« ラーサラ三郎 | トップページ | Baron »

2008/08/04

雨期と一青窈

 西武新宿線に乗っている。乗る直前に大雨に降られてびしょびしょ。各駅停車に乗って乾かそうとしたのはよいけど、落雷で井荻で1時間30分くらい止まって、やっと動いたと思ったら、各駅に長時間止まりまくる。今日のライブは、NHKホールで7時開演。さあて、間に合うのか…
 もうね、これは、日本は亜熱帯気候になって雨期なのだろう。そうとしか思えない。あぁ温暖化、温暖化、、、、、、、、

 ともあれ、なんとか原宿まだたどりつい、NHKホールに向かって走り出したら、また雨が。。。。。。。せっかく乾いたところなのに。。。。。。雨と、汗だくで到着。即タオルを買い込んで、着席。

一青窈 CONCERT TOUR 2008 「Key〜Talkie Doorkey」
2008.08.04@NHKホール 1階P5-25


さすがファンクラブ直だと、こんなちゃんとしたチケットだ。

 さて、今年は一青窈が多いぞ、すでに2回目かな。さらに武道館もある(^^;。
 毎回手作り感一杯、本人のコンセプトバリバリのステージは、スクリーン越しの鍵箱から始まった。
 ステージセンターにさらに階段と高くなっている部分があり、そこから登場。
最初は赤いドレス、上着を脱ぎ捨てると真っ白なドレスに、さらにネグリジェみたいなワンピースへ。2部のシャンデリアからはプラのスプーンやフォークでできたシャンデリアのセットの下で、グリーンのドレスに。
 じつは、ステージ上の台は、ベッドであった。さらにそこから大きな布が大きく波打って出てきたり、一青窈がその並に飲み込まれたり、ベッドの中に消えたりと、なかなかどうしてスペクタクルが展開されたのだ(^^;。いや、毎回、いろいろ考えてくれます。とても楽しい。
 今回は、ツアーファイナルであり、武道館前ということもあるのか、非常にパワフルでアクティブなステージだった。1曲目から場内総立ちを要求するなんて、今までだったら考えられない(^^;。さらにネットの情報では知っていたけど、タオル回しがあったり、一緒にダンスをしたりと。前から4列目のボクらは、もうノリノリ(^^;。

 でも、途中での親の話とかになると、やはりいつもの一青窈。相変わらず、根っこのところでうまく自分の気持ちと折り合いをつけきれていない感じ。でも、それがあるから一青窈の楽曲としてのモチベーションが保てているんだろうとは思う。

 とにかく、今年もファンクラブの会員を更新したし、まだまだ観せてもらうつもり。
 決してスマートやハイセンスではないけれど、自分の言葉を大切に、自分で考えだしたのであろうイメージを楽曲やデザイン、ステージングに反映させている一青窈とスタッフは、毎回本当に応援したくなる。
 あ、それと、武部さんがキーボードだったんだけど、ツアーは初めてなんだって。いつも一青窈のライブでは武部さんがキーボードだったような気がするんだけどなぁ。。。気のせいか。

setlist
01 Key
02 空中ブランコ
03 宙ぶらりん
04 つないで手
05 ドミノ
06 アンモナイト
07 指切り
08 かざぐるま
09 ささやき並木
10 さよならありがと
11 シャンデリア
12 月天心
13 大家
14 江戸ポルカ
15 茶番劇
16 もらい泣き
17 どんでん返し
19 栞
20 受け入れて
encore
21 ハナミズキ
22 「ただいま」

 終演後、入場口の脇にセットリストが張り出された。


なかなか広まらないね、こういうサービス。

 反省は、PARCOの上の築地源食堂で。PARCOが終わったあとって、人気がないもんだ。

|

« ラーサラ三郎 | トップページ | Baron »

ライブ、音楽、アイドル」カテゴリの記事

コメント

中井で降りて、大江戸線で代々木、山の手で原宿で、降りて走って間に合ったよ。中井の駅で長時間停車したときに乗り換え案内を見て、馬場回りでも大江戸線でも同じくらいの時間だとわかったので、飛び降りて走った。

投稿: × | 2008/08/05 00:13

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書 | 2014/05/06 16:49

こんな古い記事にコメントありがとうございます。
久しぶりに読み直してみたら、あまりの誤字脱字の多さに、びっくり。さっそく修正しました。
先月、NHKのMUSIC JAPANで、久しぶりに一青窈がハナミズキを歌うのを生で観ました。やはりいいですね〜。

投稿: × | 2014/05/06 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラーサラ三郎 | トップページ | Baron »