« 阿佐谷 JAZZ STREETS 2011 | トップページ | 両国国技館clammbon »

2011/11/01

猿の惑星、三銃士

 先月は、映画の日もTOHOの日も行けてなかったので、今月こそはと、映画の日に行ったのだった。

 メインのお目当ては、もちろん猿の惑星創世記。あの予告編の猿を見て、観に行かないわけがない。
 で、三谷幸喜のNHKの連続人形劇をつい見てしまって、登場人物や設定に馴染みのあった三銃士もついでに観てやろうと、いつもの府中の東宝シネマズに自転車を走らせた。三銃士が間に合うかどうか危うかったが、予告編の開映時間で、席は前から2列目しかくれなかったけど、なんとか間に合い、2本立てで観れたのだった。

 評判どおり(って、まぁ、評判など気にせずに、観たいものしか観ないのだが)、猿の惑星は、よかった。最初から最後まで漂う、猿の哀しみ。ホントに重く、怒りに満ちていた。
 三銃士は、妖怪とかが出てこない、パイレーツオブカリビアンみたいなもの。ミラ・ジョヴォヴィッチも大してきれいでもなく、最初の方でバイオハザードのパロディが出てきちゃったから、あぁ、こんな感じ?ってんで、気楽に観た。
 2列目で見上げる3Dってのも意外と迫力があったりして(^_^;。

 apeとmonkeyって、言い分けられているのに、今更ながらに気づいたりして……。

|

« 阿佐谷 JAZZ STREETS 2011 | トップページ | 両国国技館clammbon »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阿佐谷 JAZZ STREETS 2011 | トップページ | 両国国技館clammbon »