« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/30

スラムドッグ$ミリオネア

 いやはや、これ「スラムドッグ・アンド・ミリオネア」って、ずっと読んでましたが、真ん中に入っているの&じゃなくて$なのね。テレビで番組やっていたときも「クイズ$ミリオネア」だったんだね(^^;。

 なんの日でもないけど、府中に行く用があったので、朝早く出てついでに10時の回を観てきました(って、もうその回しかやっていないのだな、終了なのね)。まぁ、夫婦50割引なので、1000円だけど(^^;。

 うん、アカデミー賞をたくさん取っているだけあって、テンポもよく、わかりやすく、飽きさせない展開で、面白かったよ。
 運命の糸が複雑に絡み合っていく様が、クイズ番組と相まって、おーっと唸らせるような展開がたくさん。
 オチやどんでん返しは無く、最後にボリウッド的ダンスがあるけど、途中は、インド人しか出ていないのに、まったく違和感無くのめり込めた。

 帰りがけに昼飯を食おう(そんな時間なのだ(^^;)ってんで、新小金井ラーメン街道のつばきで食す。

 相変わらずボリューミーなつばき。普通サイズのネギチャーシューだけど、やっと食べきる感じ(^^;。
 駐車場もできていて、少しは安心して食べていられるようになっていた。

 そうそう、高校生3人割引(正式名称は違う(^^;)は6月いっぱいで終了なのね。

| | コメント (0)

2009/05/29

魚料理2種

 先々週作った時の写真です。これ、なんでしょう?
 カップケーキじゃないです。

 マグロのしっぽのところですね。たぶんマグロのセリをする時にしっぽのところだけ切り落として、断面で身の様子を見るでしょ。あの切り落とした部分なんじゃないかな。近所の魚屋に売っていたので、買ってみました。1コ200円のを2コ。なんか珍しので、みんな手にとってみるんだけど、買ったのはボクくらいだったかも(^^;。
 料理は何かって?
 まぁ、塩焼き。ただの塩焼き。でもさすがマグロ、ちょっと醤油をたらして、大根おろしで。うまかったなぁ。骨もすごかったけど(^^;。

 これは、昨日の夕食。
 深海魚?なのかな。「赤舌平目」って書いて売っていた。
 舌平目って、あのムニエルにする舌平目は、なんかぬめっとしてほんとに動物の舌みたいな形なんだけど、コイツはけっこう魚な顔をしている。

 アァそうなんです、魚のアラとかよく買います。特に安くて大きいのが好き。マグロのアタマの半身とか大好物(^^;。
 最近はカマもけっこうちゃんとした料理になっちゃって高いけど、アラはまだまだ捨て値で売られます。
 ウチの女子高生が、デカイ魚の目ん玉が大好きなので、こんなアタマも平気で買ってこれます(^^;。
 んで、ボクがこのアタマの裏側をホジホジしながらきれいに食べつくすのが大好きときたもんだ(^^;。

 コイツは、煮魚にしました。
 まぁ、だいたいですよ、醤油とみりん1対1。あと砂糖と酒を少々かな。
 落としぶたでコトコト煮込むだけなので、超簡単。

| | コメント (4)

2009/05/28

トレッキングストック

 山を歩くのに、やっぱあった方がいいみたいで、歩いている人、みんな持ってるし。
 シューズ、ザック、ストック、グラブ、ハットが必需品なのかな。

 ボクはなんちゃって登山を目指しているので、普段使っているウエストバックのデカいヤツみたいのを斜め掛けにして、中身はカメラのレンズとちょっとしたお菓子だけだったりして、ステッキは持たずにできるだけがんばりたい。

 でもね、ストックには興味はあって、あちこち安いのを探したのだけど、みんな3000円くらいする(まぁ十分安いけど(^^;)。
 そこへきてお得意のヤフオクで新品で、なんと2本セット1280円+送料1500円。と、きたもんだ。
 どうも出品者は中国人のようで、書いてある日本語は怪しいのだけど、まぁあまりに安いのでダメもとで買ってみた。やり取りも計算違いはしているし、コメントの返事は遅いしで、超不安(^^;。
 それでも無事ブツは届いた。
 まぁクッションもちゃんと効いているし、いつ壊れるかはさておき、色もまぁまぁきれいな赤だし(安物は、一番上だけに色がかけてあり、伸ばした下のポールは、アルミむき出しのも多いのだ)、それなりの物のふうをしてはいる。

 とりあえずウチの奥さんの私物に(^^;。

| | コメント (0)

2009/05/27

栗本薫

 ガンだったんだ……。

 そうかぁ、、、、、、100巻で完結の予定が、まだ終わってなかったんだよね、グイン・サーガ。ボクは本編で39巻、外伝は9巻までしか、まだ読んでいなかったけど、最近NHKBSで、アニメ化されて、めちゃめちゃ懐かしくて、また読み始めようかな、なんて思っていたところだった。
 未完で終わるのかなぁ。。。。。。。まぁ、それもいいのかもしれないけど。

 昔、栗本が「グイン・サーガ」を書き始めた頃、半村良が「妖星伝」っていう、やっぱり100巻宣言をして書き始めたSF伝記物があったけど、あれも未完で死んじゃったんだよな。

| | コメント (0)

2009/05/26

生キャラメル

 娘の誕生祝に、北海道の実家から送られてきました。
 デパートでも、時間制限があるものの、売られるようになったんだそうな。「ハスカップ」だの「ホワイトチョコ」だのあるんですねぇ。。。。。。。
 プレーンがやっぱうまいですよ。

| | コメント (0)

2009/05/25

テラステン滝山

 ウチの近所に、赤い壁の一角がある。
 「テラステン滝山」。そんな名前のテラスハウスの一群。滝山団地のすぐ近く、まるで団地に対向するように赤い壁が立ち並んでいる。

 間口方向から見ると、普通の2階建てのアパートみたい。年代は、昭和40年代くらいかなぁ、もう少し新しいかなぁ、そんな感じ。

 赤い壁で仕切られている部分の中に時折路地もある。その向こうにも赤い壁。

 妙に気になる、ちょっとだけレトロフューチャーなデザインなのです。

| | コメント (2)

2009/05/24

盾SHIELD

 図書館に山歩きの本を返しに行ったら目についたので借りてきた。村上龍(文)はまのゆか(絵)の、幼なじみで仲良しだったコジマとキジマの物語。

 子どもでも大人で読める童話の棚にあったのだけど、中学生くらい向けかなぁ。小学生高学年でもわかる子はわかるかな。
 二人の人生をそれぞれ追いかける。人の心の中には、デリケートで大切な部分があり、それを守るためのシールドという物も存在する。シールドは、本人や、本人に関係する状況に応じて形を変えていく。
 二人は、幸不幸織り交ぜながら人生を生きていくのだけど、まぁ自分をしっかり見つめた方がいいよ。まわりに流されてばかりじゃ、たどり着く先は見えないのだよ。って話かな。
 流されることを信条として生きているボクはどうなる(^^;。まぁ、自らいろんな流れに身を投じてはいるのだけどさ。自分が源流にはならないという……(^^;。

 これを読み切るのに10日くらいかかっている。。。。。。。。もう、本を読む速度がゼロに近い(^^;。

| | コメント (0)

2009/05/22

畑のうた

 テレビ大好きなんで、あいかわらずドラマやアニメを中心に録画しつつ見ているんだけど、ここんとこ日曜昼11:00-11:25テレビ東京の「畑のうた」がおもしろい。
 最初は、上野樹里が案内役だってんで見始めたんだけど、いろんな農業への関わりを紹介して楽しいんだなあ。
 シンプルなテーマってつい引き込まれる。それが興味のあることだと、なおさら。
 普段料理に使う食材を自分で作ってみたいかもって思う。

 なんて思っていたら、今月発売の自遊人は、野菜特集で、デザインは大変だったけど、楽しかった(^_^)。

 「畑のうた」は、テーマ曲がwyolicaで、ナレーションがwyolicaのヴォーカルのAzumiだったりして、それもまた素晴しいポイントなのだな(^_^;。

 あぁ、自給自足に興味がありあり〜〜〜な、今日この頃(^^;。

| | コメント (0)

2009/05/21

K-7

 来たよ来たよ!PENTAX K-7。う〜ん。K-mよりはちょっと大きいけどK20Dよりは小さい。ボクの持っている*istDSよりちょこっとだけ大きい。んで、今風の機能満載で、防塵防滴だし、連射も5枚/秒である。
 カタチもなかなかのもので、単3電池駆動じゃないのがちょっと嫌だけど、まぁしょうがない。発表会に行ってみるべきだろうか……。分割払いでも買った方がいいのかなぁ。。。ここいらで年貢を納める?いやしかし、これから先、シゴトの状況を考えると、分割を払えなくなったりするかもしれんしなぁ。。。。
 たぶんでも、かなりいいと思う。。。。

| | コメント (7)

2009/05/20

AdobeDsignSummit2009

 AdobeCS4の発売騒動から少し経ち、ボクの使うInDesignのバージョンは、あいかわらずCSとCS3。
 CSでずっと作ってきたデータ。月刊誌は、一部全く同じフォーマットをCS3で作り変えて対応し、隔月刊の方は、CS4で年内くらいを目標に、InCopyとの併用でやってみようということになっている。(存続していれば、ではあるが)
 そしてもう2冊毎年更新のデータカタログのようなもの。これもCSで作ってあるのをCS3で更新しようとしたのだけれど、文中でshift+returnすると文字がズレてしまうのを解消できずにCSのまま今年の更新がはじまってしまった。500ページくらいあるので、無い知恵を色々絞ったけど、時間の無い中で、移行は危険と判断したのだった。まぁ、ローテクで作ってあるので、CSだろうがCS3だろうが作業に大差はない。自分のマシンの環境をさっさとCS3だけにしてシンプルになりたいだけなのかも(^^;。でもCS3の方がちょこちょこ便利なのは事実。

 まぁ、そんなボクのInDesignライフ。またも無料のセミナーに参加して来た。
 Adobe Design Summit 2009のTips編。「グッド・デザインで不況をぶっ飛ばせ」っていう、ちょっと意味不明のタイトル(^^;。
 イラレ、フォトショときてYUJIさんのInDesignそして、トークセッション。
 YUJIさん以外の人は、なんかよくわからなかったなぁ。一番疲れたのは、最後のトークセッション。全然不況をグッド・デザインでぶっ飛ばす話じゃないじゃん。祖父江慎さんとかのデザインヲタ話とかの方がずっと活力になったのに(^^;。

 まぁ、Adobe的なテーマとしては、6月いっぱいで、アップグレードキャンペーンが終わっちゃって、アップグレード料金が高くなるから、急いで買ってね。ってことだったみたいね。そういや、まだInDesignとPhotoshopのCS4へのアップグレード版を買ってなかった。単品の値段も変わっちゃうのかな?

 今回のお土産は、表裏両方から使えるCS4メモ帳と、いつものCS4体験版。

 んでもって、反省会。えっと、がぶってお店。つい最近までスペイン料理屋だったみたい。でも魚がうまかった。
 あ、それよか野菜がうまかったんだった。最近、野菜の注目度が高いなぁ(^^;。

 どれも、うまいんだな、このサラダボウル。特に注目だったのが、最近話題になっている「アイス・プラント」が、これに入っていたこと。

 これ、肉厚な葉っぱで瑞々しく。まるで海ぶどうみたいにジュワッと塩味がするんだな。不思議な野菜。

 というわけで、野菜で締まったのだった(^^;。

| | コメント (0)

2009/05/17

天使と悪魔

 気になる映画が続けざまに公開される今日このごろ。
 久しぶりに歌舞伎町で観てきた。歌舞伎町の映画館もどんどん数が減り、残っているところも老朽化が進んで、昼間見ると、なんだか寂しい町並みだねぇ。

 で「天使と悪魔」は、予告編どおりの面白さだった。久しぶりに、途中に無駄なラブシーンなどはさまずに、一直線のアクションと謎解き、そしてどんでん返し。インディジョーンズを彷彿とさせる言ってしまうと、誉め過ぎかな(^_^)
 まぁ、前作とは全く関係ないので誰が観ても楽しめそう。基本、観光地巡りサスペンスだけどね(^_^;。
 バチカン行ってみたいねぇ。

| | コメント (2)

2009/05/16

NSF100@モテギ北ショート2

 先月のシェイクダウンに続いて、ナナレイ号。2回目のサーキット走行。

 今回からは、ライダーが増えて4人体制。
 テクニックや経験の差があるけど、ちょっとしたマシンのセッティングの変化で、みるみるタイムが変わるのが面白かった。
 作業は、スプロケットの交換がメインで、最初はスゲーでかいのを後ろにつけ、すぐ吹け上がっちゃうよ〜というリアクションのもと、もうちょい前後の差を小さくして、みんなタイムがアップ(^_^;。

 まぁ、一番激しく成長したのは、やっぱバイク歴の浅い人(^_^)

 ひやかし班のボクのカメラ技術は、あいわらずなんだけどね。
 記念写真は、今回もバッチリ!決まったかな?(^_^;

 帰りは四季彩館で温泉に入って笠間でうどんを食って帰った。うどんはうまかったけど、昼抜きで食った先月ほど感動はしなかったかも〜(^_^)


でも、めっちゃチェーン店らしい(^_^;

| | コメント (0)

2009/05/15

28-300

 最近巷で話題のTAMRONの28-300mm

 ついおふざけでヤフオクに入札したら、落札してしまいまして……。速攻でやって来ました。

 ん?なんかちと違うような……。なんか古っぽいし……。

 そうなんです。これ落札価格8750円(安っ!(^_^;)。……旧型なんですね(185D)。
 今のは、手ぶれ補正が内蔵されているし、素材やレンズ構成も見直されているのです。
 とはいえ、f値は現行機種(A20とか、A061とか)と同じ1:3.5-6.3。立派な屋外用、運動会・山歩きレンズですよ(^_^;。
 元々PENTAXは、レンズ内手ぶれ補正は関係ないし、大きさもほとんど同じなのでいいかと。
 しかし、来るまでわからないこともありました。古いレンズなので、なかなかwebで情報が拾えなくて、落札の方が先にきちゃったのだけど、実はこのレンズ、現行機種よりも200gも重い。
 まぁ、今まで便利に使っていたSIGMAの70-300に比べると、それほど重いわけではないし、長さが短くて撮れる範囲が格段に広いんだから、今は、とりあえず納得。

 月も撮ってみました。(……すまん、トリミングした。補正もかけてもーた(^_^;)

 そうそうこのレンズ。古いからなのか、どっか衝撃が加わっているのか、絞りリングのAボタン(PENTAX用は、自動のカメラ対応にそういうボタンがついてるのだ。ほかのメーカーのことは知らん(^_^;)が、押されっぱなしになっていて、Aポジションに入らなくなっていたのだ。まぁいいかな?と、思ったけど、やっぱ不便なので、レンズの後ろのマウントアダプタ部分の金属プレートのネジをちょいちょいと4個外して裏を開け、ちょっとカチャカチャやってみたら直った(^_^;。ラッキーであった。
 それから、フードが付属品としてあるはずなのだけど、紛失したのか、ナシになっていたのだった。まぁ、フードあまり使わない派だからいいんだけど、たまには欲しくなるかもね。サイズが合えばつくのかな?同じメーカーなら。花形のを一応捜してみるかな。パンケーキじゃないから、これくらいのサイズになると、花形フードとかついてた方がかっこいいかもね(^_^;。


(追記)マウントのところのネジを外して後、なんだか調子が悪くなってしまった。撮影後、胴を縮めようとしても完全に縮みきらないのだ。無理矢理勢いをつけるとちゃんとなるときもあるので、力一杯やっていたら、なんか、中でカラカラいうようになっちゃった(^_^;。で、結局しっかり縮みきらない。
 ぬ〜〜、再度裏を開けて振ってみると、小さいバネが1コ落ちてきた。それをたぶんここであろうと思われるところにセットし、もう一度組み上げたら、今度はファインダーをのぞいてもスッゲー暗いの。
 またまた開けて、今度は、マウントのところにあるレバー、絞りの羽を動かすやつかな?をカチャカチャやって再度組んだら、元に戻りました。しっかり縮むし、ファインダーをのぞいても明るい。
 決定的には何もクリアしていないけど、何となくみんな正常になったので、めでたし(^_^;。

| | コメント (2)

2009/05/10

Perfume@代々木体育館

 原宿駅前のスポーツショップICI系のOSHIMAN'S
 普段のアウトドアグッズの買い物は、新宿SRCとか好日山荘とかなんだけど、この原宿OSHIMAN'Sは、それらに比べると格段に品揃えがオシャレ(^^;。冬には、地下がバックカントリー専門になっちゃってたのにはビックリ。それがまたいい品揃えなんだなぁ。
 でも店頭のバーゲンのワゴンが、全然バーゲンしていないのが残念(^^;。

 まぁ、そんなこたぁさておき。。。。。。。。

Perfume「ディスコ!ディスコ!ディスコ!」
2009.05.10@国立代々木第一体育館 1階北D13-10

 去年の武道館に続き、まだまだ昇っている最中のPerfumeのライブに行った。場所は、国立代々木第一体育館。


ん?だれ?(^^;

 武道館は、知り合いの友人から、余ったチケットを購入して行ったのだけど、その後我慢できずにファンクラブに入ってしまったので、今回は、ファンクラブ枠でのチケット購入。
 いやしかし、バンド関係の機材がないライブの割には、全体の仕掛けがシンプル(もっとお金がかけられるんじゃない?人件費が少ないんだから。っていう意味ね(^^;)なので、アリーナの座席数の多いこと、多いこと。
 原宿駅から席につくまで、一直線で行ったのに、15分くらいかかったのもうなづける(^^;。


なんかすごいぞ

 コスプレがたくさんいたり、ファンクラブ限定Tシャツ率がめちゃ高かったり、物販のタオル率もすごかったり、サイリウムもけっこうたくさん焚かれていたりするのは、やはり、アキバ系アイドルなんだな、と、再認識させられた。なんか、ヘンな感じで、客の振りが揃っているのもその片鱗だよな。客オリジナルの振りをする連中が、会場のけっこうな数を占めるのは、コワイ(^^;。
 ともあれ、マワリストとかは、もうすでに死滅したのかな?変なところで、異様にかけ声をかける程度に終わってはいるものの、もっと女子がPerfumeと同じ振りをして踊りまくるライブかと思ったら、ちと違った(^^;。

 まぁ、ライブは楽しいのだ。知ってる曲ばかりだし、完全に打ち込み録音再生なので、音は素晴らしい。驚いたのは、バックとサイドにスクリーンが配置されているのだけど、それさえもが、しっかりとシンクロしているのだ。バンドライブだと、音はあっていても、映像にはどうしても若干のずれがある。たぶん全てデジタルで管理しているからなのかな?あの広い会場なのに、ズレがないのは、デジタルだからということだけではないんじゃないかな。とにかく感心した。

 途中、あーちゃんの、現状に疑問を持っているふうなMCがあって、え?って感じにもなったけど(キャンデーズみたいに「普通の大学生に戻ります」とか言うのかと、一瞬思った。オッサンは(^^;)おおむね滞りなくかわいらしく完結。

 夏には、全国ツアーをやるみたいだけど、とりあえず、これで満足かも。
 武道館のときは、最後までテンション高かったけど、今回は、時折飽きて来ている自分を見つけちゃったりしたもんなぁ。
 あーでも、まだちょっと生のっちには未練があるかなぁ。。。。。。。戸田市文化会館って、小さいんだよなぁ。。。。。。(^^;

setlist
01 ワンルーム・ディスコ
02 ポリリズム
03 シークレットシークレット
04 edge
05 コンピューターシティ
06 plastic smile
07 マカロニ
08 love the world
09 SEVENTH HEAVEN
10 NIGHT FLIGHT
11 YoYoGi DISCO MIX
Baby cruising Love → GAME → Twinkle Snow Powery Snow → コンピュータードライビング → おいしいレシピ → リニアモーターガール → セラミックガール → スウィートドーナッツ
18 Dream Fighter
19 パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
20 ジェニーはご機嫌ななめ
21 チョコレイト・ディスコ
22 Puppy love
encore
23 Perfume
24 願い

 反省会は、ウチの娘さんたちと一緒に(今回は、ウチの娘2人も参加だったのだ(^^;)、渋谷の酉十郎で。時間が20:00くらいと早かったので、渋谷の街はまだ混んでいたけど、ここは偶然仕切られた部屋をゲット。まぁそこで、色々鶏を食って反省(^^;。

 さぁて、なんとなくメジャーライブもそろそろリピートしたくなるような企画も少なくなり、今年はなんと、ここで途切れている。
 これからは、やっぱインディ−ズ系の発掘(って、別に自分じゃぁ発掘するわけではなく、どっかのBlogとかから情報を得るんだけど(^^;)を中心に行くかなぁ。メジャーちょい前っていうのが美味しいんだけどね。ストリートをいちいちチェックするパワーはないしなぁ。

| | コメント (0)

2009/05/08

美女たち……?

 美女応援美女採点…………うぅむ。。。。この画像たちはどうなっているんだろうか?大丈夫なの?
実にいろんな女の子が出てくるけど、いろんな権利関係は?(^_^;
 まぁ、微妙に楽しいのではあるけど(^_^;

| | コメント (0)

マッキー@3年ぶり

Noriyuki Makihara Long Distance Delivery tour 2009
2009.05.07@東京国際フォーラムホールA 2-9-50

 色々バタバタしているのだけど、半年も前から、槇原敬之を観る会で決まっていたので、雨の中国際フォーラムへ。


いつもの風景

 なんとも3年ぶりのツアーなんだそうな。前に観たのは3年前かぁ。同じ国際フォーラムだったな。メンバー各人、いろいろと変化があったようである。とはいえ、ボク以外は、かなりの若者なのでどんどんいろんなものを切り開いている話を聞いた。

 あ、マッキーであるが、今回は、「ロング・ディスタンス・デリバリー」っつーことで、音楽と言葉を届けるツアーというテーマだった。特に言葉だな。
 歌う時に後のスクリーンに歌詞をいろんな映像スタイルで流していた。久しぶりに、深く歌詞について考えつつ聞いたのだった。
 最近の槇原敬之の歌は、ちょっと説教臭いし、テレビなどで見かける交友関係のせいか、ちょっとどっかに行き過ぎている気もしていたのだけど、あらためて歌詞を集中して聞いてみると、玉置浩二を思い出したよ。自分との対話なんだろうなぁ。それも、かなり堂々巡りの。リスナーに対しての応援歌っぽい捉え方をされる歌が多いけど、じつは、自分自身との対話の果てに生まれて来るメッセージのような気がする。けっこう辛そう。

 歌声とサウンドは、いつもどおりに素晴らしく、ちょっとはしゃぎすぎかな?と、思えるくらいに明るく素晴らしいものであった。
 前の時には、曲間に全てMCがあるんじゃなかろうかってくらいにハナシが長く、ハナシを聞きに来てんだか、歌を聴きに来てんだか?って印象だったのだけど、今回は、前半こそ長めのMCもあったけど、休憩(笑)を挟んで後半は、普通にどんどんと歌い続けてくれて、それでも優に3時間であった(^^;。

 ところで、バックに流れていたVJの中の歌詞のフォントで何度か出てきた手描き風のフォントを、どこかで見たことがある気がして、探しているんだけど見つからない。。。。。。。。。もしかして映画の字幕に使われているフォントかな?とも思ったんだけど違うようだ。

 こんなふうな特徴のあるフォントだったのだけどどこかで見た気がするんだよなぁ、、、、、、、なんだっけなぁ。。。。。。。。

(追記)で、コメント欄にも書いたんだけど、発見しました。「ニューシネマB-D」記憶の端にあったんですね、この独特な文字デザイン。

 VJもほぼ全曲についていたので、確定したセットリストだったけど、サプライズは、6曲目の「 Chocolats et Sweets」の時に、クレモンティーヌさんっていうフランシ人が出て来た。ボクは、全然知らなかった(アルバムにも、なんの表記もない)んだけど、なんかこの曲をクレモンティーヌさんに提供したんだってね。ジャズとかボサノバとかっていうのはマッキーからは、あまりイメージできないんだけど、まぁ、そういうことらしい(^^;。

 もうひとつサプライズは、アンコールの最後に、弾き語りで「君は僕の宝物」をやったこと。コイツは、古い女性ファンにはグッときたみたいね(^^;。

setlist
01 Dance with me.
02 幸せはタイヤを穿いてやってくる
04 君の後ろ姿
05 PLEASURE
06 Chocolats et Sweets
07 素直
08 Love was sleeping.
brake
09 Orange Colored Sky
10 Hey・・・
11 LOTUS IN THE DIRT
12 つま先立ちで(笑)
13 GREEN DAYS
14 僕の今いる夜は
15 世界に一つだけの花
16 Firefly〜僕は生きていく
17 Taking The Central Course
18 Anywhere
encore
19 Circle of Rainbow
20 The Average Man Keeps Walking.
21 君は僕の宝物

Key:松本圭司
cyn,g:Tomi Yo
perc:大石真理恵
ds:屋敷豪太
b:有賀啓雄
g:秋山浩徳
g:石成正人

 反省会は、すぐ近くの焼き鳥やで。なんだかラッキーにも、個室がもらえちゃった。
 短い時間で、話は尽きなかったなぁ。なんたって3年ぶり(中の1人だけだけど)だからねぇ。危うく終電を逃しそうに(^^;。

| | コメント (2)

2009/05/04

山を歩く2─丸山、日向山

 さて、第2回目は、奥武蔵、西武鉄道秩父線の正丸トンネルを抜けてすぐ、芦ケ久保駅から直接行ける丸山を目指してみた。ガイドブックでは行き約2時間のコース。GWなので、車に乗らなくても行ける場所というので、決めてみた。
 芦ケ久保駅→芦ケ久保大観音→琴平神社→日向山→県民の森分岐→丸山→果樹園分園分岐→いろりの宿ふる里→芦ケ久保駅


09:00芦ケ久保駅出発


ほとんどがこんな整備された道。


日向山あたりまでは、基本的に農村の果樹園の脇を歩くことになる。


日向山までは、こんな道標がある。上に乗っかっている鳥がみな同じなのがちょっと残念(^^;


こんなのも(^^;


10:00琴平神社(写真は載せていないけど、これの20分ほど前に芦ケ久保大観音は通過済)


10:00白髭神社の脇に動物が下界に降りてこないように(?)こんな手動ゲートがある


時折急な木道の階段や上り坂あり


果樹園沿いの道には高圧線(?)が巡らせてあるので注意だね


10:20日向山頂

 ここまでは、比較的楽に裏山の道〜って感じののんびりしたハイキング気分


11:40県民の森分岐

 この県民の森分岐までが、ちょっと急な坂が多くて辛かったかな。小学生の団体にも抜かれたし(^^;。ここから県民の森の方に降りると、たぶんかなり整備された自然レクリエーション施設が展開されているのだろう。行かなかったけど。


12:00丸山山頂

 県民の森分岐からはちょっと遠くに見えた山頂も、歩けば、すぐだった。一度激しく下るので、どうなることかと思ったけど(^^;。
 靄に霞む、ラピュタの城ならぬ、コンクリート製のでかい山頂展望台。


登頂記念


フジ(だよね?)、ミミガタテンナンショウ(耳形天南星)、ツツジ(でしょ?)、ヤマザクラ2種(微妙に葉っぱが違うんだ)

 下りは、ちょっとショートカットして、県民の森駐車場に降り、そこから車道を通って果樹園分岐まで、約15分で到着。そこから温泉に向かうため、果樹園の内側の道を下ったのだけど、ここが、結構なつづら折れで、なかなか着かなかった。


登りの時には散っていなかった山桜も、下りでは散っていた場所


13:00果樹園分岐


13:50民宿いろりの宿ふる里


ホントに“ちょっとした”岩風呂気分(^^;

 ビールは、秩父の地ビール、宿のおばちゃんに勧められるままに、刺身豆腐蒟蒻、筍・ゼンマイ・かぼちゃの煮たの、キユウリの一夜漬け、ゆずの大根巻の酢の物、麦とろご飯など…………一気に消費したカロリーを取り戻した(^^;。
 

実に農村です。やり手の宿のおばちゃんは、ここでは目立つ人だろうなぁ(^^;

 さらに駅まで20分ほど歩いて、たぶん芝桜見物だったのであろう人のたくさん乗った西部秩父線に乗り込む。


16:00芦ケ久保駅

| | コメント (4)

2009/05/02

大塚愛@ZeppTokyo

 大塚愛ファンだけど、部活のためにライブに行けない娘にカレーを作り置きして、出かける。シゴトもうっちゃってるなぁ。まぁしょうがない。帰ってからまたがんばろう(^^;。

大塚愛 LOVE LETTER Tour 2009〜チャンネル決して愛ちゃん寝る!〜
2009.05.02@ZeppTokyo 2F立見A-11


毎度、観覧車。
そういえば大塚愛の曲に「360°」というのがあって
“♪〜観覧車、メリーゴウラウンド〜♪”っての(^^;


ちょっとグッズが高いなぁ。
Tシャツ4500円、タオル(やや大判とはいえ)2500円は、ちょっとねぇ。
チケットも2階の立ち見で6500円は、どう?>avex

 などとちょっと文句を言いつつ、でも2年ぶりの大塚愛。踊りまくる小太りな男子たちは、そろそろ少なくなっているかなぁ?なんていう期待も込めて来てみた。前回は、「愛Best」のときだったんだなぁ。
 初めてのZeppTokyoの2階席の後の立ち見。普段はここは関係者席になっていることが多くて、入れないのだ。
 入場は、女子限定エリアから(!)素晴らしい。そんなことを始めていたんだ。いつもでかい男たちに押しまくられて前が見えない女子はかわいそうだよなぁ。。。と、女子並みに背の低いボクは思っていたんだ。まぁ、今回のボクらは、最後方でののんびりした観戦なので上から覗き込む。
 オールスタンディングの1階は、かなりぎゅうぎゅう詰めで、大変そう。でも女子エリアは確保されているのね。始まってすぐも、人の移動はほとんど見られなかったので、エリアからの移動は禁じられていたんだな。

 事前の下調べで他の公演のセットリストは入手していたんだけど、なかなかノリノリの曲が多そうだなぁ、、、と、思ったら、いきなりロックロックな感じで押しまくって来た。
 こういうのって、ホントは大塚愛とは違うんじゃないの?と、思いつつも引き込まれる。パフォーマンスもかなりうまくなっているよねぇ。年季か(^^;。
 とにかくほとんどが、本格的っぽくヘヴィーのロックなアレンジ。面白かったのは、こんなにロックロックしてくると、サイリウムを持っているような一部のお友達たちは、このノリについて来れないのね(^^;。
 ステージのセットもあまりなく、照明も地味目で音で勝負したるぞって感じの大塚愛は、白のジョンレのンのイラストが胸に刺繍されたTシャツに市松模様のピッチリしたパンツとベージュの編み上げのブーツ。頭がデカい(^^;。
 とにかくシンプルに心がけたんだろうね。途中やたらデカイ拡声器(HappyDays)が出て来たり、メンバーのパート入れ替え企画の「プリントクラブ」なんかでもヘヴィーな演出で、終わってみれば、けっこう面白かったかも。でも、やっぱ大塚愛の歌詞って、普通のお嬢さんなんだよねぇ。ほとんど。

setlist
01 LIFE-LOVE CiRCLE
02 CHU-LIP
03 チケット
04 帰り道
05 甘い気持ちまるかじり
06 H2O
07 ONE×TIME
08 君フェチ
09 バイバイ
10 360°
11 ド☆ポジティブ
12 ポンポン
13 Happy Days
14 ロケットスニーカー
15 愛
encore
16 黒毛和牛上塩タン焼680円
17 さくらんぼ
18 プリントクラブ
19 未来タクシー
20 フレンズ

g:藤井謙二
g:友森昭一
ds:松本淳
b:山口寛雄
key:小牟田聡(チャーリー)


反省会は、東京テレポート駅横のバーミヤン。
ビーナスフォート一番奥のレストランスペースもいいんだけど、遠くてね。
それにGWだから避けておいた。バーミヤン安っ(^^;

 帰り際に、忌野清志郎の訃報を知る。。。。。。。。。なんだよ、、、まだ生で聴かせてもらってないのに……

| | コメント (0)

2009/05/01

レイン・フォール/雨の牙

 久々に覚えていた映画の日。部活のオフが重なるという奇遇に恵まれた高校生と、シゴトの合間を縫って劇場に行った。
 「レイン・フォール/雨の牙」。ホントは、「レッドクリフ2」を観たいかなぁ、と、思い、前日に予習したんだけど、高校生が付いて来れず、シイナキッペイのエイガに落ち着いた。
 出だしはなかなかのハードボイルド。でも途中中だるみが入ってから以降は、だれたまま‥‥、で終了してしまった。パンフレットも買わずにさっさとひきあげる。まぁ、☆2コ。
 「ヤッターマン」の方がよかったかなぁ。。。。。。これまた高校生は付いて来れず。。。。。桜井くんだけでは引っ張れないようだ(^^;。

 いつも手当たり次第リーフレットをもらって来るんだけど、これは面白そうかな、トキカケの監督。

 これも観たいなぁ、伊坂原作+斉藤音楽+多部ちゃん。ただ「アヒルと鴨のコインロッカー」があまり面白くなかったのが心配……(^^;。

| | コメント (4)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »