« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/19

山へ行く2010その12_天城山

 伊豆に遊びに行ってきたついでに、翌日天城山に登ってきた。
 天城山というのは、俗称で、ピークは、万二郎岳、万三郎岳のようだ。実際は万三郎岳が高い。

09:37 ゴルフ場脇の登山者用駐車場出発


10:42 第一のピーク、万二郎岳1320m


12:06 第二のピーク、万三郎岳1406m



一等三角点だ!

14:41 帰りは、巻き道を通ったら、
けっこう時間がかかって下山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/05

clammbon 2010 @よみうりランド

clammbon 2010 『☆SUPER☆STAR☆』
2010.09.05@よみうりランド オープンシアターEAST 芝生自由席224

 ひさしぶりのライブ。毎年日比谷野音でやっていた夏のClammbon。2Daysにしてもチケットが取れない人がいるというのはいやだよねということで内部で問題になり、より大きな会場のよみうりランドEASTに移動になったらしい。
 いいよね、こんなふうに緩い感じで大事な話が進むというのは。
 このライブ、野音でもとても緩い感じが素晴らしく、楽しみにしていたのだった(2006年にも行っているのだけど、blog書いてないな……)。

 で、ウチからよみうりランドに行くのは、電車だと、けっこうややこしい。バスだと、比較的単純なんだけど、終バスが早いので、帰りが非常に怪しくなる。
 で、twitterでけしかけられ、自転車で行ってみることにした。普段クルマでよく走っているコースなので、勝手知ったる……と、思っていたのだが……。

 まず残念だったのは、久しぶりに取り付けたサイコン(サイクルコンピュータね)が、機能してくれなかったこと。叩いてもすかしてもだめ。接触が悪くなってるんだろうが、調べてみる気にもなれずそのまま走る。さらに、普段はあまり使わないので、ほうっときぱなしのギヤだけど、それなりに山あり谷ありの道なので、どんどんギヤを使うと、なんとギヤ設定のバラバラなことか。異音しまくりずれまくり。真面目にメンテしないといけないね(^^;。

 野川公園を抜け、東京天文台に行く辺りまではよかった……ような気がする。


東八沿いにある、有名なヘンテコ住宅。


一度は見学してみたい、東京天文台。


やっと多摩川。

 しかし甲州街道から先、いつも通らない裏道を調子こいて走ったら迷い、すでにここで、開場時間には間に合わず。
 お詫びの電話連絡。場所取りを頼む。まぁ、よみうりランド後方の芝生自由席なんで、まぁどうにでもなる。開演にはまだ1時間以上あるし。


鶴川大橋。

 やっと到着。たぶん15〜18kmくらい走ったのだろうけど、2時間くらいかかったか。
 迷わず自転車を駅に置き、ゴンドラに乗る。前に車で来た時に最後の最後でグンと登った気がしたからね(^^;。


 遊園地だねぇ(^^;。

 そしてライブ会場。
 入口で、ビン持ち込みのチェックはあったけど、カメラチェックは無し。堂々と一眼レフを首から下げて入場している人もけっこういた。でも撮影は禁止。
 まぁ、遊園地の施設はいいんでしょう(^^;。

 いつものように(入口で渡されるのだ)シャボン玉の飛び交う、ゆるゆるでいいライブでしたよ。
 特に今回は、寝そべってみてたからねぇ。同行者なんか途中気持ち良さそうに居眠りしてたし。
 しいて上げれば、ビール販売の列が途切れなかったのが残念。投げる可能性があるからなのか、缶ビールをわざわざ紙ココップに移し替えて売っていたから遅い遅い。サーバじゃだめなの?(^^;

 近所(といっても予想どおり、何もないのだこの辺り)のショッピングモール(?)のピザ屋で軽く反省して帰る。
 帰りも一瞬府中街道を逆に走ったけど、1kmくらいで気づき、その後は順調に帰る。1時間くらい。

 NAVIが必要だな。地図だと自分の都合いいように読んでしまう……、って、全然駄目だ(^^;。

 あ、セットリストを、一応(^^;。

setlist
01 シカゴ
02 はなれ ばなれ
03 パンと蜜をめしあがれ
04 GOOD TIME MUSIC
05 Merry go round!
06 アンセム
07 Ka-Ka-KaLMa!
08 Tourist On The 未来'n
09 波よせて
10 便箋歌
11 たそがれ (new)
12 ハレルヤ
13 ララバイ サラバイ
14 バイタルサイン
15 サラウンド
16 NOW!!! (2010 ver.)
17 KANADE Dance
encore1
19 SUPER☆STAR
encore2
20 Re:残暑
21 Folklore


| | コメント (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »