« キリバンのプレゼント | トップページ | わかるvol.20 カケジクさんとその1その2 »

2008/10/25

阿佐谷 JAZZ STREETS 2008

 去年は行けなかったけど、今年は行きましたよ阿佐ケ谷。ちょっと無理したけど、ジャズ聞いて懐かしい仲間とも飲みまくって(^^;。

 今年の山下洋輔は、金子竜太郎という、佐渡島の鼓童っていう和太鼓チーム出身で、つい最近フリーになった、日本を代表する和太鼓プレイヤーとのデュオ。

setlist
01 チュニジアの夜(山下洋輔)
02 (金子竜太郎オリジナル)
03 山下洋輔+金子竜太郎(山下洋輔オリジナル)
04 アブラダアブラ
05 下山囃子
encore
06 山下洋輔+金子竜太郎

 こんな感じ。昔、林英鉄と山下洋輔がやったのを観たことがあるんだけど、打楽器のようにピアノを操る山下洋輔なんで、和太鼓と馴染むんだよなぁ。(まぁ、ちょっとコンビネーションの崩れたところもあったけど(^^;)


しかしちょっとなぁ、仮とはいえこの安普請は……

 で、もう1組。峰厚介(ts)、板橋文夫(p)、井野信義(b)、村上寛(ds)という「フォーサウンズ」。これまた有名な人ばかりのグループなんだけど、情けないことに、鈍我楽がらみのライブで井野さんのベースを2度ほど聞いたことはあるけど、他の人は、名前だけ、みたいな感じだった。(ちなみに峰厚介は、その昔ネイティブサンだった人)
 今回グッと来たのは、板橋文夫。いやぁ、熱い、ホントに熱いピアノだった。あんなに激しくて、なおかつメロディアスなピアノって……山下洋輔ばりに叩きまくったりもするんだけど、この人は、ピアノは打楽器ではなくあくまでも旋律を奏でるもので、むしろ主旋律を歌うテナーサックスがいらないかもって思うくらい、泣けるピアノでした。


で、そのあとは、いつもどおり吐夢や奇譚で、
迷惑をかけつつも、どうしても大騒ぎして退散(^^;。

|

« キリバンのプレゼント | トップページ | わかるvol.20 カケジクさんとその1その2 »

ライブ、音楽、アイドル」カテゴリの記事

人、近所、旅」カテゴリの記事

コメント

ほんと楽しい2日間でした。ずっと続いてほしいものです。峰厚介も聴きたかったなぁ。ちなみに山下洋輔の2ステージめは前の曲目と一緒でした。

投稿: KT | 2008/10/29 02:18

峰厚介。やっぱナベサダ時代の感じだよねぇ。
そういえば、その昔渋谷でナベサダのライブを観に行った時(仕事がらみだったんだけど)、トイレでナベサダと隣り合わせになったなぁ。そんだけだけど(^^;。

投稿: | 2008/10/29 10:49

この記事へのコメントは終了しました。

« キリバンのプレゼント | トップページ | わかるvol.20 カケジクさんとその1その2 »