平山順子という人のカルテットを観た。全然知らない人だけど、そんなに嫌いな系じゃなくてよかった。
 ジャズ好きだけど、スタンダードってヤツと、デキシーは苦手なのだった。

 その後、吐夢と鈍我楽に寄って帰る。
 阿佐ヶ谷から鷺宮を通って中村橋へ行くバスはかなり遅くまであるのでうれしい。

| | コメント (0)

2012/10/24

桐島、部活やめるってよ

 公開当初は、ただの学園ものだと思ってスルーしてたんだけど、どんどん評判が上がってくるので、水曜が誰でも1000円の角川シネマ新宿に行ってきた。(前から思うけど、映画の鑑賞料って1000円に固定しちゃったら、もっともっと客が増えるんじゃないかな?ねぇ)
 
 面白かった〜。
 なんかリアルに高校時代の感じを思い出したけど、今でも何となく運動部のオールラウンダーのイケメンが中心で、そこにおちゃらけがくっついてるって形なのね。
 ボクなんぞは、1年のときにはちょいと運動部やったけどすぐにやめて、その後は帰宅部で、下手なバンドやって、ちょっとアウトロー的な一位にいてのパターン。高校生活って、達成感のまったくないものだったなぁ……。
 運動部の華麗な連中も、単純にヒーロー感に満ちあふれていたわけでもないんだろうね。

 公開当初は、スピンオフで、「宮部実果」ってのをWOWOWで無料公開していたようだ。観たかったなぁ。実果って、あの中で一番共感しやすいキャラクターだよね。

 ED曲の高橋優は、12月にライブに行く予定。リアルタイムシンガーソングライターってくらいで、生々しい言葉で歌いまくる若者。

| | コメント (0)

2012/10/06

第5回多摩川ウォーキングフェスタ

 松田かたこり師が、根性試しに数年前に参加した多摩川ウォーキング
 50kmを歩くだけのイベント。
 50kmとか長そうだけど、まぁ平地を歩くだけなんだから、マイペースで歩けば何とかなるんじゃない?って参加してみた。

 始発に乗り、出発地点の羽村の堰へ。

05:30 まだまだ真っ暗なのに、たくさんの人が集まっている。

登録を済ませると、ゼッケン、マップ、シート、水、行動食などくれた。

06:00 玉川兄弟に挨拶して出発。

先は長〜い。

 50km、どんくらいかかるだろう。普段ウォーキングをする時には10kmを1時間30分くらいかかっているので、それを2時間くらいとして10時間か。
 途中走っちゃったりするかな?いや、それはないな。
 富士山って、泊まった山小屋を出発したのが朝7時くらいだっけ?それから下山まで何時間歩いていただろう……。
 
 朝のうちの川沿いの道は実に心地よい。秋とはいえ、かなり天気がいいので、昼には相当暑くなりそうだ。
 さっさと終らせた方がいいよな。。。。。。。。
 なんて思いつつ、ちんたら歩いていった。

08:20 19km地点の立川で、なんと、寝坊をしたメンバーが合流。

09:45 20km地点?あれ?さっき立川が19kmじゃなかったっけ?

 で、なんだかんだ、ただただ歩き続け、途中一人は別件があり、昼前くらいに中河原でリタイヤし、昼間は激しく暑く、30kmくらい過ぎたあたりから、足の裏から始まり足全体が、今まで経験したことがないような痛みに襲われる。
 
14:00 二子多摩川。残り10kmくらいかな?

 この公園で寝転がって休憩したのが大きな間違い。後々語り継がれる「長距離歩行の途中で座り込んでガッツリ休憩してはいけない。その先歩けなくなる」の格言が生まれる。

15:30 ゴール!

 じつはこの写真は、ボクがゴールしてから1時間後くらいに合流して撮ったもの。もう、あまりの足の痛さと拾うに我慢できず、メンバーを置き去りにして、無理矢理先にゴールしたのだった。別に力が余っていたわけではなく、単になぜだからゴール間近になると、いろいろめんどくさくなってしまい、とにかく早く終らせたいと思う傾向があるのだ。

 ゴールのガス橋から南武線に乗り、反省会の温泉に向かった。しかし、みんなの足は限界を超えており、もう完全にけがの状態なのであった者も1名。50km、10時間歩き続けるというのは、大変なことであった。
 じつは、その一番足にダメージを負ったメンバーが、言い出しっぺで、翌月の埼玉の森林公園を中心に行われるスリーデーマーチの50kmにも参加って言っていたのだけど、迷わず断念(^_^;。
 足が痛いながらも、温泉での反省会では飲みまくり、帰途につく。

 そうそう、温泉では、冷水に30秒以上足を浸け、アイシング。これはやっといた方がいい。

| | コメント (0)

2012/10/02

ヴァンパイア

 岩井俊二。やっぱ気持ちいいんだなぁ。
 相変わらず眠くなりそうな映像だけど、空が埋まっているっていうか、余白が語っているっていうか、心地よい。
 そして、相変わらず青臭い。この人も、どこか欠落して何か止まってしまっている人なんだろうなぁ。
 テーマは、一貫して時代の空虚感なんだろうと思う。
 また、「リリイ・シュシュのすべて」を観てみようかな。

 蒼井優は、キーパーソンだったけど、ほとんど機能しないまま(いや、十分機能していたというべきか)、す〜っと、そこにいた。

 なんでこんな日に映画に行ってたかっていうと、「ヴァンパイア」が、近所だと渋谷のシネマライズでしかやっていなく、毎週火曜が1000円だったから。
 なので、昼11:00からの回に、さくっと行って来たのだ。
 帰りには、西口(?)のアートスポーツに行き、ランニングシューズのコーナーで、ひとしきり店員に質問攻撃をし、また決めきれずに帰って来たのだった。
 

| | コメント (0)

2012/10/01

アイアン・スカイ

 ナチって、日本じゃあまり馴染みがなく(昔戦争仲間だったはずなんだけど)、むしろ、日本でも悪役。デスラーとか戦争を吹っかけてくる連中はみんなそれにされちゃう。ヤマトなんか、それを戦艦ヤマトで討っちゃうんだから、海外から見ると、ちょっと笑っちゃうのかもね。
 この映画はハリウッド抜きで、フィンランドとドイツとオーストラリアの合作なんだって。だからか、なんかいい感じでうまく作られていたのは。細かいところまで、マニアックに作ってあるんだよね。話は、かなり大雑把でご都合主義で笑えるけど。
 コメディ映画って、久しぶりに見たような気がする。それほどガッツリコメディではなかったけど。
 オチは、まぁ普通(^_^;。

 府中まで、行きは35分、帰りは40分ってとこかな、自転車。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »