« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010/03/18

笹川美和@品川教会一日目

取り急ぎ(^^;

笹川美和“Second Nature”─春宵─
2010.03.18@グローリアチャペル キリスト品川教会 G-11

 今年もきました品川教会。

 とりあえずセットリスト。

setlist
01 蕾
02 霧
03 さよなら
04 春霞
05 旅物語(new)
06 陽炎(new)
07 しゃぼん玉(new)
08 蜃気楼(new)
09 笑
10 女神
11 誘い
12 朧月夜
13 光とは(オフマイク)
14 ニセアカシア
encore
15 街生まれ、田舎生まれ
16 約束

key:林有三

 今回は、新潟に戻ってからボクが見たライブの中では、一番の完成度、凝った構成だった。
 暗闇の中、林さんがおもむろに現れ、ステージの端に置かれたMacbookのキーを触ると、雷鳴がなり響き、1曲目が始まった。
 笹川美和は、声の調子も良く。かなり朗々と鳴り響く。
 前半は、壮大なアレンジの曲が多く、凝った照明(!)や会場の雰囲気(教会ですから)も相まって、“荘厳”という感じ。もう、なんだか圧倒され通し。
 5〜8曲目は会場でも販売していた4曲入りのニューミニアルバム「miwaTale」からの全曲。これがどれもかなり良い出来で……。もちろん帰りに買いました(^^;。
 “ケルト”な感じの出来上がりだよ、って言ってましたが、ライブは独特なパーカッションやティンホイッスルとかはないので、どうしてもCDを聴いてみたかった(^^;。確かに、ライブとは全然違った雰囲気ですよ(^^;。
 CDを聴くまでは、原曲は激しいアレンジなのかな〜と思ったのだけど、あとで聴いたCDではノスタルジックな感じ(笹川言うところの“ケルト”かも(^^;)。ライブはもっと迫力があり、それは、笹川美和の歌が、ライブの方がずっと迫力があったせいかも。
 前回好評だったってことで、「光とは」は、またステージを降り、客席の最前列あたりからの「オフマイク」。アカペラではないっす、ピアノ伴奏がありますから(^^;。これがまたよく声が伸びて。今日は、全曲マイク不要だったんじゃないの?ってくらい。
 
 今回は、いつものお茶目なMCはあまりなく、曲中心で。
 いろいろ凝ってはいたけど、コンピュータを使う部分を減らして、パーカッションとベースを入れてほしかったなぁ。

 19:30〜21:00は、かなり短かった感じ(^^;。

 2Daysなのだが、ボクは初日だけの参加。明日は、どんなだろう……。

 帰りは、品川駅周辺散策。いつも品川ではろくな居酒屋がなくあたらしいビルにばかり行って後悔していたのだけど、駅西口を出て右側の品川ビルは、なかなか昭和な感じの店が立ち並ぶ変な飲みやビルであった。
 ここをひとまわり見て、地下の奥まったところにあった“全品350円”を謳っていた“石志水産”に入ってみた。
 安いが、まずくない(^^;。そして店長が秀逸。そのダミ声だけを聞き、最初はおばちゃんだと思っていたのに、20代後半から30代前半くらいのかなり小振りな女子であった。まぁ風貌としゃべりが完全にギャル系なのだけど。かなりいいキャラだったよ(^^;。

| | コメント (0)

2010/03/11

CP+

 さて、初めて写真機材の展示会。CAMERA & PHOTO IMAGING SHOWに、行ってきた。いつものライブ仲間は、カメラ仲間でもあり(^^;。

 場所はパシフィコ横浜。ここも、中に入るのはたぶん初めて。

 お仕事で来ている人が少ないせいか、平日は、ガラガラであった。まぁ、出展数もたいしたことないんだけどね。
 ほとんどが、おっさんのアマチュアカメラマン(だと思う)。スーツで、会社から来たんじゃないの?って思うけど、なぜかカメラバッグにデカいストロボを装備した一眼レフ(白いレンズとかつけて(^^;)。
 それと、お約束のバンダナまいた、真性ヲタク系の人もちゃんといた(^^;。
 まぁ、自分のことは棚に上げてますがね(^^;。

 まずCanon。X4以外は新製品はないよね。一番大きいスペースとって、メルヘンチックなかっこのモデルさんが回転台で回ってました。

 2番目に大きなブースのNikon。ここも、新製品とかはないので、キムタクがいるわけでもなく……。

 OLYMPUSは、けっこう勢いがある感じがする。PEN Liteが、なかなか気になる。で、CMをやっている浅田舞のトークショーにちょうどぶつかったので、座って見て、撮影しまくってきた(^^;。
 でも、何度も何度も、サイトやブログにアップしないでくださいね、って念を押されたので、上げられない(^^;。テレビで見た通りにとてもきれいな子でしたよ。なんで宮崎あおいじゃないの?とは、思っても言わない(^^;。

 同じくマイクロフォーサーズのPnasonicも、なんとなくイキオイを感じるのは、ボクが、マイクロフォーサーズに魅かれ続けているからかな。


これはコンデジですね(^^;

 FUJIFILMもいろいろやってくれちゃってました。3Dカメラと、3Dプリント(なんとなく懐かしい、ザラザラの表面の厚みのあるプリント)。動くものが消えちゃうカメラ(風景を撮る時に5カット自動で撮って合成し、人や車など動いているものを消し去り、風景だけにしてくれる)と。逆に5カット分解写真も抽出できる。などなど。

 CASIOは縄跳び。SIGMAはおしゃれ。TAMRONは、レンズをクリーニングしてもらった。ボクの前のおっさんは、レンズクリーニングのおねーさんにもポーズとってもらって写してた(^^;。

 Velbonは、世界最速の小さい三脚を開発。GITZOは、やっぱカッコいいねぇ。遠隔操作の三脚を展示。

 で、今回のお目当て。PENTAXですが、645Dっす。触ってきました。20分くらい並んで。850000円もするとはとても思えない、なんかお手軽な肌触り(^^;。連射は、めちゃ遅いです。ボクの*istDSよりも(^^;。まぁそういうもんだそうです。なんたって4000万画素ですから。まぁでも誰が買うんだろうなぁ?と、思いますよ。プロ仕様って感じではないんだよなぁ。かなりの写真は撮れるみたいだけど。わかんないっす(^^;。
 まぁそれよか、K-7のLimitedSilverありました。好きだなぁ。。。やっぱ(^^;。

 で、隣のブースは、HASSELBLAD。Hシステムカッコいいです。Vシステムのデジバックもカッコいいっす。デジパックは、3900万画素だそうです(Hシステムは6000万画素)。ハッセル買った人は、やっぱ絶対にデジバックを買うべきだな。あれなら重くても普段から持ち歩きたいかも。

 RECOHは、GXRですね。架空のアタッチメントのモックもいろいろあって面白かった。

 ケンコーの双眼鏡は、デジタルでGPSもついているっていう重くてすごいのが置いてあった。
 天体写真も興味だけはあるので、赤道儀やら望遠鏡やらも眺めたけど、まぁ理解を超えてはいます(^^;。

 あ、あと、GITZOの三脚に乗っていた、SONYのα380の造形に一目惚れしてしまいました。SONYって、知らぬ間にαをこんなふうにかっこ良くしていたのか。SONYは、ミラーレスの小型カメラのモックをたくさん置いてましたよ。時代はミラーレスに流れるのかなぁ。まぁ小さいことはいいことです(^^;。

 帰りがけにひときわ人だかりのしていたKenkoのブースに寄ってみると、一日一鉄の中井さんが、SLIKのカーボン三脚の新型の宣伝をしていた。掛け合い漫才のような宣伝だけで引っ込んじゃったけど、ゆっくり中井さんの話を聞きたかったかも。

 ご飯は、2階の「横浜ミルクホール」で、横浜ミルクカレーうどん(^^;。うまかったよ。

 そういや、LEICAって出展してないのね。

 しかし、こういう展示会って、こんなふうにいちいちblogにしたりTwitterでつぶやくよりもUSTREAMかなんかで、ずっと垂れ流しにしながら巡るってのが楽ちんでわかりやすくていいのかもね……なんて思ってた。

| | コメント (4)

2010/03/10

PENTAX 645D

 645D正式発表です。
 
 ふむ。ず〜〜〜〜〜っと、ペンタが言い続けてきたお約束を守ったというところですね。

 ところで、これはプロ用のカメラですか?ハイアマチュア用ですか?ボクは見てるだけですが……(^^;。
 マップカメラが予約開始してますが、ボディが848000円。同時発売のF645 55mmF2.8が、100000円ですって。
 あ、明日CP+でさわれたらさわってくるかも。

| | コメント (0)

1000のバイオリン

 やばいね(^^;

 まったく……誰だ、こんなCM作ったのは。。。。。。。

| | コメント (0)

2010/03/09

桐谷美玲

 録画してあった(いつもこれだ(^^;)、第9回21世紀新人シナリオ大賞ドラマ「臨月の娘」を観た。
 けっこう面白かった。最後のドンデン返しまでだまされてたしね。
 ネタバラシの駅のシーンもよかったですよ。

 んで、主役の女優。桐谷美玲がけっこうポイント高かったね。
 イケパラや、オトメンとかに脇で出ていて、かわいいけどどーでもいいような役ばかり。でも今回はメインで、けっこうぐっと来る。

 これからクルんじゃないですか?口元が基本ヘの字なので、福田沙紀同様に、意地悪キャラっぽいけど(^^;。

| | コメント (0)

2010/03/08

Web制作の基礎知識講座2

 座学というのを、あまりやらないまま、ここまできてしまったので、教室で先生になにか教わることに最近けっこうあこがれをいだいておりますです。

 だからというわけではないけど、杏珠さんのつぶやきで知った「Web制作の基礎知識講座 第2回 Webのこっち側でよく使われる技術」なんていうのに参加してきた。
 場所は、大久保の駅からすぐ(ボクは新大久保から5分歩いたけど)「関東ITソフトウェア健保会館」。
 講師は67WSの上田キミヒロ氏。

 まぁ、どうでもいいけどセミナーによく行く人は、会場に入るなり迷わず最前列から席を探し始める。今日もとりあえず一番前に行って、空いていた最前列に座ったんだけど、となりの席が杏珠さんで驚いた(^^;。
 
 で、講義内容は、珍しく真面目にあとで読める文字でメモったので、書き留めておく。まぁ、大雑把だし、間違いも多そう(^^;。

 ●Webブラウザとプラグイン
  世の中、ケータイ91:スマートフォン8:iPhone1くらいの感じ。IE65:Firefox22:chrome5:Safari5:Opera3ってとこ。
  印刷もテレビも作り手が最終アウトプットのフォーマットを決めるけど、webはユーザーがそれを選択する。
  (決めるって言ってたけど、決めれる人は少数だよね、たぶん)
 ●(X)HTML+CSS
  (X)HTMLは構造で、CSSは装飾。(IDとかだと、フレームとスタイルって感じ?ちょっと違うか?)
 ●HTMLとXHTML
  SGML────HTML
   |
   ──XML──XHTML
  って感じで、HTML4.01→XHTML1.1→HTML5.0ってふうに流れている最中。
  でもたぶんHTML5.0にたどり着くのはあと5年くらいなんじゃない?って。
 ●画像ファイルの種類
  JPEG=写真とか。切り抜いたらバックは白。GIF=アイコンとか図。切り抜き可能。PNG=アイコンや図その他。透明効果を持たせられるけど。IE6で使用不可。イラレから書き出すSVGっつーベクター画像もある。
 ●CSS
  今世の中ほとんどはCSS2。CSSS3が主流になればフォントの表示(日本語はライセンスとかでハードル高いけど)や、3Dの表現が可能に。
 ●画面サイズ
 
  世の中だいたいこんな感じらしい。
  で、パソコンモニタは、
   VGA=640×480 4:3
   XGA=1024×768 4:3
   フルHD=1920×1080 16:9
  ってな感じで、今んとこXGAが主流。ウィンドウサイズを変えてもレイアウトが変化して追従してくるリキッドレイアウトなる手法もある。
 ●JavaScript(Ajax)
  JAVAは開発言語。JavaScriptはスクリプト言語。で、ECMAScriptってのに準拠していて、DOMとかって書き方をする。たとえば、googleMapとか拡大縮小が自由で、その場でぐるぐる動くものとか。
  Ajaxもそんなやつ。Flashも似てるけど、適材適所で使い方を考える。
  何で書くかと言えば、DWとか、Silverlightとか、いろいろ。FireFoxにFirebugっていうプラグインも便利。

 などなどを、ざっくりと。

 田舎のおばちゃんは、インターネットというと、yahoo!のサイトのことを言うのだと思っているという話が出たけど、ボクも決してそこから遠くないところに居ると思う。
 ボロボロだけど、自分のホームページを作ったし、友人のも作った。blogもやってるし、mixiやTwitterもやってる。ヤフオクで売ったことも買ったこともある。でも、全然わかっていない。
 便利に使っているし、ないと困ると思う。でも、作る側に回るには、わかっていなさすぎる。
 もっと自由に作りたいし、身近で気軽に楽しみたい。

 せっかく持ってる高価なアプリも有効に使わなくちゃと思うし……(^^;。

 どんどん暇をつぶして、いろいろやらなくちゃな感じの、今年である(^^;。

 ところで、質問すればよかったのだけど、つい最近tableとcssで作られているサイトのお勉強をしてきたばかりなのだけど、tableはなくなりつつあるっつーか、元々の使用法(表組作成)からはずれてレイアウトするのに工夫した使い方をされすぎている(?)タグだというのだけれど……?

 次回は、サーバの事とからしい。

 まぁ、要するに、ライブでの簡単な用語解説みたいなものですかね。

| | コメント (2)

2010/03/06

宮崎あおい似?「幸せの道 卒業」篇

 録画した単発ドラマ「卒歌」を観ていた。
 日本生命がスポンサーなのでCMが入る。「幸せの道 卒業」篇というのがあるのだけど、それに出ている中学生役の子が気になった。
 宮崎あおいにそっくりなのだ。何度か繰り返し見たが、何度見ても宮崎あおいだ。
 もしかして昔取ったCMを再度流しているのか?と、思ったけど、宮崎あおいはアフラックで猫とアヒルと絡んでる。さすがに、もし昔日本生命のCMに出ていたとしても、今それを再放送するのは、各方面が認めないだろう。
 んで、ネットでいろいろ探してみたら、判明しました。
 二階堂ふみ。この子だそうな。
 いやぁ、そっくりじゃない?。

<

| | コメント (0)

2010/03/05

斉藤和義@武道館

斉藤和義 ライブツア−2009>>2010 月が昇れば
2010.03.05@日本武道館 1階SE E列23

武道館

 週アタマに映画「ゴールデンスランバー」を観た直後の斉藤和義ライブ。
 事前情報では、映画のエンディングテーマ「幸福な朝食 退屈な夕食」を2曲目にやるはずだったのに、結局やらず、えー?って感じ(^_^)

 ともあれ、お楽しみの斉藤和義は、いつものグレード。
 カッコイイし、いいかげん(^_^)。いつも思うけど、斉藤和義のいいところは、自虐的だけど押し付けがましくないかっこよさ。いや〜ホントいいよ。
 定番曲は、ちょっとテンション低かったかな。

setlist
01 COME ON
02 LOVE&PEACE
03 FISH STORY-逆鱗
04 スナフキン・ソング
05 ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー
06 やぁ無情
07 映画監督
08 愛の灯
09 例えば僕の事
10 後悔シャッフル
11 ぼくらのルール
12 天国の月
13 Phoenix
14 月影
15 GOLDEN SLUMBER (The BEATLES)
16 逃亡のテーマ(サントラ)
17 ランナウェイ〜こんな雨じゃ〜(サントラ)
18 Summer Days
19 Bitch!
20 I Love Me
21 社会生活不適合者
22 彼女は言った
23 歩いて帰ろう
24 ハローグッバイ
encore
25 歌うたいのバラッド
26 ずっと好きだった(New)
27 ベリーベリーストロング
encore2
28 君の顔が好きだ
29 アンコール

b:隅倉弘至
ds:玉田豊夢
g:辻村豪文
key:エマーソン北村

 月に関係する曲が多かったのだけど、ステージのバックに大きな月が現れた。コイツが実に不思議で、望遠鏡で必死で見たんだけど、本物の月面のようにザラザラでボツボツに見えたり普段見るきれいな満月のようにリアルな月面の模様になったり、円盤に映像を投影しているのか、他に何かしかけがあるのか……。

 武道館は、ヴォーカルが、いかにもサイドのPAから出てるふうな音響なんだけど、それに慣れちゃえば、1階席の前の方は、セットや照明の全貌がよく見えて、なかなか好きである。

 反省会は九段下の交差点を渡ってはす向かいの路地をちょっと入ったところの「おかってや」。もう、最近はすっかりここ。交差点を渡らずに神方町の方に向かった路地に入った地下の店が雰囲気は好きなのだけど、ちょっとお高いあ。こっちは爆安(^^;。だって、500円以上のメニューがほとんどない。いつもサラリーマンや学生であふれかえっているよ(^^;。

| | コメント (2)

2010/03/03

ひな祭り+確定申告+CR-Z

 ひな祭り。おだやか〜な天気。

 確定申告書と消費税申告書提出してきた。いつものように、消費税は、還付金から充当してもらう。
 売り上げ30%ダウン〜。いやぁ、やっぱなぁ。

 自転車で東村山税務署に行ったので(片道20分くらい)、天気に浮かれて、帰りは旧青梅街道の花小金井の方へまわり、nojimaを冷やかし、その前の丸亀製麺で、釡玉うどん。

 通り道のHONDAにハイブリッドスポーツのCR-Zが置いてあった。かっこいい(^_^;。

 梅も開いて来たよ。


| | コメント (4)

2010/03/01

ゴールデンスランバー


プログラムは、ザラザラとテカテカのバーコ印刷な表紙

 よかったですよ。痛快だった。なんか、元気や力ももらった。
 昼間銀行の振込金額と残高を見て激しく落ち込んでいたのも忘れ(……てはいないけどさ(^_^;)……。
 最後斉藤和義の歌がかかった(この映画の音楽はすべて斉藤)あとは、拍手したかった。
 まぁ、激しく客が少なかったので、それはパスしたけど(^_^;。

 設定やセリフがイキだよ。そして乱暴なところもあるけど、それがまた痛快。途中で、お、こう来そうかな?と、思うとそう来るけど、それもまた痛快(^_^;。

 しかし、あのカローラは、走らない。あり得ない(^_^;。まぁ、ラストの●●もあり得ないから、って言い始めると、みんなあり得ないか(^_^;。

 伊坂幸太郎と斉藤和義が仲がいいってのが、ひしひしと感じられる作品(^_^;。伊坂が書いた「アイネクライネ」をベースに斉藤が書いた「ネリーベリーストロング〜アイネクライネ」は、斉藤和義の曲の中でもベスト3に入る好きな曲だし(^_^;。

 こんなこと書くと、やっぱおっさんだなぁ、、、と、思うけど「ロックだったよ!」(^_^;。

 今週末は、武道館で斉藤和義のライブだ(^_^;。

| | コメント (2)

PDFで印刷入稿

 PDFにフォントが埋め込めるってどういう仕掛けなの?とかあまり深く知らずにInDesignやIllustratorからPDFを書き出して、何年も印刷会社にデータ入稿して来たけど、一昨日入稿した印刷会社から、「入稿されたPDFは、イラストレーターで開いたら、フォントがアウトライン化されていませんので、完成形がわかる軽いPDFを送ってください」という連絡があった。
 え?と、思いながらも、ウチにあるOSしかインストールしていない娘の遊び用マシンで、入稿したPDFと同じものを見てみたんだけど、ちゃんと表示されている。これだめなんだっけ?急に不安に……。

 最近のボクのシゴトではすっかり珍しいイベントのB1のポスターで、描き文字したり、時間がない中でもけっこう楽しんでやっていたんだけど、なんかそんなことに。。。。

 OTFのMORISAWAの太ゴや太ミンはアウトライン化せずに、タイトルに使っていた変わった筆文字のTTFはアウトライン化し、Abdobe Illustrator CS3でPDF/X-1a(2001)で、フォントのサブセットを100%にして書き出したんだけど、そんなことを言われ、、、、、、しょうがなくすべてアウトライン化し、画像を全部埋め込んだ状態のめちゃ重いIllustrator書類を再度送った……、でも、あいかわらず意味が分からない。ってか自信はない。

 オレって今まで間違ったやり方で入稿して来たの?OTFを使って、PDFファイルを作って入稿するのは、アウトライン化とかしなくてもよくなったってんで幸せだと思っていたんだけど?
 Illustrator上でフォントをすべてアウトライン化してからPDFにして印刷入稿してたんじゃ、意味ないんじゃないのかなぁ?

 さらにおまけで、再度送った、フォントをすべてアウトライン化したIllustratorデータは、配置画像に問題があるという。
 CMYKではあるもののPhotoshopでのレイヤーをそのままにしたPSD形式の画像ファイルが問題で、Illustratorに埋め込み配置したものが表示されないと言う。確かに、指摘された画像以外は、PSD形式ではなくEPS形式で保存しているが……、IllutratorCS3上では、ちゃんと表示されている。。。。。。
 「まぁ、じゃぁ、そのアウトライン化したIllustratorデータを文字部分の完成形の見本としてPDFと比較確認用で印刷してくださいな。。。。。。」ということでお願いし、その後は連絡がないので、印刷できたんかな?

| | コメント (8)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »