« 伊勢エビをさばく | トップページ | てぶちゃんの絵本 »

2011/11/12

福浦、長浦

 やっと釣りに(^_^;
 ここんとこ、イカが釣りたくて釣りたくて・…。
 イカ釣り用のルアーであるところのエギってヤツを、釣りを初めてすぐにけっこう買い込んだんだけど、シーズンが合わなかったり、へたくそだったりで(まぁ、今もヘタクソなんだけど)、なかなかイカに行けない(^_^;。
 で、秋イカのシーズン真っ盛りになりつつある今日この頃、東京湾のヒイカ釣りに出かけたわけです。

 3時起きの4時出発。釣りのときだけは、普段と生活パターンが逆転できるようになりつつある。

 まだまだ、なかなかホームポイントが見つからず、今回は横浜八景島の近く、福浦というところ。ここは長い防波堤が続いていて、その内側は歩道なので、釣りをするには人気の場所らしい。

 前日の雨模様から打って変わって超快晴。秋の雲が気持ちよく流れる。

 早く出かけたし、セッティングもエギなのですぐに準備ができて、7時過ぎにはもう釣り始めていた。いい感じだ。
 


 しかし……。


 釣れない……。

 ヒイカが、手のひら大の小さいヒイカが、釣れるはずなのに……。


 10:30。あきらめて、河岸を変えることにする。
 適当に情報誌と地図を見て、三浦半島に向かう。一番近そうな……、横須賀の手前、長浦港というところ。
 ホントにただなんとなく。

 行ってみると、米海軍や海上自衛隊の基地の目の前の港。ここにも、何やら一般の船じゃなさそうなのも停泊しているけど、一応民間の漁港のようだ。
 ただし、こんなカッコいい何かの船も、停泊している。クレーンがでかい(最初の写真)。

 で、天候はさらに穏やかになり、いかにも釣り日和みたいな……。
 でも、なんか、釣れない。

 そして夕方……。
 すっかり飽きて寝ている相方の脇で、ボクのサビキにポツポツき始めた。
 最初は、ウミタナゴ?10cm弱のだったが、次は20cm弱の。

 で、メバルの小さいヤツ(ソイってヤツかな?と思ったけど、たぶん小さいメバル)。

 ここの辺りで、昼寝から起き上がった相方が、ジグヘッドにワームをつけて足下の根魚を探り始める。
 これが大当たり。
 隣に来ていた地元のおじさんが、でかいのを釣っていたので、もしかして、と思ったら、25cmくらいのメバルに始まり、20cm弱のを連続で釣り上げた。

 ボクはといえば、小魚の群れがやたら回遊するようになったので、メタルジグやら、弓づのやら持ち出して、大物を狙ったが、これには全く反応なし。

 まー、なにやかやで、19:30くらいかな、帰り支度。
 前半は、徒労だったけど、夕方からは、けっこう楽しめた。やっぱゆうまづめってやつ?暗くなってからの方が、釣れる。と、やっぱ思うのだった。


本日の全釣果


 帰りに、去年の車検の時に言われていてとりあえずスルーしていた、リヤブレーキのパッドが、無くなったようで、ディスクがイヤ〜な音を立て始めた。ウチまで、70kmくらい、できるだけフットブレーキを使わないように帰ってきて疲れ果てたのだった……。


|

« 伊勢エビをさばく | トップページ | てぶちゃんの絵本 »

アウトドア」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。