« 雨期と一青窈 | トップページ | 昔の平岡恵子は桃乃未琴 »

2008/08/05

Baron

 じつは、1ヶ月ほど前に、念願の仕事イスを買い替えたのだった。


5年以上使ったPLUSのイス

 コイツは、オフィスチェアが5本脚が主流になってきたときに買ったのだ。それまでは4本脚のイスだった。
 気に入っていたのだけど、どうも集中すると、左足を座面の角に立て膝をする癖がよろしくないようで、左の前だけ座面が破けちゃっていたのだ。こんな状態でかれこれ2年近く。次はメッシュで行こう、絶対にメッシュだ。と、思いつづけては見たものの、カッコいいイスは、みんな高い。10万円コースなのだ。
 もちろん毎日朝から晩まで使うものだし、全然高くはないのだけど、貧乏性なので、10万円とかやっぱなかなかだせない。でも、いろいろ探しているうちにお気に入りができてしまったのだ。コイツは美しい。
 オカムラといえばコンテッサというイスが有名だけど、このバロンは、コンテッサよりも格下に位置するのだけど、シンプルなデザインがなんかもうたまらないのだ。


透けてるねぇ(^^;

 でまぁ、実売価格は10万はしなくて6万くらいなんだけど、ヤフオクにちょこちょこ出ているので、そうなると、オークションで買わずにはいられない、オークション好きが顔をだす(^^;。市場価格の半分くらいで買いたい。いつもオークションで何かを狙う時の目標はそれくらい。そうなると当然中古なわけで、出品されるとすぐに35000円を入れ様子を見るんだけど、たいがい5〜6万で決着しちゃう。6万出すなら新品を買った方がいいんじゃね?と、思うので、ボクはパスして次を狙う。そうこうしているうちに時は流れ、ちょいポイントの低そうなのが出てきたのだ。
 こいつは、今ひとつ人気のない座も背もオールメッシュで(座はクッションの方が冬あったかいし、座り心地もいいので人気があるみたい。でもメッシュの方がカッコいいよ(^^;)、肘掛けがなく、なおかつ元々肘掛けがついていたのを外したようで、肘掛けがついているべきフレーム部分のめくらブタも紛失している。でも写真を見る限り、メッシュはきれいだし、全体的にもきずなんかは少なそうだ。


このシルバーメッキのフレームのところにある
楕円の穴が肘掛けパーツがつく部分

 2万円スタートで、終了5分前に3万円になっていたところへ4万円突っ込んだら、35500円で落札できた。やりましたよ。上出来。

 で、購入後、メーカーにネットからメールして、簡単な使用マニュアルを取り寄せ、ついでにこのめくらブタのことも聞いたら、無料で送ってくれてきちゃった。またまたラッキー(^^;。


きたない部屋が、こんなカッコいいイスには
似つかわしくないけどね(^^;

|

« 雨期と一青窈 | トップページ | 昔の平岡恵子は桃乃未琴 »

デザインとしごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。