« サインボード | トップページ | SPEED »

2009/10/10

山を歩く10─尾瀬

 10月10日は、結婚記念日なのだった。厳密に言えば、結婚披露宴記念日だけど(^^;。同じ日が結婚記念日なのがのもとくんである。

 元は体育の日だったのが体育の日は月曜に移動してしまって、ここが3連休になる。なので、(たぶん)紅葉であろう、尾瀬行きを計画した。尾瀬といっても、目的は至仏山。あくまでも山がないとね(^^;。

 さて、今回の山行は1泊の計画。テーマは、長時間(初日2日目とも5時間以上歩く)の計画なので、途中食事をするため、バーナーやカップ麺ようの水を持つ。富士山以外の山小屋に泊まる。秋冬の衣類やスパッツも持つ。という感じ。
 テント泊での山行はきつそうだから、おそらくこの先もやらないだろうけど、山小屋泊での山行は、最近のきれいな山小屋だと普通に泊まって、翌日以降も普通に歩けそうな気がするので、高い山に登る時には、外せないかもしれないので、その体験。でも、富士山みたいな山小屋だといやだ(^_^;。

 まぁ、そんなこんなでいつものように5時には関越上にいるべき……と、思っていたのに、気がついたら出発が5時。うぅむ、これはヤバいかも……、と思ったが、なんとか普通に流れていて、沼田I.C.を降り、戸倉の駐車場に着いたのが8:30。道はすいていても、やっぱり駐車場はいっぱい。でも偶然入れた(^_^;。


 バスかと思っていたら、乗り合いタクシー(バスもタクシーも同じ900円)で30分で鳩待峠へ。
 


朝から月が出ているが、これは東の空。
この写真、拡大すると、鳥がたくさん飛んでいた

 9:30出発。ほとんどの人はこの看板を左に、至仏山の方へ向かい、湿原に入る。ボクらは、看板の右手奥のトイレの脇からアヤメ平方面に向かう。


前々日までの台風で、道は落ち葉に覆われていて、よく滑る

 フラットな木道を歩くのは、やはり楽である。


これが明日登る予定の至仏山

 今日のピークの中原山1968m。11:30。


三等三角点

 このちょい先にアヤメ平があるのだけど、その直前で、ちょっとしたアクシデントがあり、12:00、尾瀬ケ原湿原経由山の鼻小屋宿泊をあきらめ、富士見峠小屋の方から下山することに。


木道は滑るのだ。転んで手をついたのだった

 そしてアヤメ平、1969m。


快晴だった空も、怪しくなってきた 

 途中、白樺の紅葉のパッチワークを見ながら富士見小屋へ。


富士見小屋

 富士見峠小屋のご主人は、骨折の添え木をストックではなくタオルを巻いた段ボールに替えてくれた。そして、緊急用にキネシオテープで巻いていたのを、テーピングのテープを持った方がいいというアドバイスもくれた。あとは、冷湿布もあった方がいいと思った。持っていたのは、ちょっと冷たくなるパックのタオルだけだった。冷却スプレーでもいいけど、ちょっと嵩張るしな。


こんな感じで、二人分のザック。
思ったよりも重くない

 上の方は、既に紅葉は散っていたけど、下山道はイマイチ中途半端な感じとはいえ、紅葉なのだった。天気は、変に崩れだし、降ったり晴れたり。

 2時間弱かけて、下山し、バスで戸倉駐車場に戻るつもりだったけど、雨の中30分待たなくてはいけないところ、同じペースで歩いていた団体のマイクロバスに乗せてもらえることに。非常に助かる。感謝しつつ快晴の戸倉駐車場へ。駐車場では、大気中のタクシーの運転手さんたちが、消防に電話してくれ、休日担当の病院を探してくれた。U字工事なみの訛りバリバリで(ここは群馬だけど、「だっぺや」(^_^;)で、教えてもらった病院へ直行。非常に親切な人ばかりで、ホント助かった。

 帰ってからのボクはといえば、早速コンパクトなシングルバーナーを漁っているのだった。やっぱsnow peakかな?(^_^;

|

« サインボード | トップページ | SPEED »

アウトドア」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。