« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/29

INDIANA JONES and the KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL

 夫婦50割引が使えるようになって、わざわざ映画の日に行かなくてもいいんじゃないか、、、ということで、インディジョーンズを観に行った。
 相変わらずの楽しいドタバタ作品。すでに世の中いろんなドタバタがありすぎて、これくらいじゃ、手に汗握らなくなちゃったけど。。。。。(^^;

 まぁ、やっぱ面白いよ。すでに年寄り向け?設定が1957年となっているけど、これで東西冷戦バリバリの時ってピンと来る若者はどんくらい?(^^;
 吹き替え版を観たので、老若男女入り乱れた客層だったけど(^^;。

 なんでか、過去3作品のパンフが見あたらね〜。たぶん全部劇場で見てるはずなんだけどなぁ。

 で、本屋で、表紙に「クリスタルスカル」という文字を見かけたので、手に取ると「ムー」であった。パラパラ立ち読みしてみたら、実在するんだね、オーパーツとして。知らんかった。
 で、帰ってちょこっとだけ検索。う〜む。。。。。。

| | コメント (2)

2008/06/25

原田郁子@オーチャードホール

原田郁子ソロツア−2008「ケモノと魔法がとびかうツアー 管と弦とバンド!」
2008.06.25@Bunkamuraオーチャードホール 2F3列15番

 今年はクラムボンが休みなので、郁子さん。(と、クラムボン、お休みのはずだったのに、夏の野音だけはやるみたい。行かなくては(^_^;)

 いやぁ、すんごいアフロ(っていうかチリチリ頭(^_^;)に、ひらひらの服で、郁子さんっぽい自由な感じで登場。いつも楽しそうだねぇ(^_^;。
 実は、ここだけの話なのだが、今回のアルバムは、集中して聞いていると、心地よくなって寝てしまっていたので、このライブも、もしかすると。。。。。と、不安だったのだ。
 でも、そんなことはなかった。もちろん心地よくはなるんだけど、大丈夫。集中して聞けて、眠くなんかならなかった。むしろジャジーな雰囲気にどんどん乗っていったよ。すばらしい(^_^;。

 ところで、上の写真。蒼井優から花が届いていて、それは映画の主題歌を郁子さんが作った関係なのだろうけど、もしかして会場に蒼井優が来ているのでは?と、期待して、キョロキョロしちゃったボクがいました。まぁミーハーなこと(^_^;。


すんごいちりちりと蒼井優

setlist
01 風色夏恋
02 ピアノ
03 トゥインクル
04
05 ケモノと魔法
06 教会
07 海からの風
08 鳥の羽 鳥の影
09 あいのこども
10
11 たのしそう かなしそう
12 かじき釣り
13 やわらかくて きもちいい風
14 サヨナラ オハヨウ
15 なみだ と ほほえむ
eucore
16 青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている
17 ユニコーン
18 もうすぐ夜があける

tb 松本治
sax 松風鉱一
b cla 竹野昌邦
fl Miya/太田朱美
cello 橋本歩
g 中牟礼貞則
ds 外山明
b 水谷浩章
(以上phonolite)
eg おおはた雄一


 反省は、ひものやで。。。。。。。干物はしょっぱかった(^_^;。

| | コメント (0)

2008/06/18

小田和正+2Days

小田和正

安田生命presents KAZUMASA ODA TOUR 2008 今日もどこかで
2008.06.18@国立代々木競技場第一体育館/1階_北D_9_3
2008.06.19@国立代々木競技場第一体育館/1階_北G_15_7

 なぜか今日は武道館だと思い込んでいた。朝、ウチの奥さんに確認されなかったら九段下に行っていたかも。念願の小田和正。
 35年くらいかも?(^_^)

 で、まずアリーナのレイアウトに驚いた。

 上が北。黒い■がメインステージで、●は島ステージ。で、その間を通路が駆け巡っている。余白部分は、すべて客席。まるでジャニーズのライブ(ってテレビでしか見かけたことないけど)のようなサービスのいいステージレイアウト。メインステージ後方にはオンステージ・シートもあり。

 なんという女性客の多さか。そして、年を感じさせない動き。代々木体育館のアリーナの隅から隅まで、何往復したであろう。さらに19〜20曲目あたりはステージを降りて、客席に乱入しながら、みんなで歌うというすごさ(女性や年の行った客が多いので、できるワザだね(^^;)。
 (オンステージ・シートとアリーナの花道は、2000年頃からのツアーで始めたようだね。調べてみた(^^;)
 
setlist
01 こころ
02 正義は勝つ
03 愛を止めないで
04 伝えたいことがあるんだ
05 Re
06 僕らの街で(カトゥーンのカヴァー)
07 いつかどこかで
08 たしかなこと
09 僕の贈りもの(さわり)
10 地球は狭くなりました
11 ワインの匂い(さわり)(2日目は眠れぬ夜)
12 倖せなんて
13 愛のうた
14 さよなら
15 言葉にできない
16 今日もどこかで

17 NEXTのテーマ〜僕等がいた
18 Yes-No
19 ラブストーリーは突然に
20 キラキラ 
21 そのままの君が好き
22 時に愛は
23 風のようにうたが流れていた
24 東京の空
25 ダイジョウブ

encore
26 またたく星に願いを
27 君住む街へ

encore2
28 Yes-Yes-Yes
29 今日もどこかで
(2日目は「30 生まれ来る子どもたちのために」を追加)

 堂々の29曲!、そしてフルに3時間(あ、いや、ちょっと違うか、始まりにプロフィールをかねたアニメをやったし、17曲目の前に、今回のツアーの各地の映像を流したから、3時間弱か(^^;)。
 しかしあんまりよく知らない曲でも、誰にでも聞かせてしまうあの声は健在なんだなぁ〜。

 そういえば、出がけに高校の同期会の案内が来ていたけど、高校時代のバンドメンバーは、小田ライブを観たことはあるんだろうか? 陽水とチューリップとかぐや姫に入れ込んでいたボクは、メンバーにオフコースを教えてもらったんだった。なんか女々しい感じであまり好きじゃなかったオフコースだったけど、ちゃんと聞いてみると、なんという完璧な音づくり、コーラス。そして小田の声。すぐにハマりました(^^;。

 さて、明日は2日目(行くのかっ(^^;)。「今日もどこかで」を練習していかないとだ。フジのめざましテレビの主題曲だと知らなかったのはボクだけのようだ(^^;。(ちなみにこのライブの主催はTBS。まぁ、毎年「クリスマスの約束」をやっているからね)
 そうそう今回のライブでいいと思ったポイントはもうひとつある。それはチケット料金。S席が8400と、ちょっとお高いんだけど、A席が7350円。まぁどっちにしてもビッグネームなんで外タレ並みではあるが、この差をつけているというのは、他も見習ってほしいよね。代々木体育館、いくらモニタをたくさんつけても(今回は10面くらいあった)2階席は寒々しいんだよね。ボクはかろうじて1階だったからよかったけど、2階で同じ値段は、かわいそうだ。(武道館の2階、国際フォーラムの3階、さいたまスーパーアリーナの上の層、巨大ホールでライブをやる人は、早いとこ考え直してほしいよ)

 また映画を作るらしいよ、都合3作目。最初から3作作ると公言していたんだっけ?
 ごめん、2作とも観てないや(^^;。


 帰りは渋谷にでて公園通りの「ワンズキッチン」という中華屋。さすがに渋谷価格でちょっとお高かったけど、うまかった。

--------------------------------(追記)

 そして2日目。また同じような北の1階席なので、オンステージシートに挑戦。開場と同時に原宿口から入って、逆サイドの渋谷口にあるオンステージ受け付けに向かう。S席の人対象なので、アリーナと1階席のチケットを持っている人だけだ。5時30分開場でオンステージシート1回目の締め切りは40分、発表が45分。2階目の締め切りが50分、発表が6時。と、紙に名前を書いて提出して選ぶという実にアナログな方式なんだけど、短時間にスムーズにことは運ぶ。
 結局ハズレ(^^;。
 しかし、開場から開演まで1時間の間にものすごい人数をさばいて、こんなことまでやるのだから、小さいライブハウスでの開場から開演まで1時間というのは、やっぱり長いよ。

 2日目は、基本的には1日目と同じだけど、若干早めに進行したな、と、思ったら、ダブルアンコールの最後に「生まれ来る子どもたちのために」がキタ。この曲は、すごく好きな曲。歌詞は微妙な感じな部分もあるんだけど、でも素晴らしい曲。1日目の違和感が、これでとれた(^^;。

 アンコールで、ツアーTシャツを全員着て出てきたんだけど、Tシャツというのはある年齢をすぎると、あまり似合わないものなのね(^^;。着方やサイズによるのかもしれないけど。。。。なんて思って見てたり。。。。
 あ、もうひとつ。手拍子をすることは結構あるのだけど、手を左右に振る(さよ〜なら〜みたいに(^_^;)、あれが苦手(最近は「オイデオイデ方式」で前後に振るのもあるか)。このライブでも1曲それがあった。。。。。まぁ、どのライブでも結構あるんだけどね。ストリート系から始まってきたアクションなはずだけど、なんか、会場内が全員同じ振り付けをしているみたいで、なじめないんだよなぁ。。。。
 小田さんもMCで言ってたけど、激しいアクションやかけ声でライブを楽しむ人たちは、ボクとかちょっと違う人種のようで。。。。。まぁ、ボクも相手によっては激しいこともあるけど(だったら同じじゃん。ってか?そうかもしれん(^_^;。
 
 反省は、PARCOPart2(閉鎖なんだね?)の裏の激安な焼き肉で。。。。。

| | コメント (7)

2008/06/14

PowerBookとFOMAで384k

 iPhoneがついに発売されることになって、巷では、結構盛り上がっている。。。。。。。
 んでボクはといえば、相変わらずケータイに求めるのは、オサイフとワンセグとカメラとMacでパソコン通信できること。もう都会は、FreeSpotやワイヤレスゲートやらがあるので、パソコン通信なんざ不要なんだけど、キャンプ場とかだとやっぱまだまだなんだな。それでもって、通信に特化したケータイは、通話エリアがいまいちだったりしていたので、結局相変わらずFOMAのSH901iCにSH704iのFOMAカードを差し替えて使ってた。モデムスクリプトとかは、Mac用がFOMAもauもSoftBankも出してくれていないので、何度も書いているかもしれないけど、FOMAUSBDriver for Mac OS X プロジェクトのFOMAUSBDriverを使わせてもらっていた。ただし、もう作者が更新をやめてしまったので、新しい機種は対応しなくなってたんですね。
 ところが、ディスカッションルームで、新しいケータイも使えるように初心者でもできる方法を公開してくれている人がいたので、やってみました。って、前にもチャレンジしたのだけど、どうしても"/System/Library/Extensions/FOMAUSBDriver.kext/Contents/Info.plist"の情報を書き換えたあとでinfo.plistをうまく保存できなくて、挫折していたんですね。でも、PowerBookをターゲットモードにしてからファイルを開いて、機種名と、プロダクトIDを書き換えたらすんなりいきました。(わざわざターゲットモードにしなくてもInfo.plistに対する読み書きのアクセス権の設定変更で行けるらしいんだけど、どうしてもうまくできなかった)
 いやぁ、すげーうれしい。これで、機種変してもまだ行けるかも(^^;。

 ところで、iPhoneなんだけど、Bluetoothがついているのね。もしかして、それ使ってモデムになってくれるのかな?だったら、ちょっといいかも。。。。FOMAはBluetoothに熱心じゃないので、なかなかケーブルレスになれないんだよね。。。。。あ、でもオサイフとワンセグがついてないんだっけ?(^^;

| | コメント (0)

2008/06/10

富士山

 久しぶりに西湖で見える。

 拡大するとこんな感じ。

 ここ数年参加させてもらっている、恒例のおっさんキャンプ、初夏の部です。キャンプ歴が長い人ばかりなので、装備に抜かりがない。何でもあるし、何もない(^^;。
 平日のキャンプ場はとても穏やか。まぁ中学生のイカダ遊びの課外授業があったり、アパレルメーカーのモデル撮影があったりと、それなりではあるんだけど、ボクらは、飲んでくってだらだらたき火をしているだけ(^^;。

| | コメント (4)

2008/06/08

I-luluワンマン

I-luluワンマンライブ2008〜3度目の正直〜
2008.06.08@Shibuya O-Crest/B2

 i-luluのワンマンも今回で3回目。ボクが参加するのはこれで2回目。
 前回の最前列左は時に続き、センタ−2列目でスンタンディングしてきた。カナちゃんの目の前である。おっさんなんだから、控えよう、、、、と、思うのだけど、ついついいいポジションを狙ってしまう。。。。ま、でも今回は、最年長ではなく、たぶん2番(^^;。
 あいかわらずいいセンス(音楽ね(^^;)のヨシミくん。お気に入りの青いFenderのチューにングが外れていたのが気になったけど。。。。。
 カナちゃんは、観るたびにうまくなるねぇ。声もどんどん出るようになってきているよ。でもまだまだだ、まだまだ楽しみ(^^;。しかし、ファッションはどうなの?化粧とか、アタマとか?まぁ、ああいう感じ?(^^;

set list
01 しゃぼん玉
02 太陽のカサ
03 ピストル
04 ガラスの瞳
05 (cover)
06 This way!!
07 星砂
08 サンシャインラブ
09 僕の中には君がいる
10 雨上がりの午後(ヨシミヴァージョン)
11 Beautiful spider
13 カンヒザクラ
14 このままずっと
15 fly fly
16 一人じゃない(?)
17
encore
18 オアシス
19 愛の言葉
20 旅立ちのベル

key ちあき
bass 森本ゆうすけ
Dr 高橋ようすけ

 ぬ〜〜〜、今回のセットリストは、わからん曲ばかりだぁ。。。。。。(まぁ、そのうちヨシミくんが、自分のBlogにセットリスト上げてくれると思うんだけど(^^;)

 そうそう、「雨上がりの午後」を、ヨシミくんがギタ−1本で歌ったのだけど(この曲は彼が高1のときに作った曲なんだって)、残念ながら、すでにカナちゃんの歌になりきっているようで、イマイチだった(^^;。

 ミにアルバムは、内容はしっとり目が多くてすごく良い出来なのだけど、ジャケットはひどいね。「責任者出て来い!」って感じのデザインの悪さ。なんとかしないとだ(^^;。


 さて、反省は、道玄坂に新しくできた沖縄飯屋の「あしびな〜」。まぁまぁかな(^^;。

 帰りがけ、高田馬場でやっと観れた西武線の新型車輛。かわいいね。

西武新宿線新型車輌

| | コメント (2)

2008/06/07

東篭の塔山〜鬼押出し

 小学校の移動教室の実踏につきあって長野県までドライブ。っつか、まぁ運転手(^^;。
 4月は1回、5月も1回しかクルマを動かさなかったので、ここんとこガソリンを入れていない。確か、高くなる直前に満タンにしたきりだなぁ。高くなった直後に、まだ値段の追いついていないであろう高速道路上のスタンドで、最後の安いガソリンを入れようと思っていたのだけど、なんやかやでクルマを使わなかったので、高くなったガソリンを今回入れることに。いやぁマヂで170円超なんだなぁ。

山

 東部湯の丸で降りて走ること約1時間。湯ノ丸スキー場を横切る冬期閉鎖の道を通って東篭の塔山へ。

 駐車場からほんの30分程度で山頂2228m。

 また駐車場に戻って、さらに湿原を巡る。



ついつい、俄ネイチャーフォトグラファーに。。。。。(^^;



コマクサ園があり、時期ならコマクサが群生しているようだけど、2週間くらい早かったかも。発見したのは、つぼみをひとつだけ(^^;

 それから、ランプの宿の高峰温泉に寄ろうとしたら、14時で立ち寄り湯は終了とのこと。しょうがないので、その下のアサマ2000スキー場の脇にある高峰温泉ホテルでひと風呂浴びる。
 いやぁ、この周辺の道路。いい感じのワインディングだなぁと思って走っていると、いきなりダートに。で、山桜がすごくきれいだったりするんだけどとにかくダート。道幅はキープしてあるしフラットなので、たぶん「いい」ダートなんだろうけど、まぁバイクで来たらボクは泣きますね(^^;。

 で、鬼押出し園。

鬼押出園 浅間記念館

 昔、浅間記念館のバイク展示を見たよなぁ。今回はパス(^^;。今は、手前の黒い建物が、火山博物館。土曜だというのに、(まぁ閉館時間間際ではあったけど)ガラガラ。。。。。鬼押出し園は西武の、火山博物館は県のものなんだって。

| | コメント (2)

2008/06/06

笹川美和tour2008

笹川美和tour2008<br />
 ゛re-fresh"

笹川美和tour2008"re-fresh"
20080606@shibuya DUO Music Exchange No008

 再生(?)笹川美和のワンマンツアー。なんと整理番号8番だ(^_^)
 開場時間の法則どおりに4番目で入場。最前列センターに陣取る。もう手が届きそう。
(何度も書いているけど、開場時間の法則とは、開場時間には、約半分しか人は集まっていないのだ。だから整理番号のたいてい半分の番号で入れる。の法則(^^;)

 エイベックスをやめて半引退状態になり、その後フリーとして復活してきた笹川美和。やっとワンマンだ。
 いやぁ、なんか、鬼束ちひろ以来の久しぶりのライブ。鬼束に続いて、また完成度の高いものを観せてもらいました。本人は相変わらず落ち着きのないふらふらした感じなんだけど、歌は格別。しっとりと落ち着いた声が響き渡る。

 彼女の好きな向日葵をイメージする黄色のドレスにいつもどおりのペタンコのサンダルで登場。セットリスト(譜面?)のファイルも相変わらず向日葵の柄。思わず手を伸ばしてさわってみたくなるような、さらさらの肌(^^;。

 今回も「また」完璧なパフォーマンス。どっかで間違いもあったのだろうけど、全然関係ない。

setlist
01 太陽
02 金木犀
03 向日葵
04 花火の音(NewAlbum)
05 星の船(NewAlbum)
06 春風(NewAlbum)
07 さよなら(NewAlbum)
08 小春日和(NewAlbum)
09 街生まれ、田舎生まれ(NewAlbum)
10 ニセアカシア
11 美しい影
12 笑
13 事実
14 誘い
eoncore
15 紫雲寺
16 光とは
encore2
17 願いごと

perc 佐藤唯史
g 設楽博臣
key 林有三
g,mandorin 田代耕一郎

 インディーズレーベル(エイプリールレコード)からの新しいアルバムは「miwaBLUE」 。ケツメイシの「ケツノポリス」みたいなタイトルのつけ方が非常に気に入っているとのことで、こんなタイトルにしたそうな。もしかして、次は「miwaYELLOW」「miwaRED」と続くのだろうか……(^^;。
 ライブでは、アルバム全7曲中の6曲をやってくれたが、本人曰く「明るいでしょ」というほど明るくはないが、力強い印象。
 会場で発売だったので、開演前に買ったのだけど、終演後の握手会の券をくれた「19番」。でも、握手会って苦手なんだよね。今までにもあちこちで、せっかくの握手会をパスしている。何だろうね、本人に興味がないわけではないのだけど、ミュージシャンに握手してもらったり、何か話したりって、あまり意味を感じないんだよなぁ。。。。。「がんばってください」っていうのもなぁ、、、「今日のライブ素晴らしかったです、またやってくださいね」ってのも、なんだかね。。。。。(^^;


 反省は、道玄坂の「魚まさ」。すごくメニューの少ない店。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »