« YUI 5th Tour | トップページ | ロボジー »

2012/01/21

ALWAYS三丁目の夕日'64

 雨の中、京王線ウォーキングで高幡不動周辺に行った帰り、多摩センターで温泉に入った後に観た。

 映画はいつもどおり楽しく。遊びだろうけど、3Dもちょこっと効果があり(でもあの程度の3D効果のために、眼鏡を強いるのはけっこう辛いかもよ、ってか2Dでも全く問題なし)、クスクスと全編で笑った。

 もう1回くらいは続くのかな?1964年って、山崎監督の生まれ年だから、これからがリアルだろうから(まぁ、山崎監督は監督としてセレクトされただけで、彼自身時代に思い入れはないかもしれないけど)。
 今回は、東京オリンピックの時。ボクは小学校1年生かな?ウチのテレビは、たしか白黒だったよな。オリンピックのことはよく覚えてないや(^_^;。
 戦後が終わって、経済が右肩上がりに一直線な時代を描いているシリーズなんだけど、この先何かあったっけ?東京を中心に描いているので、万博はどうなんだろうね。東京にこだわると万博はその他の出来事になっちゃうので何があるかなぁ。それとも、昭和30年代がここで終了ということで終わりかな。
 ここから先は、バブルに一直線で、崩壊して……経済は、右肩上がりしか認められないけど、気分は下り坂だよなぁ。
 二十世紀少年につながってしまうのかも……(^_^;。

 さて、いつもはTOHOシネマズが、ポイントの関係で、ホームシアター(言葉の使い方が違う(^_^;)なんだけど、今回は、面倒なので、通りすがりのワーナーマイカル。3Dが始まった時に、いくつかの系列で、2、3種類の3Dメガネがあると聞いていたのだけど、すっかり忘れちゃった。最近は、レンタル3Dメガネじゃなく、買わされる(100円〜)ので、持っているTOHOのメガネが使えるかどうか、カウンターで聞いたのだけど「他社のはわかりません」とのこと。しょうがないので買った。で、鑑賞中に両方を交互に試したけど、全く問題なしだった。(左がワーナーマイカル、右がTOHOシネマズ)

 実は、ワーナーマイカルではメガネに付けるクリップタイプのもあったんだけど、300円だったので、一番安い100円のにした。
 もう一回り大きく、メガネでも使えるオーバーグラスサイズくらいで統一してくれるといいんだけどね。

|

« YUI 5th Tour | トップページ | ロボジー »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« YUI 5th Tour | トップページ | ロボジー »