« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/29

JCDA2009

 高2の娘がチアダンスの大会(ALL JAPAN CHEER DANCE CHMPONSHIP : JCDA)にレギュラーで出れることになり、応援に北海道の父母も招待した。
 久しぶりに羽田まで車で迎えに出たのだが、さすが平日の昼間。首都高もスムーズで、あっという間に羽田に到着。相変わらずいいね、羽田という建物は(^_^;。

 そしてまた首都高で東京観光をしながら帰る。さしたる目的もなく楽にとりあえず東京観光するのなら、やっぱすいている時間の首都高に限る。夜走ったら夜景がきれいだし。

 で、開けて今回のメイン。JCDAに。場所は東京体育館。ちと不安があったけど、年寄りが動向なので、車で東京体育館へ。首都高下の千駄ヶ谷の駐車場は、けっこう空いていた。


さすが都会の駐車場。カウンタックが置きっぱなしに(^_^;
他にも、懐かしの高級外車がゴロゴロ。


イチョウは、かなりきれいだけど、あと1日2日ってとこかな。

 そして戦士たちは会場へ(^_^;。

 初日の関東大会は、見事3位通過で、翌日の全国大会へ。


試合後、笑顔炸裂。しかし派手だ(^_^;

 残念ながら全国は6位。3位までアメリカの世界大会出場なんだけど、届かず。けっこうよかったと思うんだけどねぇ。やっぱスポーツなんで、基礎練不足かもしれないけど。
 次のチャレンジは、春のミスドリ

| | コメント (3)

2009/11/24

まきちゃんぐ

まきちゃんぐ だいぶライトにライブDEダイブ!!@東京
2009.11.24@DUO MUSIC EXCHANGE A43

 前回に引き続き、またもDuoです。
 もひとつ、ブレイクするのかしないのか、事務所がへたくそなのか、時代がついてきていないのか、イライラさせるまきちゃんぐなんですが、やっぱすごく良い。

 こういう位置にいる人なせいか、客の集まりも良く、「開場時間には半分しか集まっていない法則」は通用せずに、ほぼ番号どおりに入場。で、センター付近の3列目に着席。

 前回とは違い、完全なワンマンなので、満足度はさらに高い。
 ちょっと残念なのは、せっかくドラムとギターがバックなのに、ほぼアコースティックの感じ。さらに劇的なアレンジが出てきてもいいんじゃないかとは思った。

setlist
01 ちぐさ
02 レイン
03 罪の果実
04 さなぎ
05 ハニー
06 9cmのプライド
07 あの丘へ行こう
08 鋼の心
09 鼓動
10 雨と傘と繋いだ手
encore
11 砂の城
12 愛の雫

g.b/関
perc/都丸

 途中、ラジオのファンの人らしい最前列のおっさんが、いろいろなプレゼントを渡したのが激しく興ざめ。係の人が止めてやらないとまきちゃんぐがかわいそうだよ、相手しないわけにもいかないし。

 反省会は、いつもの(最近渋谷円山町付近でのライブ帰りはここが多い)まるやま食堂。渋谷にありながら、中央線の店の雰囲気を醸し出してる(^_^;。

 20:30から22:30まで、客はボクたちだけだったのだけど、大丈夫か?(^_^; まぁ、珍しく人が少ない渋谷ではあったが。

| | コメント (0)

2009/11/23

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

 やっと観てきました。すげー並んで入ったのは、いつ以来だろ。
 ライブのリハーサル記録映像とはいえ、完成したライブというのはフィクションだけど、リハーサル風景は完全なノンフィクション。そのパワーは素晴らしい。
 ビリージーンでリハーサルのテンションで声を出していたマイケルが、最後(もちろん編集なんだけど)スタッフのパワーに乗せられて、フルに近い歌とダンスを披露してしまったりなのは、リアルでプライベートな感じでぐっときた。
 これを観ると、マイケルは、1アーティストで、ただただ音楽に対して自由に生きていたんだろうと、見えた。
 このツアーのもっと初期の段階からのライブの制作風景が見たいかも。映画になっていたのは、ほぼ完成の域に近づいているので、ここまで作り上げるのにどんなふうなトレーニングやプランがあったのか知りたい。

| | コメント (3)

2009/11/10

RICOH GXR

 RICOHが、面白いカメラを出してきましたよ

 マイクロフォーサーズ機よりも一回り小さいのかな。
 まぁ、でも写りには定評のあるGRシリーズだから、いいんだろうねぇ。

 もちろん買えませんが(^_^;。

| | コメント (5)

2009/11/08

森林セラピ−2日目

 というわけで、2日目。緑翠荘は、温泉宿ではなく、風呂はただの大きい風呂だったけど、2回も入った(^_^;。


夜は見えなかったけど、大広間の外は奥多摩らしい風景。

 で、朝食のあとはチェックアウトし、奥多摩湖へ。

 奥多摩湖の周辺を車で走る時によく見かける看板の「山のふるさと村』へ。
 アミラーゼ、血圧を測定のあと、奥多摩湖畔で、ヨガもどきのストレッチ体操(と、インストラクターは言っていた(^_^;)を、なんと40分。こんな長時間やると、ちょっとしたスポーツなので、かなりキツかった人もいるみたいだった。
 

そして、お弁当。

 本日のメイン、「奥多摩湖いこいの路」へ。

 まぁ、奥多摩湖に沿ってちょいと歩くだけなんだけど。一応ガイドつき。

 1時間ほど歩いて東屋で休憩。ガイドは、テレビ番組のコーディネートなんかもしている人で、そば打ちの教室なんかもやっていて、普段はほとんど山のなかにいるって話だった。

 30分ほどの休憩の後、出発地点に戻る。まぁ、ほとんど散歩のレベルなのだった(^_^;。


雪虫も飛ぶ季節


 
 で、再度アミラーゼと血圧を計測して終了。
 まぁ、モニター参加とはいえ(有料だけど格安)、もうひとつ物足りないかも。
 がんばれ奥多摩。

| | コメント (0)

2009/11/07

森林セラピー1日目

 奥多摩町に行ってきた。
 森林セラピーというのを体験するために。

 ●●セラピーとか、なんかの新興宗教か?くらいで、全然信用していないんだけど、まぁ、山を歩いたら気持ちがいいっていうのは知ってる(^^;。自治体がやっているというので、取って食われることもないだろうと、参加してみることにしてみた。
 奥さんの職場にお誘いがきて、お試しで格安で行けるというので、おつきあいすることに。1泊2日で奥多摩って、大昔にキャンプしにいったことがあるくらいか。

 10:30奥多摩駅集合。ガイドさんがお出迎え。

 バスで、登計(とけ)トレイル(セラピーセンター)へ。ここで、新宿からバスで来た人たちと合流。

 森林セラピーは、森林が健康に及ぼす影響を計測しながらメニューをこなしていくので、まず血圧、脈拍、唾液中のアミラーゼを計測。

 で、この施設の裏山をひとまわりしつつ、お弁当(^^;。

 まだまだ工事中の施設だけど、星の観測用とか、バードウオッチング用かな?いろいろ施設を建設中。

 お弁当は、奥多摩弁当という名前のもの。たぶんまだ試作品なのかな?でもそれなりに美味しかったかも。

 その後、いくつかのグループに別れて、奥多摩むかし道へ。旧青梅街道のこの道は、奥多摩駅からちょっと歩いたところを出発点に、小河内ダムの脇まで続いている、のんびりした道。ボクらが歩いたコースとは逆回りだけど、ここに写真がたくさん(^^;。


13:00小中沢から出発

 ただの細い昔の道なんだけど、ちょっとした宿場っぽいところがあったり、色々に見立てた岩があったりの。のんびりとした道。


所々に、こんなふうに名前のついた岩の祠みたいなものがある

廃墟好きにはたまらない。廃線の線路跡。許されるなら、上まで上がって写真を撮りたかった。


13:45 白髭大岩神社。
でかい一枚岩が、川を挟んで対岸の岩と対になっているのだという


なかなか紅葉がきれいな時期なのだった



15:45 小河内ダムに到着

 小河内ダムで、またアミラーゼや血圧を測ってから、マイクロバスでホテル緑翠荘へ。


惜しい!森村ではなく……(^_^;

