« 北アルプス その2 蓮華温泉 | トップページ | 北アルプス オマケ 八方〜唐松岳の植物 »

2009/09/22

北アルプス その3 山を歩く9─唐松岳

 さて、ついに北アルプスに挑戦。
 今日は6時起き。たくさんの朝ご飯を食べて、大町の美麻を7:30に出発。(連日朝ご飯食い過ぎで、体が重い(^_^; なんたって普段は朝バナナ1本の生活だから)
 昨日までとは打って変わって、厚い雲が垂れ込める北アルプス。

 目指すは、唐松岳。8:30、八方スキ−場からゴンドラとリフト2コを乗り継いで歩き始める。

 ホワイトアウトで、不安一杯。

 9:00、リフトの終点、八方池山荘出発。

 紅葉が始まっていてすごくきれいなのだが、基本的に雲海の中と上を行ったり来たりしながら登る感じ。


八方池山荘が雲の中にぽっかりと浮かんで見える


9:40石神井ケルン


さらに紅葉は深くなる


9:50第二ケルンの直前にトイレがある。
ここから先は、唐松山荘までトイレはないので、必ずここを利用した方がよいみたい


9:55第二ケルン。ここが八方山の山頂になるのかな?


10:00顔みたいな八方ケルン2035m

 10:15。そしてついに八方池2060m。

 さすがにポスター並みの美しさだね。もうちょい晴れていれば、向かいの不帰の嶮や白馬三山の写り込みが美しいんだろうなぁ。サンショウウオとかもいるらしい。
 八方池まではハイヒールでも行けそうな(まぁ無理だけど(^_^;)木道だったが(ボクらは、木道じゃない方の道が近かったのでそっちを歩いたけど)、ここからが本番。注意しないと滑落してしまうような登山道。唐松へ向かう。


我々初心者はかなり緊張しつつ、
岩に書かれた○×のペイントを見落とさないように歩く。
×の方に行くと危険が大きいんだな


さらにさらに紅葉は深まる。いや、すげぇや

 11:24扇ノ雪渓に到着。


そんなに寒いところではないけど、万年雪


さらに緊張するトラバースが続く

 11:45丸山ケルンに到着して、あと少しで唐松岳なんだけど、雲が行く手を遮り先が読めない。

 様子を見つつゆっくり先へ進むが、雲が動かないし、帰りのゴンドラの時間も迫ってきたので、唐松岳はあきらめて下山することに。
 まぁ、次回はもう少し早く登り始める山行計画を立てることにしよう。


丸山直前の地点。
落ちそうなわけではないけど、両サイドはかなり切り立ってはいる(^_^;

 というわけで、またも、ピーク直前で勇気ある撤退ってやつ(^_^;。残念、12:10下山。


登りとはちょっとだけ違う道で降りたので、
八方池ケルンも通った。2086m


雲がかなり上がってしまったのか、下界はよく見えてきた


朝はホワイトアウトしていたけど、
リフトの乗り継ぎのあたりは、きれいな黒菱平湿原だったのだ

 さて、帰京である。その前に温泉。前日にも冷やかしで通ったけど、飯森十朗の湯。
 

まぁ、普通(^_^;。またスキーででも来ましょう

 その後、初日のそばや三郷でざるそばを食って(うまい!あっさりめ)、美麻珈琲のステキな風景を堪能しつつ岐路を考える。

 今回の収穫は、北アルプスに魅せられた、というのもあるけど、泊まった美麻キッチンガーデンと、この美麻珈琲のオーナーたちの生き方の魅力も大きかった。どちらも、農業と絡んで生活があるというところもいろいろと考えさせられた部分。そして、それは一つの職業だけで生活を成り立たせているのではなく、複合的に絡み合っているというのも今を映している。
 美麻珈琲の出来上がるまでのblogとか面白いよ。藁の家なんだ(^_^;。

 てなわけで高速道路だ。
 シルバーウィーク最終日の1日前。たぶん最高潮に渋滞なんだろうなぁと思いつつながのICから上信越道に乗る。予想どおり関越の花園から上信越の軽井沢あたりまで60kmくらいの渋滞。とりあえずすいている間はガンガン飛ばして、渋滞のケツにつく。渋滞を少し進み吉井で下道へ。川越街道を基本に進みつつ関越の渋滞が切れればまた戻ろうという作戦。
 やっぱり下道はガラガラ。みんな1000円払って高速にいる人ばかりのようだ。スイスイと川越街道を進み、小川で再度乗る。今度は渋滞の頭を越えているので、そのままスムーズに帰りつく。結局、ちょっと渋滞の中にいた時間と下道を走ったロスは、1時間くらいだった。渋滞しているのは高速だけのようである(^_^;。
 民主が政権を取ったので、順次高速は無料化して行くようだけど、どうだろうねぇ。無料じゃなくてもいいんじゃないの?週末と休日は2000円くらいにして、平日は無料とかさ。ちょっとは渋滞が緩和したり、税金の足しになったりするんじゃない?(^_^;とか。

|

« 北アルプス その2 蓮華温泉 | トップページ | 北アルプス オマケ 八方〜唐松岳の植物 »

アウトドア」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。