« モテキ | トップページ | 阿佐谷 JAZZ STREETS 2011 »

2011/10/11

平塚新港から利島へ。29回目の記念日

 毎年好天率の高い体育の日連休。10.10は結婚記念日でもあるので、上の娘とケーキを携え利島に。

 船は22:00竹芝桟橋発なので、昼間は山に行くか釣りに行くか悩んだ挙句、ここんとこの流れでやっぱり釣りに(^^;;
 横浜方面の海釣り公園は、一通り冷やかしたので、実は多摩方面から行きやすい相模川河口の平塚新港へ。早朝だと八王子辺りから1時間半。

 ここは漁港とマリーナなので、普通にどこでも投げられるし、けっこう広い。
 今回は、サビキだけだったけど、港の外は浜もあるので、次回は天秤で遠投もありかな。
 釣果はいつものようにあまりなく(まぁ、まだまだ調査釣の段階(^_^;)、大物が1匹のソーダガツオ。小物はヒイラギだけだった。

 まぁ、3時起きで出発すると、釣りの時間は午前中だけでもかなり有意義に楽しめることがわかった。

 で夜、娘と浜松町で待ち合わせ、利島へ。今の時期の東海汽船はちょっと小さい、かめりあ丸。

 東京湾の夜景を楽しみつつ、爆睡。早朝利島の桟橋に着くや否や、買って来てもらってあったコマセでサビキ釣り(いや~自分でもどんだけ?って突っ込みたいが、隙あらば海は釣りだと思う今日この頃(^^;;)。
 娘が釣れる釣りならやってみたいって言うので、仕掛けを作って取り扱いを説明し、1投目から2連続でいきなりアオムロアジゲット。前に来た時上から眺めた魚だ。サバみたいに丸々してるけどサバほどは元気がない。でも小さめのサビキの仕掛けには充分なパワーで、その後2匹くらいバラした。

 最初はメタルジグを投げていたボクだけど、何もこないのでサビキに変更。
 やっぱりアオムロアジがきた。
 早速昼メシは、刺身(^^;;

 そうそう、こないだの台風の大風と波で、新桟橋が破壊されてしまった。
 こんな大きな建造物が波で動いてしまうのだ。やはり自然の力って怖い。

 釣り客に人気の新桟橋がこんな状態で進入禁止なので、残念。大物は新桟橋だからね。

 昼寝をしてから、借りた車で島の裏の南が山園地へ。雲がかかって、イマイチの風景。今の時期椿の実が大量に落ちている。「道椿」と言って、拾っていろんな場所にある椿の実入れに入れるのがルールらしい。

 そして夜釣り。またもコマセを買い込んで桟橋へ。店で「好きだね~」と言われたが、そりゃ禁句でしょよっちゃん(^^;;。
 朝と打って変わって、15cmくらいのマメアジが、バリバリ上がる。その他は、サバ、サバ、サバ(^^;;。それと、小さいイサキ、メバルかな。

 マメアジは、ダブルで何度も来て、15~20匹程。リリースしてたんだけど、あとで考えたら、アジフライには充分なサイズだったかも。ちょっと後悔。

 翌朝は、メタルジグでの釣りを誘われたので、6時起きで桟橋へ。カツオの小さいやつを狙うという話だったけど、やっぱりメタルジグにはアタリなし。
 2個を海底のゴミにしてしまった……ごめんなさい。
 ちなみに、誘ってくれた人は、ジェット天秤に弓ヅノをつけるのがマイブームらしく。投げてはひたすら巻き取っていた。

 昼寝をして、午後はイルカウォッチング。しかし、うねりが大きく船はジェットコースターのようにすごい落差で上下する。そんな海だったので、ボクは身の危険を感じ船上のカメラマンになり、あとの2人がシュノーケリング。


溺れているわけではなく、イルカを捜索中

 イルカはいたけど機嫌が悪いみたいで近寄れず、一瞬船の周りに集まっただけだった。さすがにそんな船に1時間以上揺られていると、スノーボード気分でスタンディングで頑張っていたボクも、ちょっと気持ち悪くなった。次は夏の穏やかな時に参加したい。

 さすがに夜釣りは無し(^^;;

 で、翌11日の本船で、イーモバイルの繋がる世界へ帰る。2等和室が貸し切り状態だった(^^;;。


船の到着のときの船員は、かっこいいよ〜

|

« モテキ | トップページ | 阿佐谷 JAZZ STREETS 2011 »

人、近所、旅」カテゴリの記事

アウトドア」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。