 夕食のあと、登計トレイルで星の観察会。昼間見た星観察用のベンチに横になり空を眺める…………が、雲が厚くほぼアウト。ガイドの青梅市職員の星ヲタクのひとが、あまりにもヲタクでおもしろかった。自分の車の中をプラネタリウムに改造していたり、空の話よりも、自分の機材の話が中心だったり(^_^;。

| | コメント (0)

2009/11/01

山を歩く11─大菩薩峠

 今年は紅葉のシーズンに何度も山にいます。こんなことは初めてですねぇ。いつもは紅葉を狙って行って、当たったり外れたりですから。
 山に登ると、下がだめでも上が紅葉だったり、上が終わっていても下が絶好調だったりと、紅葉ってのは、登りながら眺めると当たり外れがないのだというのを、今さら知ったのでした。

 んで、なぜかまた大菩薩です。前に行った時は春。今度は秋。贅沢です(^_^;。

 ですが今回、ホントは奥多摩三山のひとつ、御前山に行こうと思っていたのでした。
 向かうは奥多摩周遊の月夜見第二駐車場。ですが、8:30過ぎに到着した都民の森のゲートのところで誤算。

 何とこの時期、冬時間でまだゲートが開いていなかった(^_^;。
 しばし駐車場で待つ間に「天気もいいし、もうひとっ走りして山向うの大菩薩峠にリベンジに行ってもいいんじゃない?(一緒に行った相棒は、春の大菩薩に行けていなかったのだ)」ってハナシに。
 とりあえずゲートが開いて、月夜見第二駐車場に行き、次回御前山に登る時の確認。


ここはギャリーコーナーと言って、モナコのローズヘアピンだっけ?
あそこみたいに、コーナーの進入から出口までしっかり見渡せる、ライダーの見せ場のポイントらしい

 で、一路大菩薩へ。


前回と同じ第2駐車場

 駐車場出発が11:00。前回と同じく、時計回りにコースを取る。

 福ちゃん荘通過、11:20。間違ってもここでは何も食わない(^_^;。


 
 なぜか途中ヘバッて多めの休憩を取るも、12:25雷岩到着。
 一度来ているので、なめてかかって、スタート時大股で歩きすぎたかも。なんだかんだ言っても頂上は2000mを超えているのだから。深く反省し、大菩薩嶺には相棒ひとりで行ってもらった。ボクは大休憩(^_^;。


超逆行だけど、富士山を含む風景は、薄墨の世界である。

 スタートが遅かったので、どんどん進む。でも尾根道はず〜〜〜っと富士山が見えていて相変わらず素晴しい風景。誰でも一度はここに来るべきだと、今回も思った。登山の入門編としては、高尾山なんかよりもずっとお勧め。


昔はここが大菩薩峠だったというさいの河原。
風邪の通り道で事故が多く、峠ポイントは今の一まで移動したらしい。

 13:30、大菩薩峠で、お約束の記念撮影。

 そしてこちらは、ホントは今日行くはずだった奥多摩湖湖畔の奥多摩三山。左から三頭山、御前山、大岳山。三頭山と大岳山は、既に攻略済み。


えーっと、たぶん一番奥ではなくその手前の右寄りのギザギザ

 ここから東京サイドに降りると小菅村や丹波山村に行き着くらしい。

 一回りで下山して、さっさと帰る。交通場は相変わらず中央道の渋滞を告げているので、迷わず来た道(青梅街道)を戻る。

 途中の丹波山村の道沿いは、紅葉がちょうどピークできれいだった。

 奥多摩湖を通過し、数馬の湯で一息。奥多摩界隈の立寄湯もけっこう行ったなぁ。
 夜はすっかり雨降り。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »