« サーキットdeうんどう会3 秋のうんどう会@ヒーローしのい | トップページ | 森林セラピー1日目 »

2009/11/01

山を歩く11─大菩薩峠

 今年は紅葉のシーズンに何度も山にいます。こんなことは初めてですねぇ。いつもは紅葉を狙って行って、当たったり外れたりですから。
 山に登ると、下がだめでも上が紅葉だったり、上が終わっていても下が絶好調だったりと、紅葉ってのは、登りながら眺めると当たり外れがないのだというのを、今さら知ったのでした。

 んで、なぜかまた大菩薩です。前に行った時は春。今度は秋。贅沢です(^_^;。

 ですが今回、ホントは奥多摩三山のひとつ、御前山に行こうと思っていたのでした。
 向かうは奥多摩周遊の月夜見第二駐車場。ですが、8:30過ぎに到着した都民の森のゲートのところで誤算。

 何とこの時期、冬時間でまだゲートが開いていなかった(^_^;。
 しばし駐車場で待つ間に「天気もいいし、もうひとっ走りして山向うの大菩薩峠にリベンジに行ってもいいんじゃない?(一緒に行った相棒は、春の大菩薩に行けていなかったのだ)」ってハナシに。
 とりあえずゲートが開いて、月夜見第二駐車場に行き、次回御前山に登る時の確認。


ここはギャリーコーナーと言って、モナコのローズヘアピンだっけ?
あそこみたいに、コーナーの進入から出口までしっかり見渡せる、ライダーの見せ場のポイントらしい

 で、一路大菩薩へ。


前回と同じ第2駐車場

 駐車場出発が11:00。前回と同じく、時計回りにコースを取る。

 福ちゃん荘通過、11:20。間違ってもここでは何も食わない(^_^;。


 
 なぜか途中ヘバッて多めの休憩を取るも、12:25雷岩到着。
 一度来ているので、なめてかかって、スタート時大股で歩きすぎたかも。なんだかんだ言っても頂上は2000mを超えているのだから。深く反省し、大菩薩嶺には相棒ひとりで行ってもらった。ボクは大休憩(^_^;。


超逆行だけど、富士山を含む風景は、薄墨の世界である。

 スタートが遅かったので、どんどん進む。でも尾根道はず〜〜〜っと富士山が見えていて相変わらず素晴しい風景。誰でも一度はここに来るべきだと、今回も思った。登山の入門編としては、高尾山なんかよりもずっとお勧め。


昔はここが大菩薩峠だったというさいの河原。
風邪の通り道で事故が多く、峠ポイントは今の一まで移動したらしい。

 13:30、大菩薩峠で、お約束の記念撮影。

 そしてこちらは、ホントは今日行くはずだった奥多摩湖湖畔の奥多摩三山。左から三頭山、御前山、大岳山。三頭山と大岳山は、既に攻略済み。


えーっと、たぶん一番奥ではなくその手前の右寄りのギザギザ

 ここから東京サイドに降りると小菅村や丹波山村に行き着くらしい。

 一回りで下山して、さっさと帰る。交通場は相変わらず中央道の渋滞を告げているので、迷わず来た道(青梅街道)を戻る。

 途中の丹波山村の道沿いは、紅葉がちょうどピークできれいだった。

 奥多摩湖を通過し、数馬の湯で一息。奥多摩界隈の立寄湯もけっこう行ったなぁ。
 夜はすっかり雨降り。

|

« サーキットdeうんどう会3 秋のうんどう会@ヒーローしのい | トップページ | 森林セラピー1日目 »

アウトドア」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。