« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011/09/23

モテキ

 テレビシリーズ見てました。イツカちゃんが、ブレイクしたヤツですねぇ。
 ドキドキハラハラしながらは、オッサンでも同じでっせ(^_^;。

 映画版は、主人公藤本幸世が確実に成長してしまった。なので、たぶん続編はナシ(^_^;。
 音楽が、やっぱウケルよねぇ。
 オッサン的には、劇場内で、一人盛り上がったのが、橘泉の「失格」だねぇ。ACOの「悦びに咲く花」も、ちょっとか(^_^;。

setlist
01 J-POP/Half-Life
02 夜明けのBEAT/フジファブリック
03 マルマルファンク/在日ファンク
04 格好悪いふられ方/大江千里
05 SELF CONTROL/TM NETWORK
06 安めぐみのテーマ/ジョニー大蔵大臣
07 いかれたBaby/フィッシュマンズ
08 Baby cruising Love/Perfume
09 走れ!/ももいろクローバー
10 Lifetime Respsct/三木道三
11 ワック♪ワック♪B-hack/B-hack
12 粉雪/レミオロメン
13 カムフラージュ/竹内まりや
14 あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう/岡村靖幸
15 悦びに咲く花/ACO
16 失格/橘いずみ
17 愛のバクダン・ultra soul・衝動/B'z
18 Love Forever/加藤ミリヤ×清水翔太
19 LOVER SOUL/JUDY AND MARY
20 デスコ/女王蜂
21 友達じゃがまんできない/ナキミソ
22 ばらばら/星野源
23 カルアミルク/岡村靖幸
24 long time/rei harakami
25 東京/くるり
26 ヤード/TOKYO No.1 SOUL SET
27 物語はちと?不安定/N'夙川BOYS
28 今夜はブギー・バック(smooth rap)/スチャダラパー featuring 小沢健二

| | コメント (0)

2011/09/19

神津島(その2、長っ崎、神津島港~東京)

 そして夜釣り。
 変な時間に昼飯食ったので、夜が長くなってしまった。
 ビールのアテに1匹だけ、大アジを釣ってキャンプサイトで食おうと、友人からもらったパックロッド初登場。

 仕掛けはジグヘッドにワームをバッグに放り込んできた。でもアジの口には、どう考えても大きいジグヘッドしか持ち合わせがなく、ワームは、どう見ても長くて、食っても針まで届きそうにない。
 でも、まぁ、桟橋で投げてみると、あたりが来る来る。するすると巻いているだけなんだけど、ゴツゴツとあたる。
 こりゃぁ、いただきか?と思ったけど、あたりだけで全然食わない。やっぱ口が届かないんだよな、とワームの長さをちょっと短くしてやると、動きが弱くなるからなのか、あたりもしなくなる。
 結局かれこれ1時間半。魚と遊んだだけでした。まぁ、普段は遊んでももらえないんだから、楽しかったけど(^_^;。

明けて6時起き。
8時に開くガソリンスタンドでレンタカーを満タンにして返さないといけないので、早めに出発。島の南の方に行ってみる。


常設テント、何ともすごいレンタカー。走るけどね(^_^;

 東側の多幸湾から西側の前浜へ抜ける道の空港の近くに、いくつかの遊歩道がある。
 表示に従って、松山遊歩道ってのに入ってみた。数カ所の、展望場所があるようで、そのうちの「長っ崎」ってとこに行ってみることに。


小さい立て札に従って行く


朝張ったばかりであろうクモの巣を破壊しつつ、薮を進む


開けた!


うっひょ〜〜


ざっぱ〜ん。


良さそうな釣りポイントだけど、降りて行けるかなぁ〜


おそるおそる記念撮影

 で、港へ。


小中高、いろんな子たちが絵を描いている

 出航まで時間があるので、またもパックロッドを出す。やっぱりアジングの仕掛け。
 昨日とは反対側の港のせいか、時間のせいか、今度は全く反応なし。


また来るかも、神津島


式根島の宿の熱い見送り。宿の親父は、桟橋から飛び込んだ(^_^;


新島は、セスナが行ったり来たり


天気はいいのに、うねりのせいで、ギリギリまで条件付きだった利島


それまでガラガラだったのに、大島で急に満席に

 今回は、二等椅子席、最後列。完全なる1人がけ。ここはいいね。後ろにもスペースがあるので、荷物を置くもよし、なんなら、寝袋を敷いて横にもなれる。
 でも、コンセントがあるのは、520番。


683〜685は、隣がいない

 そして、満席だったさるびあ丸は、竹芝桟橋のA-1出口から直接下船。めずらしい。


| | コメント (0)

2011/09/18

神津島(その1、天上山と赤崎遊歩道)

 実は島が好きだったのかな?と思いつつ、まぁボクより、ウチの奥さんの方が島が好きなんだけどね、と……、今度は神津島に行ってきた。
 神津島のアウトラインは、ココに詳しい(^_^;。


もうおなじみの竹芝桟橋。月がきれいだ。台風が迫っているのに。

 船を予約したものの、急に台風15号が発生。迷ったけど、今回は利島を素通り、神津島往復で行ってくることにした。


すっごい快晴。海もうねりはあるものの静かな感じ。左から新島と利島、新島から神津島、多幸湾港

 今回は、船中1泊、島のキャンプ場で1泊。泊まるのは、都立多幸湾公園ファミリーキャンプ場。他にも2、3の無料キャンプ場があるのだけど、唯一有料で、レンタル設備もしっかりしているファミリーキャンプ場にした。荷物を減らしたかったからだ。


力の入った立派な管理棟。

 最初はレンタルテントに毛布で、2500円ってのをセレクトしてたんだけど、常設テントの方が幸せですよって言われて、プラス3000円で、5人用の常設テントにした。
 レンタルテントのサイトは、サッカー場みたいな日陰のない芝生。常設テントサイトは林間、木製デッキに設営。さらに、専用調理場BBQブロック、電源付き。まぁ、快適ですね。
 ここは、さらに調理用具無料貸し出し、管理棟の冷蔵庫、冷凍庫、風呂も無料。なかなかのもんである。ホントに手ぶらでオッケイ。

 で、不用な荷物(ノートパソコンとか重いんだな)を管理棟に預け、天上山へ出発。秋のはずなのに、予定外に気温が上がり気味でちと不安になる。
9:45キャンプ場出発

10:15黒島登山口

 キャンプ場の自動販売機の水が売り切れで、桃の天然水なんつーものの500mlを2本ずつ持った。水が有名な島なので、途中で水汲みができるかな?と、思ったのだけど、甘かった。おいしい水は湧いているが、それは、下界の方なのだった。

10:45五合目

 暑い、死ぬ……。
 さらに、偶然一緒になった外国人の若者のツアーのペースに惑わされ、ついつい早く歩いてしまったものだから、早々にバテてしまったのかも。
途中で左の足首からふくらはぎにかけて、攣りそうになった。まさか脳梗塞の前兆?なんて思ったけど(最近テレビでそれ系の番組をよく見る。前兆を見逃すなって(^^;;)たぶん塩分不足。水分はかなり頻繁に摂っていたけど、スポドリとかじゃなかったので塩分不足になったんだろう。サッカー選手が試合中に倒れこむあれだろう。あわてて持っていたのに食べてなかった塩キャラメルを食べる。


確かにずっと絶景。山から海が見えるというのは、島ならでは。

11:10十合目

11:25黒島展望地
 外人の若者数人が崖下に向けて石を投げていた。なんて言えばいいのか迷っているうちに、注意できなかった……。情けなくも気分が悪い、英語恐怖症……。


表砂漠。昔の噴火口?

 大島や利島は黒い岩、黒い砂だけど、新島以南は白い砂で、海の青さが際立つ。山の上も白い砂。でも黒曜石の層も多幸湾のところには見られるようだ。
 しかし、そんなに大きな島じゃないのに、荒涼とした山頂風景。

12:00最高地点572m

 さらにお鉢巡り。


不動池、新東京百景(新島以北が見渡せる)

13:40黒島登山口へ下山

 ここで力つき、レンタカーを頼む。新島でもレンタカーを使ったけど、島のレンタカーは軽自動車でナビもなく安い。翌日朝までで5000円。
 一度キャンプ場に戻ってから、昼飯を求めて走る。新島よりも田舎の島なので、飲み屋はあるけど、飯屋はあまり見当たらない。もう9月で海水浴シーズンが終わっているというのあるだろうけど。


多幸名湧水

 多幸名湧水をペットボトルに詰め、島の西側に回り、飯と温泉と海を求めて北に向かって走る。
 とりあえず最北端にある赤崎遊歩道。
 外海とは大きな岩で隔てられた天然のプールを、人口の橋で囲んだ珍しい場所。

 みんな飛び込んで遊んでいて、楽しそう。まぁボクは上から眺めるだけだけど。ここでの外人は、「バンザイ」って叫びながら飛び込んでいた。その意味を知ってか知らずか……。

 そして、神津島温泉保養センターでやっと風呂と飯。刺身定食。(写真撮り忘れ(^_^;)
 水着で入る露天風呂。塩っからかったけど、広々して、すぐ近くに波がザッパーンってなるところもあってよかった。

 ……続く……。

| | コメント (0)

2011/09/15

まきちゃんぐ@南青山MANDALAと、もくち

まきちゃんぐツアー2011「山も谷も乗りこえて」
2011.09.15@南青山MANDALA A51

 今年は、ライブ行かないねぇ。一山越えた感じかなぁ。って前にも書いたかな?

 とはいえまきちゃんぐだけは今年3回目。

 南青山MANDALAは、初めて行ったけど、吉祥寺のMANDALA2なんかよりも広いねぇ。入り口がどこかわからなくて、とおりの方で待ったいたら、裏にみんないた。

 さて、まきちゃんぐ。4日後には25歳になるって。若い若いって思ってたけど、歌の雰囲気に歳が追いついてきたって感じ。
 珍しくグランドピアノにチェロでオープニング。弦楽器のサポートは伊藤ハルトシ。
 相変わらず1曲1曲、歌う前の緊張感はハンパではないけど、歌い始めると、だいぶリラックスできるようになってきている感じがする。大人な感じってやつに?(^_^;

setlist
01 煙
02 鋼の心
03 港(new)
04 世界の終わり
05 満海
06 砂の城
07 あの丘へ行こう
08 ベランダ
09 ハニー
10 愛と星
11 まっくら森のうた(cover谷山浩子)
12 この道(cover童謡)
13 ポラロイド
14 大都会のモンスター
15 名前
encore
16 さなぎ
17 愛の雫

g.cello:伊藤ハルトシ

 なんてったって、最近あまりやらない「鋼の心」をやってくれたのがうれしかった。
 全体の曲数もちょっとだけ増えたのは、パワーもアップしたってところ?

 その後、反省会は、神宮前の「もくち」。今回は、ライブ仲間の彼女も初参戦なので、そのお披露目もかねて、最近twitterで話題の「もくち」。
 いやぁ、写真で日々見てきた料理たちだったけど、さすが、おしゃれでおいしいって感じだねぇ(^_^;。
 個人的なヒットは、カマスのお造り。ここは、イグサにこだわったメニューがいくつかあるのだけど、ボクには、なんか苦手なオバァちゃんに似た匂いだった(^_^;。
 楽しくて、終電ギリギリに(^_^;。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »