« 月 | トップページ | PENTAXリモコンiアプリ »

2009/07/08

三脚

 昨日月を撮っていたときの三脚は、去年の富士登山用に買ったコンパクトなVelbonのULTRA LUXi M


Velbon ULTRA LUXi M+QHD-41

 この三脚、雲台(PHD-41Q)が気に入って買ったのだけど、持って歩くには重すぎた。そこで、山用に軽量化しようと思い、一脚用にしている自由雲台(QHD-41)に変えてみた。これは軽くてよい。330gも軽くなる。元々が全体で1260gなので、1kgを切ることになる。


Velbon ULTRA LUXi M+PHD-41Q

 でも、重いレンズになると、角度をキープできないので、SIGMA170-500を使った時には、元の雲台に戻した。
 それでも、しっかり閉め込まないと、レンズはお辞儀をしてしまう。

 で、もう1コの三脚登場。ULTRA LUXi Mを買う以前にヤフオクで入手したモノ。
 ULTRA LUXi Mは、アルミのパイプ(24mmφ)だけど、こいつはちょっと細めではあるものの、カーボン(27mmφ)。SLIK CARBON 813 EX


SLIK CARBON 813 EX

 さすがに大柄(ULTRA LUXi Mの最大高が1385mm、最縮長が345mmに対して、SLIK CARBON 813 EXの最大高は1705mm最縮長が665mm)で雲台もデカイだけあって、レンズのお辞儀も少ない。でも、こんなデカイのは、持って歩くのは大変(^_^;。なので、今は家のベランダ専用になっている(もちろん出しっぱなしなわけではない(^_^;)。

 ULTRA LUXi Mの方なんだけど、小さい自由雲台だと、持ち運びにはいいんだけど、やっぱり使い勝手が悪いので、1本アームだけど、クイックシューもついているPHD-31Qをちょっと検討中。
 だったら、最初からULTRA MAXi Mを買えば安上がりだったんじゃん。とは思ってもまぁ、しょうがない(^_^;。

 携帯性と操作性と剛性。たぶん先人たちは、今でも試行錯誤しているんでしょうね。
 カメラに電子水準器が内蔵されて、電気的に微調整が可能なら(それはたぶんK-7なのだが(^_^;)、三脚のアームもなくてもいいのかな。

|

« 月 | トップページ | PENTAXリモコンiアプリ »

写真」カテゴリの記事

コメント

三脚に軽さ求めるなら金払ってカーボン!

じゃなきゃ体力つける!

投稿: OYAKATA | 2009/07/08 22:54

コンパクトでカーボンがいいんだけど、金はない。体力もない(^_^;。

投稿: × | 2009/07/09 00:56

OYAKATAさんが、「体力」と、言っているが、確かにデカイ三脚を担いで山を登るプロの姿は、かっこいいよね(^_^;。

投稿: × | 2009/07/09 15:07

この記事へのコメントは終了しました。

« 月 | トップページ | PENTAXリモコンiアプリ »