« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/03/20

山へ行く2011その2_景信山

 以前陣馬山〜高尾山を縦走した時に間違えて迂回してピークを通らなかった景信山。久しぶりの登山だったので、軽いところで足慣らしってことで行ってきた。

7:50 高尾駅北口からバスで日影バス停へ向かう。

8:24 日影バス停着。小下沢沿いに歩き始める。 

 梅が真っ盛り、木下沢梅林。 

9:22 川を渡って小下沢から離れ、登りに入る。

 けっこう崩れた山道もある。

10:12 小仏峠バス停への分かれ道。

10:27 景信小屋。そばが人気らしい。

11:30 景信山山頂727m。 

 ここから、高尾山口に下山する予定だったのだけど、同行者が階段で転倒、手に負傷してしまったので、急遽相模湖駅に向かうべく、底沢のバス停に向かう。


11:55


力なく歩く。手がかなり痛いのだ。


11:36

13:10 底沢バス停に到着するも、バスがないのでさらに歩く。

13:40 やっと相模湖駅に到着。早めに病院に向かってもらうことにして別れる。

| | コメント (0)

2011/03/03

まきちゃんぐ+吉田山田

 3月3日、今年のひな祭りは、ウチの末っ子の高校の卒業式。やっとここまで来たかって感じ。
 こういう時にしか着ないピンストライプのスーツと黒の革靴で出かける。
 卒業式は、学業やスポーツの表彰を始め皆勤賞精勤賞まで、なんだかんだと100人以上表彰する卒業式だった。学長と校長の話がつまらなく長い以外は良かったかな。
 ちょっと初めての体験だったのは、体育館だったのだけど、ライブ会場バリに両サイドに4ヵ所のプロジェクターを配置、壇上にも3台のテレビカメラ体勢で、卒業生たちの様子を放映してくれたこと。これはいいかもね。

 で、夕方からは、まるで追っかけのように行っている、まきちゃんぐのライブで、原宿へ。
 先月のはフルライブだったけど、今回は恒例の「ちゃんぐの部屋」第5回。

ちゃんぐの部屋 ゲスト:吉田山田
2011.03.03@渋谷アストロホール A23

 たぶん圧倒的に吉田山田ファンが多い。若い女子率かなり高し。しかしボクらは、今日も最前列センター。ごめん。

 いつものちゃんぐの部屋どおり、徹子のテーマで登場。最近は、獣の毛がお気に入りなのね(^_^;。

 お初の吉田山田。吉田兄弟でもまえだまえだでもなく……(ファンに怒られるって(^_^;)。嵐のまつじゅん系のイケメンの吉田くんとスカートファッションの山田くんのコンビ。
 いつもイマイチ知らないメンズが呼ばれるんだけど、みんなさりげなくいいヤツばかりっぽいのがちょっと悔しい(^_^;。
 衣装の話、ケータイの待ち受けの話(まきちゃんぐは鳥肌実らしい)、男子のトイレの小は立つか座るか、の話などなどいつものようにグダグダなトークの後、吉田山田のライブ。

 まぁ、トークは楽しいんだけど、曲はね、なんでこういう爽やか系ばっかなの?まぁ、ちょっとぐっと来る曲も1、2曲あったし、ライブの迫力や良さはあるのだけど、帰ってからYouTubeで確認しようとまでは思わないんだよなぁ。

 一応セットリスト(あとで調べたから合ってると思うんだけど、いかんせん知らないもんで)。
setlist
01 希望とキャンディ
02 水色の手ぶくろ
03 花鳥風月
04 涙の海
05 ツボミ
06 がんばることに決めた

 そうそう、バックバンドのベース。レフティの女子だったんだけど、メンバー紹介がなかったので、誰だかわからず。非常に気になる格好いいプレイだったのだ。
 で、ちょっと調べてみた。チャッキーって子らしいってことはわかったけど、そこまで。
 いやぁ、女子のベースとか、パーカッションとか、好きでねぇ。
 きっとヴォーカルの山田くん、自分の真ん前に座っているおっさんが、ずっとよそ見していたんで、こいつなんだ?って思っただろうね。決して左手の吉田くんを見ていたわけではなく、その後のベースのチャッキーさんを見ていたのでした(^_^;。

 そんなこんなで、おそらく7割方吉田山田のファンであろうという会場の中(でも最前列なので、立ちはしなかったけど、ちゃんと振りなんかにも参加していたよ(^_^;)、やっとこさ、まきちゃんぐの出番。

 今回は、ピアノとギター&チェロの伊藤ハルトシ氏とのセット。
 当然だけど、吉田山田の盛り上がったステージの直後、がんばってデカワンコのテーマの「愛と星」で始めたものの、突然3曲目には「貴方のいない部屋に慣れる日が来るまで」をもってきたりとか、いつもと手順が違う(^_^;。
 なんか、つかみにくそうだったなぁ。

setlist
01 愛と星
02 ハニー
03 貴方のいない部屋に慣れる日が来るまで
04 ライオンハート(SMAPcover)
05 名前
06 愛の雫

 最後はいつものように中島みゆきの「糸」をセッションして終わり。しかし、相変わらず「糸」は、合わせ不足だよなぁ(^_^;。

 ってなわけで、21:30ころ終了。
 竹下通りの裏手の方に、格安の居酒屋があるというので、そこで反省会。
 竹下通りを駅に向かって歩き、途中で左に折れたところの先にある、外観は高級料亭っぽい絶対に入らなさそうな居酒屋「ゆかり」。

↓生ビール、180円。串盛り、650円。豚トロとザーサイの炒め物、530円。安っ!

 餃子は、5個で280円だった。とても原宿値段じゃないね、すばらしい(^_^;。宴会用に2階席もあるらしいよ。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »