« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011/06/26

横浜大黒海づり公園

 空が怪しかったけど、4時に早起き。横浜までひとっ走り、釣りしてきた。
 ベイブリッジを望む大黒ふ頭の海釣り公園。

 今までの人生は、全然全く釣れなくて、いつも道具と戦って(糸が絡まったり、針が変なところに食い込んだり……)、疲れ果てて帰ることが多かったのだけど、この歳になって、やっと、釣りの道具のいろんなことが、何となく理解できるようになってきて、扱いもちょっとずつできるようになってきたら、少し釣れるようになった。
 っていうか、普通に釣れないレベルにたどり着いた感じ(今までは、異常に釣れないレベルだったと思う(^_^;)。

 まぁ、こないだ利島でちょっと自分でもびっくりするくらいまともな大きさの普段お店で売っているような魚を釣って、調子に乗っているだけなのだろうけど……(^_^;。

 大きさは、右端に写っている缶ビールを見るとだいたいわかる(^_^;。
 みんな実に小さいけど、知ってる魚たち。
 イワシが12匹。右上の大きいアジが1匹。右下の丸いヒイラギが2匹。
 ウチ、ボクが釣ったのは、イワシが2匹とアジとヒイラギが1匹。

 7:30に到着して準備。これに時間がかかり(いきなりリールのパーツを金網の隙間から下の海面へ落としてしまう人があったり、ボクはいつものようにノロノロ(^_^;)。
入場料が900円。スキー場なんかと同じ感じか。
 仕掛けはサビキで相変わらずだけど、コマセは現地で買ったやつ。
 周囲を見回すと、なんか海の色と同じくらいみんなどんよりしていて、こりゃ釣れそうもないなぁ。。。。。。と、思うも、糸を垂らす。こうして見ると、利島の海は、やっぱ勢いがあるんだなぁ。
 しかし、ちょこちょこだけど、けっこう釣れ、写真のような釣果になった。
 やっぱ、楽しい(^_^;。

 次はぜひエギでイカを狙いたい。あれは面白そうだ。と、周囲の釣れている人を見て帰る(やっぱそれなりに釣れているのだ(^_^;)。

 片付けをして、駐車場を出たのが、12:30くらい。ぎりぎり駐車時間が5時間を切ったので、駐車料金は350円。帰りの道は、ちょっと混んだ。休日のIKEAとLaLaPortの近辺には近寄ってはいけない。
 
で、天麩羅になりました(^_^)。

| | コメント (1)

2011/06/22

ヤイコのひさびさのツアーに行った

 夏至なんですってね。1年で1番昼が長い日。
 この日はキャンドルナイトってことで、全世界でキャンドルで夜を過ごそうっていうムーブメントが盛り上がってるの?代々木公園のステージでもイベントをやっていた。

 原発事故のおかげで、エアコン使用が限られ、辛い夏になって行きそうなこれからの世界……。まぁ、結局ニンゲンがコントロールしきれない原子力とかじゃなく、他でがんばればいいだけのこと。

 で、この暑い夏至の日に、ヤイコが、帰ってきたよ。何年ぶりのツアー?
 復活ライブのSHIBUYA AXには行けなかったので、今回こそはと、ずい分前からチケットを確保して待っていた。

矢井田瞳LIVE TOUR 2011 VIVID MOMENTS
2011.06.22@NHK HALL 2階R2-9

 久しぶりのヤイコなのに2階かよ〜。って思っていたら、NHKの2階席の両ウイングの前の方は、けっこういい感じだった。
 お母さんになったヤイコは、以前と変わらず、元気で、優しく、かわいらしい関西の女の子だった。
 MCでの娘の話で、ヤイコのことをアンパンマンだって娘が言い始めているっていうエピソードは、あという間にネットで広まって、次のライブからは、アンパンマンコールが鳴り止まないであろう(^^;。
 とにかく、ボクが行く数少ない気持ちがアガるライブは変わらず健在。座席の視界がよすぎて、思わず座りっぱなしではあったけど、終始腕を突き上げ、手拍子し続けのライブだった。
 これからは、どんどんスロウで身近なライブをやっていってくれるようになってくれるといいなぁ。
 おばあちゃんになるまで音楽を引退しないって言ってくれたから、ずっとついていきますよ。みんな、いつの間にか、音楽から遠ざかっちゃうもんなぁ〜。

setlist
01 Simple is Best
02 ハッピースピナー
03 Can you hear me?
04 君の家まで
05 STARTLiNE
06 SURVIVE!〜生き残れ〜
07 雨の降る街
08 同情みたいなLOVE
09 白詰草のブーケ
10 手と涙
11 I'm here saying nothing
12 さよならよりも切ないの
13 悲しみが吹いた時
14 I like
15 pajama holiday
16 Go my way
17 my sweet darling
18 ネバーランド行き
19 花と月とアンテナ
encore
20 ビルを見下ろす屋上で
21 HIKA:Re

g,Vo 矢井田瞳
g 久保田光太郎
key 村田昭
Ds 小関純匡
B 松田"FIRE"卓巳
perc 田邊晋一

 で、反省会。
 3月にまきちゃんぐのライブがあった時に(まきちゃんぐもヤイコもヤマハアーティストなんだなぁ)見つけた激安居酒屋「ゆかり」にまたもや突撃。今んとこボクの中では日本一安い(^^;。

 料理2000円コース+中生180円×3杯。
 詳しくはココ(^^;。

| | コメント (0)

2011/06/12

利島で人生初釣果

 さて、利島にいます。
 今回は、社会の勉強用の資料作成のための写真撮影のお手伝い。
 GWや真夏以外は、大型船の就航が平日はないので、高速ジェット船で向かう。以前竹芝桟橋まで行きながら欠航されてしまった高速ジェットだけど、今回は、天気予報も見極め、条件付きだったけど、乗り込んだ。
 読みどおり、条件は出航後大島をすぎたあたりで解除。しかし、右ジェットエンジンが不調になり、大島岡田港を出た直後に修理のため岡田港に戻る。これで1時間くらいロスしたけど、まぁ、欠航じゃなければオッケイ(^_^;。
 船内放送で「右ジェットエンジンが不調で、調査中です。このまま飛び続けるわけにはいけないので‥‥」って、ジェット船は、「飛ぶ」のだね。

 高速ジェットはやっぱ速い。竹芝から利島まで大型船だと9時間近くかかるところをたった2時間半くらいで行ってしまう。しかし、波に弱く、利島港での着岸率は低い。
 利島港では、↓こんな大きな緩衝用のゴムの巨大ボールが登場していた。

 で、相変わらず穏やか〜な、利島。


島で一番おしゃれな、ダイビングショップ(^_^;

 猫もいる。この島の生態系(人間を除く)の頂点は、猫?カラスより強い?

 ↓このカラス、巣を守っている時期なんだろうか、単なる通行人のボクを2回も襲撃。超低空飛行で人の頭をかすめやがった。

 ってな感じで、カメラと三脚を持ってうろうろと島を上り下り。3時間くらい歩き回ったので、ちょっとした登山並みに体を使った。島でクルマのない生活を送ると、かなりいい感じで体を使うなぁ。

 で、ウチの奥さんの同僚の方に誘われて、夜釣りに。
 前回は、5日間でかすりもしなかった釣り。今回は道具を全てお借りしての釣りだけど、セットは、4.8mの竿に、2000番くらいのリール。サビキにコマセという基本的にはこないだのボクと同じ。おもりがボクのは5号だったのが、8号のを使っているけど。
 で、釣れました!
 嵐の直前、雨がぱらつき、時折強風が吹き荒む中、イサキが2匹、アジが1匹。他にバレたのが3匹、リリースしたゴマサバが1匹(おいしくないので、切り身にして他の魚を狙う餌にするのもいいよ、と言われたけど、周囲がどんどんリリースしているので、ボクもまねしてとりあえずリリース(^_^;。でもサバが一番大きかったなぁ)。
 ここの港の深さが8m程度で、魚のいるタナが、5mくらいらしいので、ボクがこないだやっていたよりも2mくらい深いところに針を落とすべきだったようです。まぁ、それだけじゃないだろうけど(^_^;

 でも、手応えは、バッチリ。魚の引きを味わえました。どうもありがとうございました(^_^;。


25cmくらいです。即刺身で食いました(^_^;

 てなわけで、木曜に来て土曜に帰る予定が、嵐で、日曜の昼に帰ることになりんした。

| | コメント (0)

2011/06/04

山に行く2011その4_六ツ石山(未登トオノクボまで)

 いろんな遊びが増えたり、天候がよろしくなかったりで、どうも山に向かない。
 なので、いつも久しぶりの山、って感じになってしまい、セレクトが近場の〜ってことに。

 今回は、奥多摩。雲取山へ続く鷹巣山の手前、普通なら通過地点であろう六ツ石山を目標にした。
 コースは、ちょっとマイナーな、奥多摩駅から10分ほどバスに乗り、境橋をスタート、奥多摩駅へ降りるというもの。最近の地図には、メジャーなコースとしての記載がないものが多い。
 
 ところが、寝坊。目覚まし時計をかけ忘れるという失態。前日飲み過ぎのメンバーから電話で起こされ、出発時間を1時間ずらすことに。


奥多摩駅に車を止め、長蛇のバスの列に並んだのが9:00。
すごいね、奥多摩へ来る登山人口は。


境橋バス停で降りる。
下を覗き込むと「あー、奥多摩に来たなぁ」と思う。

 このあたりは、奥多摩むかし道とも絡んでいるところで、その途中から六ツ石山に向かって入っていく。
 この入り口がわかりにくく、通り過ぎて戻った。


バス停から道をわたって集落に入っていくと
すぐにある「むかし道」の看板の分かれ道。上の道を入っていく。
分かれ道の手すりにある「六ツ石山」の表示は消えていて、
見上げると、小さい看板がある。

 むかしの鉄橋が、かっこいいエリア。前にも書いたけど、この線路に沿って写真を撮りつつ歩くなんてのもやってみたいけど、無理だろうなぁ。

 そしてどんどん山に入っていくのだけど、すでにマイナーなコースなので、鬱蒼と草が生い茂っている。道もほとんどなく、倒れた笹で滑りやすい。二日酔いメンバーは遅れがち(まぁ、あとで、酒のせいではなく、朝食を抜いてきたので、エネルギー切れだったことが判明するのだけど(^_^;)。
 そして、奥多摩湖の周りの山はみなそうなんだけど、標高差はないのに、比較的急登で、それがずっと続く。

 予定だと2時間30分で山頂だったのだけど、この約1/3の地点「山の神」ですでに2時間。とりあえずメシにする。


まぁ、いつものように、水500mlでカップメンとコーヒー。

 さらにがんばって防火隊(木を刈ってある帯部分)を行くが、かなり精神的にも疲れ気味。

 マイクロウェーブ反射板登場。でっかい金属の板(^_^;。

 ここでやっと2/3くらいかな、トオノクボ。しかし4時間くらいかかっているので、ここから先は断念して、水根に下山することにした。これから登頂して奥多摩駅に戻るとなると、軽く17:00を越えてしまいそうだったからだ。
 なので、不本意ながら記念撮影は、ピークではない、トオノクボ(^_^;。

 で、下界へ。それでも水根まで2時間近くかかった。

 次にここへくるときは、鷹巣山行きの通過地点となることを祈って……。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »