« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/28

SPRAY雪山に行こうぜイベント

 先日書いた、「SPRAYバックカントリーミーティング 今年こそ! 今年も! 雪山へ行こうぜ!ナイト」に行って来たわけなんだが、2、30人くらいがやっと集まって、寒々とした感じでやるのかと思っていたのだけど、どうしてどうして、100人くらい参加で、満員御礼。
 詳しい内容は、自遊人のblogに書かれているけど、国際山岳ガイドの近藤謙司氏の「雪山に入る時にリスクを減らすためのものの考え方や、日本の山の気候や地図の見方」、新潟大学大学院で雪氷学の研究もしている山岳ガイドの永井拓三氏の「雪の話、雪崩の話、イカの話」など、講座はなかなか興味深く、あっという間の2時間であった。


お土産にもらったステッカー
(非常に残念ながら誤植アリなので、マジックで塗りつぶした(^^;)と、
新しい自遊人。

 東京での2回目は12.16同じ会場なので、たぶんまたも行ってしまう。講師陣が違う人らしいのだ。
 ちょっと残念なのは、終了後に、近所でメシを食いたくても、ほとんど何もない場所だってこと。しょうがないのでラクーアの中のよくわからん軽食屋でビールとともにちょいと食ったが、あっという間に閉店であった(^^;。

| | コメント (0)

2008/11/27

笹川美和、品川の協会で歌う

笹川美和 "Thanks To Be Here"
2008.11.27@キリスト品川協会グローリアチャペル B19

 グローリアチャペル。いろんなミュージシャンがやっているんだけど、席数が少ないので(たぶん500くらいかな)、今まで当たったことがなかった。
 今回は、しわせなことに笹川美和のアコースティックで2列目。


教会は、天井が高くて気持ちいい

 パイプオルガンで始まった今回のライブ。楽曲はもちろんイメージにピッタリなんだけど、例のごとくの笹川美和のキャラクターは、しっちゃかめっちゃか(^_^)。
 でも、やっぱそのへんがめっちゃ楽しい。

 パイプオルガンと、ピアのを交互に弾きこなす林さんもすごかったけど、ジャジーなアレンジがまた新鮮だった。イントロが始まってから歌になるまで、これなんだっけ?っていうのが多かった。

 ところで、いつもどおりのゆる〜い感じのワンピースだったんだけど、足下がいつもならぺったんこの靴なのに、ヒールのブーツだった。もしかして7曲目にステージから2段下がったところに立って、オフマイクで歌った「光とは」が、少しでも後の人から観やすいようにという配慮だったのかな。


ゲットしたものたち

 新潟大学のイメージソング「耳をすませば」が付録についている新潟の地方情報誌「niigata」を買った。まぁ、東京でもそこここにおいてあるよねクーポン付き雑誌。地方では、こういう本の販売が成り立っているのか。っていうか、こういう本しか成り立たないのかな。でも、オールカラーで表紙なんかグロスとエンボスの厚塗りニス(バーコ?)が全面にかけてあってビックリ。金がかかっているのだが、情報誌なので中は基本的にほぼ全部広告。レイアウトもきれいなんだけど、まぁそれだけなんだなぁ。。。。。しょうがないけど。

setlist
01 黄黒
02 蜂蜜
03 雪雲
04 金木犀
05 太陽
06 笑
07 光とは(オフマイク)
08 氷砂糖
09 朧月夜
10 街生まれ、田舎生まれ
11 ニセアカシア
12 耳をすませば
13 Thanks To Be Here
encore
14 ただただ
15 約束

key:林有三

 反省会は、品川駅前の鶏焼きやで。まぁ、普通に美味しかったけど、さすがは品川駅前。新幹線タイムに合わせてあるのだろうか、けっこう早い店じまいであった。

 次回は、4.19の赤坂ブリッツ。ここもなかなか縁がなくて行ったことのないハコである。楽しみ(^^;。

| | コメント (0)

2008/11/24

10年目の忘年会

 ネット場での出会いで始まった遊び仲間の忘年会。
 なんと10年目である。
 ボクがNiftyに入会したのが、1995年9月2日。印刷やDTPの会議室に顔をだすようになったのが12月1日。(ちなみに、人生初パソコンであるMacintosh IIcxを中古で入手したのが前年1994年7月5日)
 で、色々遊び始めて、今に至るって感じ。
 ネットとは言っても、世間で問題視されているようなヴァーチャルなものではなく、インターネットを介したコミュニケーションが中心ではあるものの(時間と距離を一気に超越してくれるからね)、あくまでもリアルな付き合いのみを好しとする遊び友達だ。


自分が写ってるってことは、他の人が撮った写真。【親方】撮

 最近極度に景気が悪いけど、もっと仕事して、もっと遊ばないとだなぁ。。。。。。

 久しぶりに盛り上がりすぎ、記憶も飛び、終電を逃して朝帰りをした夜であった。

| | コメント (0)

2008/11/23

SPRAY

 そういえば、自遊人別冊のバックカントリー特集「SPRAY」の今シーズン版が発売になっていました。

 今回も、気持ち良さそうな雪山の写真満載で、特集は、自遊人編集部のご近所の、「かぐら」。

 んで、今回は、バックカントリーの魅力を広めて行こうという壮大な企画「SPRAYバックカントリーミーティング 今年こそ! 今年も! 雪山へ行こうぜ!ナイト」が開催される模様。
 ボクもちょっと興味があるので、とりあえず参加してこようかと思ってます。
 東京は、文京区シビックセンターで、11月28日(金)19:00〜21:00と12月16日(火)19:00〜21:00の予定らしい。ボクはとりあえず、今週末の28日の回に行ってこようかなと。
 誰かご一緒しませんか?オフピステの世界がどんなもんか、、、、、それに挑戦するかどうか。。。。。その入口を、ちょっとのぞきに……(^^;。


| | コメント (0)

2008/11/21

榊いずみ育休終了(^^;

Wonderful Life
2008.11.21@Shibuya O-Crest B5
 
 橘いずみ改め榊いずみママ(^^;。出産後初のワンマンライブ。
 長い長い階段を上る、O-Crestで。


すげーよ、B2ポスターを作っていた。

 相変わらずパワフルなんだけど、娘のマリアちゃんを連れて来ていたせいか、カリスマ的オーラはちょびっと減ってたかも。吸い取られた?(^^;

 いやしかし陣取った場所が(最近多いんだけど)最前列ながら、PAの真ん前。ちょっと不安ではあったけど、予想的中。ドラムやベースのボンボンガンガン来る音は意外と全身で受け流せるんだけど、ボーカルのある周波数の音が、時折鼓膜を突き抜けて脳に突き刺さり、もうちょいで意識が遠のきそうに……(^^;。

 まーでも、いずみさんですよ。不適な笑顔は健在。
 また、ライブよろしく!

setlist
01 Hello Hell
02 永遠のパズル
03 3040
04 アオの空
05 銀河
06 アドバイス
07 空になりたい
08 バースディキャンドル
09 祈りのレシピ
10 まばたき
11 ホクロ
12 LDK
13 いつかは
14 Wonderful Life
15 Family Tree
encore
16 足跡
17 TOUGH
18 サルの歌

ds:末藤健二
b:隅倉弘至
g:佐藤ワタル

 んで、反省会は、飲み会やらライブが連チャンなので、軽く近所のラーメン屋で塩豚骨とか食って(これがけっこううまかった(^^;。なんていう店だっけ?)、渋谷駅の井之頭線方面の連絡路に設置されたという、岡本太郎の「明日の神話」を観に。


柱がじゃまで、なかなか全景をうまく撮りきれない(なんて文句を言ってはいけない(^^;)

 すごい。
 「太陽の塔」と同時代に制作されたものなので、同じような匂い、でもあっちは明るい生、こっちは這い上がるような生が描かれている。
 しかし、あつらえたように、この連絡路の壁にはまっているし、逆側の通路は観覧席のようだ。
 廃棄されずに発見されて、本当に良かったよ。

| | コメント (0)

2008/11/20

花実_あたらしいうたをうたおう

hanami Live at MANDA-LA2 vol.VII
あたらしいうたをうたおう
2008.11.20@MANDA-LA2
 
 えーっと、今年は花実ちゃんライブが多かった。3回目?
 ついにCDも発売したし、全国(?(^^;)ツアーまでやってのけたんだもんなぁ。(まぁ、応援団ではあるけど、追っかけではないので、ボクが行くのは東京の行ける範囲のライブだけ(^^;)


今回のサイト予約のオマケはハンカチ

 ここMANDA-LA2でのライブは、もう7回目なのかぁ。ボクが来ているだけでも、たぶん5回目かな。そろそろ手狭になって来ているのかも。今年は、アルバムの発売もあって、かなり精力的に活動したから、来年は、ワンランクアップかなぁ。
 まぁプロデューサーの思惑次第でしょうが(^^;。

 今回はタイトルどおり、アルバムには入っていない曲をたくさんやってくれました。
 ともあれ、最初の方はアルバム前に何度か聴いている曲で、懐かしい感じ。途中宮田まことさんという、HIRATSUKA ARS NOVAでジョイントした(らしいです(^^;)、ギターとボーカルの人がゲストで登場したり、パーカッションのピースケさんが、大正琴みたいなオートハープっていう楽器を披露したりと、ライブイベントとしての幅が広がって来ている感じ。

setlist
01 Journey into Dawn Blue
02 toki
03 砂の上を行く
04 人魚
05 化石の海(オートハープと)
06 僕らの風景
07 ポケットにライカ
08 空中モクバ
09 百年の旅人(+g:宮田まこと
海のある町で(宮田まことソロ)
10 冬のオオカミ(新曲)
11 リトル・レトロ・トラム(新曲)
12 空と水
13 Days(新曲)
encore
14 プロメッサ
15 Your Birthday Song

key,vin:ツルノリヒロ
g:永島広
perc:山本"P"恭久

 帰りがけに、せっかくカメラにポーズを決めてくれたのに、オートフォーカスが間に合わず、こんなふうに……、ごめん。。。。。。。。

| | コメント (0)

2008/11/16

YUI_MY SHORT STORIES

 発売日よりかなり遅れての入手だけど、YUIのカップリングベストですね。

 おまけのDVDが素晴らしく。ツアーのライブ映像に、ツアーで各地に行った時に密かにやったストリートの様子も入っている。
 街を歩いていて、いきなりホンモノのYUIが歌うのに遭遇したらびっくりだよね。
 そんなコーフンが、ビシビシ伝わって来るような、いいライブDVDなのでした(^^;。

 写真に写っている青いフィギュアは、ファンクラブから送られて来た、継続記念のグッズ。(ちょっと自慢で載せてみました(^^;)

| | コメント (0)

2008/11/15

Chara@JCB Hall

Chara Tour 2008「honey」
2008.11.15@JCB Hall 第1バルコニ−4-22

 久しぶりのChara。前に行った時には、なんか声が出ていなくて、ステージもあまりに女王様だったので、どうかなぁ、、、と、思っていたのだけど、今回のは、しっかり声も出ていたし、パフォーマンスもさすが、と、思わせるものがあった。
 でもMCの端々に、何かバックボーンが不安定なのかな?と、思わせるような発言がポロポロ。
 まぁ、そんなことはさておき、かなりよかったので、満足。「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」をやってくれたのにはびっくり。もう生では聞けない曲だと思っていたからねぇ。
 そうだよ、岩井俊二+小林武史+Chara。最強だったんだよな。
 あぁ、なんだかんだと、もう何年もコバタケに引きずり回されているんだなぁ。オラは。

setlist
01 call me
02 マーマレード
03 Junior Sweet
04 世界
05 青いかけら
06 そして、僕が届かない
07 kiss
08 ミルク
09 Tiny Tiny Tiny
10 HAPPY TOY
11 愛を憶える
12 TROPHY
13 Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜
14 月と甘い涙
15 MAHA
16 甘い辛い
17 泣きだしそう
encore
18 ラブラドール
19 やさしい気持ち

河村“カースケ”智康(Dr)
高桑圭(b)
名越由貴夫(g)
藤田顕(g)
加藤哉子(cho)
山崎透(key)
権藤知彦(key,tp)

 もしかして〜〜〜、と、思いながらメンバー紹介でびっくりしたのが、桃の未琴改め平岡恵子のダンナ名越由貴夫(Salyuのバックもやってる)がギターだったし、平岡恵子の元相方(トリマトリシカの)加藤哉子が、コーラスだったのだった。このメンバー紹介で、一気にテンションが上がったワタクシでした。ゴメン(^^;。(ちなみに、河村さんとか名越さんとかは、椎名林檎の初期メンバーでもある)

 反省会は、Hall2階の居酒屋で。。。。。。。。(^^;

| | コメント (0)

2008/11/12

Takibi Masters in Saiko 2009

 例の、いつもの、春秋のおじさんキャンプです。11.10〜12またも平日(^^;。
 初日は、仕事がなかなか片付かず、結局家を出たのが夕方6時くらい。まぁ一人なんで、気楽なもんで、すでに荷物を積み込んであったクルマは、快調に国立府中から河口湖ICまで約2時間。
 いつものスーパーBellで食材を買い込んだんだけど、レジで、レジ袋が有料になっていると知らされガクゼン。買い物袋はクルマに持って来ていたけど、油断して店内に持ち込まなかった。ここ数年、レジ袋不要で生きているので、1枚5円の袋代は、かなりの敗北感……(^^;。


おなじみ西湖自由キャンプ場

 まぁ、何とか到着するも、まだまだ慣れない、自慢のSnowPeakのテント設営。Colemanだと、5分くらいで建っているんだけど、ちょっと不定形なSnowPeakは、結局30分くらい格闘してしまった。次は行けそうだけど……、いや、わかんねぇな(^^;。

 しかし、とりあえずビールで乾杯しつつも、残ったシゴトをこなさないといけないという。。。。。。
 んで、FOMAで送信しようとするも、なかなかやっぱ重くてだめだなぁ。
 結局、翌日どこか公共の場所で送ることにして、宴会(^^;。

 翌日は、朝飯を食ってから、公共の施設で電波(無線LANね)を探す。
 道の駅、河口湖町役場(かなりきれいなのだ)などに行ってみるも、どこにもなく、途方に暮れる。。。。。。
 もうすっかり光の生活に慣れた身には、ケータイの386kは厳しいので、何とか、電波漏れでもいいから探したいのだった。


先日のドライブよりは、かなりきれいな紅葉。
まぁ終わってるんだけど(^^;

 で、もうこれは山梨から参加しているマツキさんの家に行ってちょっと接続させてもらうしかないか……、と、思いながら、ダメもとで、PowerBookを抱えて、キャンプ場前の道を歩いてみたら(!)
 拾った(^^;。うぅむ、灯台もと暗しなのだった。。。。。。。

 まぁ、そんなこんなで、またも夜は更け、モリモトさんの「見える」ハナシと寒さで縮み上がりながらも無事終了(^^;。


今回のサイト。風よけのために変則的な位置に設営。
ドームタープが、驚異的な威力(^^;

| | コメント (0)

2008/11/09

東久留米市民祭

 元々「商業祭」と言われていて、滝山公園で開催されていたのだけど、なんか色々あったらしく、数年前から西武池袋線の東久留米駅から東久留米市役所までの道を歩行者天国にして行われるようになった。

 まぁ。要するに、太鼓チーム「楽鼓」の路上パフォーマンスなんだけど(^^;。
 なかなかね、かなりいい感じではあるのだけど、もうひとつ、個人が浮き上がってこない難しさがあるのだった。それが出てくると、セミプロと呼べるんだろうけどなぁ。

 写真はけっこう良くなったかなぁ。レースの流し取りなんかと同じように、遅めのシャッタースピードで、一脚を使ってしっかりブレないように。

| | コメント (0)

2008/11/07

Perfume!

Perfume NIPPON BUDOKAN ONE-MAN LIVE
BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!
2008.11.07@日本武道館 SE-B-14

 急遽、武道館に参戦のチャンスをゲット(^_^) ありがとう!紹介してくれた人!ありがとう譲ってくれた人!相方ゴメンヨ〜〜〜、でもオラ行ってきただ。
 武道館ではアリーナ最前列近辺に次ぐいい席と言われている1階の2列目。
 去年から急激に伸びて来たPerfumeの、ライブハウスではないライブの第1弾が武道館なのだ。もうこれからは、スタジアムやドームのツアーしかなくなってしまう。この武道館を逃すと、のっちには一生会えないであろう。。。。と、がっくり肩を落として暮らしてました。。。。。そこに、神が手を差し伸べてくれたのですよ。いやぁ、生きててよかった(^^;。

 会場内は、ファンクラブ限定発売だったオレンジのTシャツが半分くらいいたんじゃないかな、アリーナ。すごいファンクラブ占有率だ。普通の人は取れないはずだよ(^^;。
 で、そろそろ客殿も落ちる時間かな?ってころ。ボクの後ろの列が騒がしくなった。振り返ると、、、、、、あ、小栗旬じゃん、田中圭じゃん、高岡?イケメン俳優軍団が来たよ。(他にもいたけど、よくわからず。。。。。。)あれ?ひとり華奢な、メガネをかけた女の子が。。。。。み、宮崎あおいだぁ!!!!一気にテンションが上がる!なんてこった。。。。。。。生のっちに会いに来たのに、宮崎あおいまでほんの数メートルのところで遭遇できるなんて。。。。。やっぱ、今日は何かが違っているのだった(^^;

 ってなわけで、客席を気にしながらも、ライブが始まった。(普段は姿を見せない、プロデュースの中田ヤスタカも1階の南の席にいた)
 バンドのいないライブは、モー娘。以来か。閉鎖空間での打ち込みの再生は、音響で評判の悪い武道館には向いているのかも。まぁるい空間なので、音に包み込まれるようで、とても気持ちいいのだ。
 名盤GAMEからの曲と、BESTからの曲なので、ほぼ知っている曲ばかり。あっという間に時間は過ぎた。Perfumeは、やはり2、3曲をのぞいて(ポリリズムが生声だったんじゃないかな?)完璧に口パク。巷では、時折物議をかもしているようだけど、やはりちっとも気にならない。電子音楽なのだから、これを演奏と生声+現場でエフェクトって手もあるんだろうけど、それでは原曲と大きく変わってしまうんだろうな。アリでしょうやっぱ。
 のっちも完璧でした。ちょっとダンスの動きがエロいけど(^^;。

setlist
01 コンピューターシティ
02 edge
03 エレクトロ・ワールド
04 plastic smile
05 love the world
06 マカロニ
07 Baby cruising Love
08 Take me Take me
09 Butterfly
10 GAME
11 シークレットシークレット
12 パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
13 セラミックガール
14 ジェニーはご機嫌ななめ
15 チョコレイト・ディスコ
16 ポリリズム
17 Puppy love
encore
18 Dream Fighter
19 Perfume
20 wonder2

 5月に代々木体育館でやるらしいけど、とりあえず満足だぁ(^^;

| | コメント (7)

2008/11/04

RICOH imagio MP C2200 SPF

 てなわけで、やってきました。新型機。
 ほんのちょっと小さくなって、ボディに変な色がついて、音はすごく静か(起動する時には、安っぽいガチャガチャした音がするけど(^^;)。CDなどをかけていない時には、仕事部屋で一番うるさいのは、スイッチングハブのファンになってしまった(^^;。


imagio Neo C200

imagio MP C2200

 なんか、大雑把な感じになったかなぁ(^^;。


imagio Neo C200

imagio MP C2200

 微妙にコンパクトで、デザインはややグラマラスな、ロボットアニメ的。
 設置時に感心したのは、登録してあったたくさんのファクスナンバーを、大塚商会の方でネット経由で一旦吸い上げて、まとめて新機種に送り込んでくれるなんてサービスができていたのだ。
 あと、トナーランプが点滅したら、自動的にたのメールに情報を送って、翌日には持って来てくれちゃうサービスもできたらしい。とりあえず登録してみた(^^;。
 以前は、この手の情報は、電話やファクスの回線を通してやってくれちゃっていて(カウンターチェックとかもね)、変な時に電話回線が挙動不審な音をたてたり、ファクスの送受信を邪魔してくれちゃったりで、サービスを中止したんだけど、今度はインターネットでやるらしいのでとりあえず使ってみる。

 んで、メカのメンテの人と、ソフトの設定のお姉ちゃんが来たんだけど、残念ながら、メールの設定で、挫折して、最後の設定のところは、明日再挑戦ということに(^^;。スキャン画像をメールで飛ばすので、そこはちゃんとしてもらわないと、スキャナの役を果たしてくれないのだ。

 ともあれ、金の安さにつられただけなのだけど、新しい機械が身近に来るのは、楽しいものなんだ(^^;。
 しかしこのマシン。エコがテーマで、それなりにいろいろ工夫している(自動両面コピーがデフォルトで内蔵されていたり)し、コンパクト(トナーもすごくコンパクト)なんだけど、、、、、元のマシンが3年で、絶好調で、きれいなのに、廃棄処分になっちゃうってのは、、、、、、、どうなんでしょう?(^^;
 再整備してリサイクルしてほしいなぁ。。。。。。。

| | コメント (6)

2008/11/02

太鼓の集い

 恒例、東久留米市民文化祭 太鼓と踊りの集い。
 ウチの奥さんが参加している太鼓チーム「楽鼓」が毎年出るイベント。

 楽鼓は、もう20年近いキャリアのあるグループで、プロに指導してもらったりしているので、他のチームとはやはりワンランク年期が違うっていうか、音が強い。
 なんだかんだ言っても、太鼓の魅力は、強い音が腹に響くことが必要なんだと思う。
 おばちゃんばかりなので、なかなか強い音が出なかったのだけど、最近は、ずい分安定して強い音が出ている気がする。
 難しい桶太鼓の今風のオリジナル曲は、無難にこなしていたけど、十八番ともいえる「秩父屋台囃子」がガタガタだったのは、ご愛嬌(^^;。

 さてこの催し、毎年ゲストを呼ぶのだけど、今年は、小金井の「目黒流貫井囃子保存会」。

 最初は、さすが上手だけどまぁ祭り囃子なんだね、と思っていたら、獅子舞のあと、面をつけた踊り子が現れ、中には子どももいて(あとで面を取ったら、みんなすごく若くてびっくり(^^;)、これが客席にも降りて来たりして、かなり楽しい。

 さらには、ちょっと怖い感じのキツネの面も出て来てびっくり。これがまた口が細かく動いたりしてすごいのだ。

 とにかく面の表情も素晴らしいし、楽しいのだ。一度、本拠地に行って観なくちゃだ。

| | コメント (0)

2008/11/01

秋の富士山

 今年は、3度目の富士五合目。


色づいた松越しに。

 義母がウチの奥さんの太鼓を観るために愛媛から出て来たので、1日ドライブすることにした。
 浅草に行こうか〜なんてハナシもあったけど、東京はどこに行っても人ごみで、別に何があるわけでもないので、思いきって富士山に登ろうと思ったのだった。クルマだったら、座ったままだし(^^;。

 これが大当たり。超快晴で、富士山が中央道を大月で別れてリニアの実験線を越えたあたりからすでに全貌をあらわした。
 何度もこの道を通っているけど、こんなにクッキリ雲ひとつなく見れるのは、記憶がない。
 渋滞もなく、そのまま吉田口の五合目へ。ちょっと寒かったけど、まぁ想定内。五合目で、まずいほうとうを食って(いや、ホントにまずいんだよ。ほうとうはやっぱ「小作」だね(^^;)、さらにドライブ。

 初めて通るコースなんだけど、河口湖大橋を渡って御坂峠へ。旧道をぐねぐね走って行くと、御坂峠の天下茶屋が見えてくる。ボクは知らなかったのだけど、ここは太宰治が滞在し「富嶽百景」を書いた宿なんだそうな。茶屋の前の2車線の道は、駐車するクルマでけっこう大変な感じで、お茶屋さんは40分待ち。
 お茶はあきらめて、2階の太宰記念館を見る。まぁ、たいして太宰文学には興味はないので、「ふ〜ん」って感じ。奥さんは、熱心だった(^^;。


これが古い道標

 ひとつだけ、ここに長逗留する気持ちがわかったのは、窓から見えるこの風景。こりゃずっと居たくなるわ(^^;。

 その後は、勝沼まで走り、ぶどうの丘を抜けて、勝沼インターから帰りました。
 なかなか軽くていい感じでしたよ。まぁ、渋滞がなかったってのが一番大きいんだろうけど(^^;。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »