« 面白そうなドラマ、アニメ(たぶん追記しまくり(^^;) | トップページ | 虹 »

2009/07/26

山を歩く5─大岳山

 どうも天候が不安定な日々が続く。予定では25日、金時山に登るはずだったけど、前日までのあまりの荒天に中止。でも翌日は確実に晴れそうだったので、どこか近場で登りたいと、奥多摩の大岳山に登ることにした。

 自宅を5:40くらいに出て、八王子で一人合流、8:00に御岳登山鉄道の滝本駅到着、御岳山駅まで上がる。

 鉄な人じゃなくても萌える、いいかんじの鉄道(^_^;。
 斜度20゚を、一直線にぐいぐい登っていく。ついつい写真も進む(^_^)


上下線の行き違いのポイント。ケーブルでつながっているんだよね(^_^;

 8:15標高828mの御岳山駅到着。

 8:20出発。「講」の人々の集う信仰の山らしく、鳥居をくぐってしばらく歩くと、古くて趣のある宿坊が並ぶ。茅葺きの屋根は草ボーボーだったりして歴史を感じる。


彼方に見えるのが、御嶽神社の神社町(?)


御嶽神社。いやぁ、青い空に映えるねぇ(^_^;

 8:40。神社の脇の道から登り始めるとしばらくは緩やかな山道が続く。

 が、ひとつ急カーブを曲がり、九十九折りがはじまったかと思ったあたりから岩が多くなり、滑りやすくなる。所々に滑落防止の鎖が岩に打ち込まれていたりする。
 9:35芥場峠通過。

 10:15大岳山荘に到着。今は閉鎖されているようで、コンクリートで固めた展望台も崩落のおそれあり、侵入禁止。
 ただ、これまたプチ廃墟マニアとしては、ちょっと崩れ足りないけど、写真撮りまくりであった。


展望台と銘打ってあるだけあって絶景なんだけど、
崩れられちゃぁたまらん(^_^;


ここには立派なトイレもあるけど、男子の小便所がただの壁だったので、
大はおそらくボットンでしょう

 大岳山荘の向かいには大岳神社。
 本殿だけかと思ったら、裏にお社がもう一つ。きれいなような、寂れまくっているような……。

 10:25もうすっかり頂上はすぐかと思い、休憩していたけど、出発。しかし、そこからがけっこうきつかった。
 大岳神社脇の道にはゴツゴツした岩がたくさん現れ、片手にカメラを持っていられず両手を使って登らないと危ない感じになってきた。
 道も急で、何とかかんとか登頂。気温が高いのもあっただろうけどけっこうバテた(^_^)

 しかし、頂上では噂どおり富士山が雲の切れ目から顔をだした。やっぱ、これがあるとないとでは大違い。
 10:45大岳山登頂。

 富士山をど真ん中に奥多摩南部から丹沢の山並みが美しい。
 どうも最後の急坂でレンズが汗で曇ってしまったようで、集合写真にソフトフォーカスがかかっている(^_^;。

 11:20下山開始。登りの時にはどうなることかと思った頂上下の斜面だったけど、下りは比較的楽で、滑らないように気をつけていればよかった。
 12:10芥場峠通過。

 で、やはり、登りの時は楽だった最初の緩やかな道がだらだらとだるかった。

 13:20御岳山駅到着。ふたたび登山電車で下る。朝はガラガラだったのに、この時間は超満員。

 昼飯は宿坊かな?と、思っていたのだけど、食事だけは受けてくれないところが多く、受けてくれそうなところもちと高そうなのでパスし、先に温泉に向かう。まぁやっぱ風呂入ってからメシという方が落ち着くのではある。

 つるつる温泉。内風呂は確かにつるつるしていいかんじだけど、露天風呂は洋風風呂ということのようだけど、ジャグジーっていうよりもちょっと大きめのたらいみたいであった。イマイチ(^_^)

 とりあえず、登山ブームで事故もクローズアップされることが多い昨今、無事に帰って来たのであった。次は再来週(^_^;。

|

« 面白そうなドラマ、アニメ(たぶん追記しまくり(^^;) | トップページ | 虹 »

アウトドア」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。