« ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | Sサイズをめざしてる »

2012/03/14

ヒューゴの不思議な発明

 今日も今日とて自転車で、TOHOシネマズ府中。3月14日は、ホワイトデーというよりは、トーフォーの日(^_^;
 もうね、前日からずっと迷っていた。「TIME」「ライアーゲーム」「ヒューゴ」「シャーロック・ホームズ」朝イチの9:30くらいから始まるのがこんなにあって……。
 B級SFであろうTIMEがめちゃ気になっていたんだけど、どうにも評判が悪い。予告編は面白そうなのに……。
 で、劇場に着いてからも迷い続け、結局アカデミー作品賞候補でもあって、スコセッシで、あちこちで評判のいいヒューゴについつい流れてしまった。
 でもね、予告編何度か見てたけど、それほど惹かれていなかったんだよな。
 メルヘン、ノスタルジー、子ども……。ボクの興味ないパターンである。だが、評判がいいので、面白いかも。って思い込んで、観た。
 惨敗。
 眠くて眠くてしょうがない。実際ちょっと寝た(^_^;。
 やっぱ、B級でも、評判悪くても、予告編で惹かれたものを観るべきなんだよな。何度も惨敗しているのに、どうしても忘れる(^_^;。
 ちなみに、好きな人が多いようなので、あまり大声では言わないが「ニューシネマパラダイス」なんかも、何度観ても、何がいいのかわからないのであった(^_^;

 ところで、FMラジオで「スコセッシは、3Dをたんに立体感ではなく、ストーリーの一部にした」と誰かが言っていたけど、そうなのかな?やっぱ無駄に3Dだったよ。雪やたくさんの歯車に立体感を持たせたかったんだろうけどね。

 今まで3D映像で、思わず触れそうで手を伸ばしてしまったのは、TDLでその昔観た「キャプテンEO」だけだ。「アバター」以降ほとんどの作品が3D化していて、2Dと3Dがあれば、必ず3Dを観ているけど、別に3Dじゃなくてもいいよね、やっと言い切れる気がする。
 それまでだって、バックのボケのコントロールや光やアングルで、十分立体感があったのに。
 3Dは、それを遥かに凌駕してはいないよね。
 そして、それくらいなのにメガネにメガネをかけている分煩わしい。普段メガネじゃない人も、煩わしいと思う。で、+300円。

 ヒューゴが終わったところで、ちょうどTIMEの2回目が始まるようだったので、続けて観そうになったけど、惨敗を重ねたくなくて、帰ってきちゃった(弱気(^_^;。

|

« ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | Sサイズをめざしてる »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | Sサイズをめざしてる »