« OLYMPUS PEN | トップページ | モテギ北ショート@3 »

2009/06/20

山を歩く4─馬頭刈山

 さて、拝島駅近郊福生在住のメンバー、こいでくん企画の馬頭刈山(まずかりやま)。
 今回は、総勢6人の予定だったのだが、ウチの奥さんが行けなく、地元参加予定だったひかりさんもだめになって、かたこりくんを加えた4人。

 いつものように8:00くらいに武蔵五日市駅集合で、今回はバスで15分ほど行った「軍道」バス停から、8:50に出発。

 またもいつもどおりごく普通の生活路から登り始める。しかし今日は、すぐに比較的急な斜面になった。
 これがけっこう続き、予想外に疲労困憊。

 気温は、25℃くらいで涼しい風も吹いている森林の登山道だったけど、斜面がきつかった。


これは現在の高明神社。軍道登り口からすぐのところに移築されている


これが行きの最初の目印、温泉への分岐ポイント

 9:53。帰りに瀬音の湯の方に降りるための分岐ポイントに到着。ここまで約1時間。ここから瀬音の湯まで1.9kmって書いてある。

 なぜか途中いくつもの神社を通過し、高明神社跡地へ、これの本殿は、出発点あたりに移築されているので、ここは跡地。
 旧高明神社の鳥居が9:55、跡地が10:20着。

 10:45。やっとこさ、第1のピーク、高明山。なんと素っ気ない山頂(^^;、798m。

 ここ2回は非常に調子が良く、「オレも、山男になってしまたのかなぁ……」などとうそぶいていたのが、まったくの思い違いだということに気がつかされる、本日のバテ具合(^^;。数年前の富士登山以来、久しぶりにトレッキングシューズを履いたかたこりくんとともに、かなりヒーヒー。

 さらにちょっとした尾根(って感じではなく森の中のアップダウンを2カ所ほどある)を歩いて、11:10。馬頭刈山山頂到着。884m。

 全然登山客がいないのだけど、途中同じおばさんに何度もあったり、山頂には、箸を忘れたおじさんがいたりして、ちょっとヘンな感じ(^^;。


木が多いので、展望もこの程度。雨こそ降っていなかったが、梅雨の晴れ間くらいだし

 さてお待ちかね、今回のネイチャーフォト(^^;……誰も待ってないって……


沢蟹、湿度の高さを物語る苔、紫陽花の季節ね、かわいいヘビイチゴがそこここにたくさんなっていた。それと、いかにも毒でございっていうキノコ

 11:35下山開始。
 温泉への分岐まで、来た道を戻る。登りは、1時間20分くらいだった。下りはやはり早く、45分くらいで、分岐までたどり着いた。12:20。もう、温泉とビールのことしか考えていないっていうか、それが元気の元(^^;。
 さて、ここから1.9kmで温泉だ。軍道バス停から馬頭刈山山頂までたぶん3kmくらいなので、じつは、ここから温泉までは、まだけっこうある。ただ、降りている時には、もうすぐそこが温泉のような気になっていたので、ここからが長かった。

 ここの山道は、柔らかめで比較的歩きやすいと思っていたのだが、じつは、落ち葉などが浮いていて、けっこうスリッピー。今回も2人が3回ずつ尻餅をついていた。カメラを持って歩いているので、ヒヤヒヤもんである。ステッキがあっても滑るときは滑る。

 13:00滑る道をやっとのことで降りて、ついに人工の建造物が見えてきた。


こりゃもう、温泉の人が造った橋でしょよ。温泉はすぐそこであろう

 しかし甘かった。ここからさらに、車道をショートカットする感じではあるが、またもアップダウンの小さい尾根を歩かされ、やっと瀬音の湯についたのが、13:20。

 

 ここは、新しくて、今風のきれいな気持ちのいい温泉だ。日帰りがメインだけど、宿泊用のコテージもある。


ビールと梅紫蘇そば。ロビーには、なぜか自遊人が置いてあったり(^^;

 15:00すぎに、バスで、武蔵五日市に戻る。バスは、1時間に1本程度しかないので注意。

 ピカチュウの万歩計は、22000歩を記録していたので、まぁバテてもしょうがないか、って感じではある(^^;。

|

« OLYMPUS PEN | トップページ | モテギ北ショート@3 »

アウトドア」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。