« 秋の富士山 | トップページ | RICOH imagio MP C2200 SPF »

2008/11/02

太鼓の集い

 恒例、東久留米市民文化祭 太鼓と踊りの集い。
 ウチの奥さんが参加している太鼓チーム「楽鼓」が毎年出るイベント。

 楽鼓は、もう20年近いキャリアのあるグループで、プロに指導してもらったりしているので、他のチームとはやはりワンランク年期が違うっていうか、音が強い。
 なんだかんだ言っても、太鼓の魅力は、強い音が腹に響くことが必要なんだと思う。
 おばちゃんばかりなので、なかなか強い音が出なかったのだけど、最近は、ずい分安定して強い音が出ている気がする。
 難しい桶太鼓の今風のオリジナル曲は、無難にこなしていたけど、十八番ともいえる「秩父屋台囃子」がガタガタだったのは、ご愛嬌(^^;。

 さてこの催し、毎年ゲストを呼ぶのだけど、今年は、小金井の「目黒流貫井囃子保存会」。

 最初は、さすが上手だけどまぁ祭り囃子なんだね、と思っていたら、獅子舞のあと、面をつけた踊り子が現れ、中には子どももいて(あとで面を取ったら、みんなすごく若くてびっくり(^^;)、これが客席にも降りて来たりして、かなり楽しい。

 さらには、ちょっと怖い感じのキツネの面も出て来てびっくり。これがまた口が細かく動いたりしてすごいのだ。

 とにかく面の表情も素晴らしいし、楽しいのだ。一度、本拠地に行って観なくちゃだ。

|

« 秋の富士山 | トップページ | RICOH imagio MP C2200 SPF »

ライブ、音楽、アイドル」カテゴリの記事

過ぎ行く日々」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。