« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/11

海、廃墟

 海を買った人の土地を冷やかしに行ってきた。
 場所は、千葉県の千倉町。
 海なので、釣り道具一式を携えて。

 川崎まで下道で行って、アクアライン以降を有料道路で、と、思って何となくナビに入れて走り出したら、なぜか横浜に連れて行かれた(^_^;。川崎に行くのなら、いつもどおり、多摩川沿いを走って行けば、自然と着くのに……。

 予定より2時間遅れで、現地着。

 まずは昼飯。和田という町まで行って、クジラ料理を食う。そういやこの辺りはクジラが穫れるというのを、前に聞いたことがあったかも。


左がフルコース。右がボクが食べたカツカレー。どっちもクジラ

 大昔に給食で出たちょっと臭くて固めの魚でも肉でもないクジラのイメージは、あまりよくなかった。
 でも、ここのクジラ肉は、柔らかく、赤身と脂身のバランスもよくて、肉といえる料理だ。旨い。

 さて、購入したという土地に建つ廃墟。もとは、漁業加工場だったようで、でかい冷蔵庫とかある。

 もうすぐに取り壊されて更地になる。更地になったら、そこにテントを張って、釣りキャンプをしたいなぁ(^_^;。

 というわけで、釣りはボウズ。まぁ、ガンガン増えた道具をいろいろ触ってみるというのがテーマだったので、釣れるとは思っていなかったけど。ギャラリーは、金目鯛とか期待していたようだ(^_^;。

 まだまだ釣りの基本はできてはいない(^_^;。

| | コメント (1)

2011/07/09

PENTAX Q

 8月31日に発売が決定した、世界最小レンズ交換一眼カメラ、PENTAX Q。
 新宿でタッチアンドトライキャンペーンがあるというので、新宿高島屋に行ってみた。

 ちょっと出遅れたのだけど、そんなに混んでなくてよかった。

 OLYMPUS E-PL1と比べると、これくらい。Qは、原寸大カタログ。名刺大だよね。小さい。今時のコンデジくらいの大きさだけど、厚みはあるかな。まぁしょうがない。

 撮影サンプルも展示してあったけど、あっさりした感じ。フィルタもいろいろついているけど、今風のお散歩カメラ的味付け。Aut110なんていうフィルタがあるのは遊び心だねぇ(^_^;。フロントの目だつところについているのが、いろんなフィルタのダイヤル。

 最近のカメラには流行りのバックのボケをコントロールするメニューが「BC」とは、ダジャレ?(^_^;

 レンズが交換できるコンデジ。こういうコンセプトって大好きですよ。
 デザインも高級すぎず、安っぽすぎず。素材感はむしろ本格的で、いいですね。
 生活防水にしてほしかったかな。
 ちゃんと徐々に値崩れするだろうか?今度の親会社リコーは、カメラは、コンパクトで高級を目指しているみたいだから……。

| | コメント (0)

2011/07/04

NHK MUSIC JAPAN

NHK MUSIC JAPAN 公開録画
2011.07.04@NHKホール1階C13-3

 NHKネットクラブで募集している公開録画のMUSIC JAPANに、3度目の正直で、やっと当たった。
 テレビの公開録画は2度目。1度目は超大昔、渋谷公会堂でやっていた日テレの紅白歌のベストテン。堺正章が司会のヤツ。ゲストが誰だったかも、もう思い出せないけど。それは、生放送だったので、テレビで見るのと同じように普通に進行していった。
 今回は、録画で、客が見れるのは歌のシーンだけ。座りトークは別室での収録らしく見れない。なので、司会のはずのPerfumeが、最初と自分たちの歌の出番だけしか出てこなかったのは、ちょっと残念。
 
 ともあれ、久々の生アイドルたち。初めての生AKBメンバーに、おっさんたちは、けっこう興奮したのでした(^_^;。

setlist
01 D-Date「DayByDay」
02 SPYAIR「ビューティフルディズ」
03 NIKII「name」
04 T「Baby I Love You」
05 井出あやか「雲のむこう」
06 ミルキィハミー(益若つばさ)「バニーディズ」
07 BaseBallBear「ショートヘアー」
08 NotYet「波乗りかき氷」
09 板野友美「ふいに」
10 Perfume「かすかな香り」

 サイリウムなんかの光り物を持ったアイドルヲタクの人もちょっといたけど、AKBメンバーの人気はものすごかった。ステージで受けているインタビューの声が聞こえないんだもの。

 反省会は、原宿なので、すでに定番。世界一安い「ゆかり」(^_^;

| | コメント (0)

2011/07/03

ピロカルピン

 前は、池袋のプラネタリウムで見たピロカルピン。

 今回は、ツアー。それも、渋谷の名門、クラブクアトロ。

ピロカルピン 渋谷CLUB QUATTRO ワンマンライブ(幻聴シンポジウムVol.1)
2011.07.03@SHIBUYA CLUB QUATTRO 125番

 プラネタリウムのときは、完全に座りライブだったのだけど、今回はどうなるのか。初めて行ったクアトロは、徐々に埋まってソールドアウトに。
 予想どおり、まったりと始まったけど、一部のファンがタテノリだったり腕を突き上げたりして、徐々に開場全体がボクの予想を超えるノリに(^_^;。
 でも、基本的にグダグダなバンドなので、客を煽ったり、客についていったりとかは不得手なのね。特にギターの岡田くん。無理せずにギターに専念した方がいいかも(^_^;。
 MCも相変わらず、オチのない無計画なしゃべりで楽しい(^_^;。

setlist
01 幻聴と幻想の現象
02 誕生前夜
03 人間進化論
04 時計仕掛けのオレンジ
05 若気の光
06 京都
07 見果てぬ夢
08 タイムパラドックス (new)
09 カンパネルラ
10 シェイクスピアのダイアリー
11 虹の彼方
12 最終走者
13 見えざる手
14 飛行少女
15 ベンジャミン
encore
16 存在証明
17 桃色のキリン
18 落雷

 普段はライブ後のアンケートって書かないんだけど、メールでオッケイなアンケートだったので、長々と書いて送っちゃった(^_^;。

 反省会は、道玄坂からちょい入ったところの十八番。

 最近多いね。こういう魚系で、港の番屋っぽい作りの内装にした店。素材がよければ、そうそう外れないからかなぁ。まぁ、仕入れ担当が素材の目利きかどうかっていうのがポイントなんだろうけど。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »