« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/30

iBook

 数年前に娘の進学祝いにもらったシェル型のiBookグラファイト。さすがに時代の波についていけなくなり、休止中だったのを、友人の中学生の娘さんに譲ることに。
 で、HDDを初期化、OSをインストールしているうちに、内蔵HDDが6GBなことに気がついた。そっか、この時代は、それくらいだったんだね。今や最初から80GBとか乗っているんだもんね。
 ネットサーフィン(死語?(^^;)くらいしか使われないのだろうけど、さすがに6GBでは心もとないだろうから、使い回しているHDDの中から40GBのものに換装することにした。
 で、開腹。
 PowerBook2400、PowerBookG4(Titanium)、PowerBookG4_12"に続いて、4台目(回数は、数えてないけど、10回目くらいかな)の開腹。
 こないだやったPowerBookG4_12"は最強に大変だったけど、今回のはまぁ予想どおり程度の大変さ。プラの噛み合わせだけかな、つらかったのは。
 ネジの数とか種類の多さとか、先達がwebで紹介してくれているので、そんな大変ではないだけど、やっぱハメ込み部分は、実際にやってみないとわからないので、手探りだし、こわい。G4_12"のときには、ほんとに外れなくて、でもプラではなくアルミだったから、無理矢理曲げてしまったところもある。
 その点今回は、比較的スムーズ。
 参考にしたサイトは。こことかここ。まぁ、検索すると他にもかなりたくさんの人がバラシ報告をしてくれているし、持っている本の中にも写真入りでかなりあった。
 で、晴れてHDDが40GBになったのだけど、まだOSのインストールをしてみていないので、40GBのサイズで認識してくれているのかどうかは不明。。。(^^;


| | コメント (2)

2008/04/27

最近お気に入りのアニメ

「BLASSREITER」GONZOのCGのスピード感がいい感じ、バイク乗りと、ゾンビ(?)みたいなヤツの戦いモノ。
「ゴルゴ13」うん、マンガそのまんま。やっぱ中身の薄い、片岡義男の小説的なゴルゴ。
「マクロスF」坂本真綾+菅野よう子っていう久しぶりの組み合わせの主題歌。挿入歌も、たぶん真綾(^^;。
「図書館戦争」きちんとした絵作り。パトレイバー的リアリティの近未来の書籍を守る図書館司書(?)の戦い(^^;。
「二十面相の娘」レトロ感たっぷりのまじめなアニメ。
「イタズラなKiss」嫌いなジャンル、ラブコメだけど、これはちょっと面白いかも。

| | コメント (3)

2008/04/26

鬼束ちひろ 完全に復活!

鬼束ちひろ

 さぁ、鬼束。待ってたぞ!(待ってろよ!と言いたいところだけど、待っていた感が強く。。。(^^;)。

鬼束ちひろポスター

NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS
2008.04.26@オーチャードホール 1F17-15

 裸足の歌姫は、帰ってきた。
 2003.08.19サントリーホール、ボクはバックステージ席から初めての彼女の後ろ姿を見続けていた。
 次は、ちゃんと前から、、、、と、思っていたのに、鬼束は消えてしまって、、、、、
 でも、戻ってきてくれたよ。
 あの時と同じように、ステージのセンターに正円の赤いカーペットを敷いて、裸足で、白のドレスで(サントリーでは、黒いドレスだったかな……)。
 
 じつは、小林武史のプロデュースを受け、再出発の「everyhome」と、その後のアルバムを聞いて、不安だった。鬼束ちひろの声ではない。もう、前のような「月光」が聞けないのではないか。。。
 開演前には、かなりの緊張感が会場に張りつめていた。
 しかし、それは杞憂だった。タイトルは「完全復活」としたが、それ以上に仕上げてきた。
 ほぼ完璧と言っていいんじゃないかな、今日のパフォーマンスは。
 MCはいっさいなし。バックのメンバー紹介さえしなかった。演出も少しのライティングだけのシンプルなもの。
 最初はピアノだけ、途中からチェロ、ビオラ、バイオリンの弦4人を加えた。時折のどを潤すのは、やはりコーラなのかな?黒いボトルの液体だ。
 ピッチ、リズム、声の艶。全くもって完璧。復活アルバム作成後、少しライブをこなしてから、鳴りを潜めていたけど、かなり仕上げてきたって感じで、「すごい!」の一言につきるだろう。
 でも、モチベーションはまだ危ういらしく(連れが、喫煙所でスタッフのうわさ話を聞いてきた)、ツアー等はまだ無いらしい。夏のイベントには出るのかなぁ。(ROCKIN' ON JAPANで、特集が組まれていたし、このライブの速報も出されたりしているので、ROCK IN JAPAN FES.2008に出る可能性はあるだろうね。今日のライブで、十分にやれることが、証明されたし)
 カメラが数台入っていたので、DVDが出る可能性はあるのか?それともTVの番組用かな?
 月曜朝のフジの番組では、ライブ紹介コーナーでやるだろうね。それと、NHKのWEDENSDAY J-POPでもネ(^^;。

setlist(翌日、サイトで公式発表があった)
01 ARIA DA CAPO (ゴールドベルグ変奏曲より)(piano solo)
02 SUNNY ROSE (未発表新曲 / アカペラ)
03 Cage
04 流星群
05 infection
06 眩暈
07 everyhome
08 なごり雪(cover)
09 You've got a friend(cover)
10 Angelina
11 MAGICAL WORLD
12 僕等 バラ色の日々
13 いい日旅立ち - 西へ(cover)
14 Sign
15 私とワルツを
encore
16 月光
17 蛍(新曲)

Vocal 鬼束ちひろ
piano 富樫春生
1st Violin 大先生室屋 
2nd Violin 藤堂昌彦  
Viola 三木章子  
Cello 丸山朋文  

 アンコールが終わって、メンバーと整列の挨拶の後には、誇らしげなVサインをして去っていった。
 うん、ピースではなく、ビクトリーのサインだよね、あれは。

 とりあえず、今年のボクのベストライブの可能性は高い。


 帰りの反省会は、さすが土曜の渋谷。どこもかしこも30分待ち、2時間制限。
 そんな中、センター街のスペイン坂の入り口近くの「わらじや」。入り口の目立たない、だけど、変な穴蔵の面白い店であった。

| | コメント (0)

2008/04/25

筍

タケノコ大好きなんです。見かけるとつい買ってしまう。
今月は、4本か…。毎週食べてるのね(^_^)
でも、そろそろ、いい加減固いかも(^_^)

| | コメント (6)

狭山

狭山

 なぜか、こんな時間に、こんなところにいる……。
 いい天気なんだよなぁ。。。。。

| | コメント (0)

2008/04/24

+DESIGNING Seminar

 いやぁ、超忙しいはずなんだけど、予約してあったので、行ってきましたよ、品川
 お目当ては、今をときめくおもしろブックデザイナーの祖父江慎氏の話。
 相変わらず楽しいキャラクター、マニアックな視点、まとまりの無い話(^^;。今回は、ちょっと今作っているフォントの本の話だけで、物足りなかったかも。
 えっと、おおざっぱな内容は、今ある明朝とゴシックのフォントデザインは、活字の号数の違いによるデザインの違いの影響を受け、号数で分けたものの分類で、大まかにデザインを分けることができる。ということで合ってるかなぁ?途中から、フォントデザインの微妙な変化をページをどんどん紹介することによって見るってのを延々とやって、ちょっと眠くなっちゃった(^^;。
 あいかわらず合成フォントにめちゃめちゃ凝っているようですね。

 続いて、「auのLISMO」等のデザインをした元博報堂の佐野研二郎氏。
 かなり熱い感じのバブル時代のデザイナーのような押しの強さの人で、話を聞いていて元気が出たけど、全体的にはごく普通。面白いこと好きっていうのは、いい感じでしたが。

 おみやげは、ストラップ。

 ところで、スピーカーの1人目が、大丸グラフィックの人だったみたい。それはパスしたので、ちょっと残念だったかな。でも、特殊印刷よりも、普通の雑誌作りの話だったようだから、まぁいいか。。。

| | コメント (0)

2008/04/14

スクロールしてキャプチャ

 メモ。
 webページを雑誌で紹介するときにキャプチャ(スクリーンショットとも言う?)を撮るんだけど、下にだ〜っと長いページだったり、小さいモニタでウィンドウを大きくできなかったりするときに、勝手に下までスクロールしてキャプチャしてくれるソフトがあったら便利なんだけどなぁ、、、ってうつらうつら思っていたけど真剣に探したことが無かった。で、またそういうこをしなくちゃいけなくなって、もしかしてあるんじゃん?どっかのクライアントが、webの画像をくれるときに下まで長いヤツをくれることがあったよな、と思い、ぐぐってみた。
 「キャプチャ スクロール mac」……と。おぉ、やっぱ作ってくれてる人がいるじゃん(^^;。
Screengrab! 0.93
 これは、firefoxのアドオンソフトだ。ctrl+クリックで、「Screen Grab!」メニューから選べばよい。幸せ(^^;。

| | コメント (0)

2008/04/10

ヤイコ@JCB HALL

矢井田瞳COLOROCK LIVE 2008
2008.04.10@JCB HALL アリーナ3-37

JCB HALL

  初、JCB HALLは、ヤイコで。
 先月20日にオープン仕立てで、まだまだ新しい匂いのする全部地下にある会場。幸運にも3列目のほぼセンター。いやぁ、近かったなぁ。
 JCB HALL。ここって前何があったっけ?もうボコッと空いた大きな穴をホールにしたって感じで、アリーナと、その周りにくっつく3階建てのバルコニー。でかい穴蔵って感じ。それほど大きくなく、かなり閉鎖的なので、ライブハウス的な音感。
 ステージはシンプル。バックにアルバム「colorhythm」のキーカラーのオレンジとグリーンの布がクロスして下がっている。
 約1年ぶりの生ヤイコは、赤やピンクのふわふわミニスカートと黒で全面に女性の顔のイラストのあるTシャツで登場。いいね、スカート(^^;。年末の小田和正の番組にでたときにもスカートだったかな。
 ちょっと期待していたけどやっぱりギターはススムンではなかった。アルバムに少し参加していたので、ひょっとしたら、って思ったんだけど。まぁ、こないだアンジェラアキのときに見かけたからいいんだけど、やっぱヤイコライブにはススムンが。。。。。

 あいかわらずシンプルでかっこいいロックなライブだった。
 でも、ちょっと客がワンパターンの集団になり過ぎかなぁ。。。。。ヤイコはロックなのに、客はロックじゃないかも。
 コミュでも、ライブのマナーとか叫んでる人が結構いて、それって何だろ?って思ってしまう。ライブを壊すのはよろしくないけど、危険行為、他人に迷惑をかける行為(これ微妙だけど)以外は、自由でいいんじゃない?一瞬のハプニングはやってる側も楽しいだろうしね。降りも揃いすぎるのは、気持ち悪い。ファンクラブの皆々様の集いじゃないんだから、、、、、(^^;。

 曲はアルバム「colorhythm」を中心に、昔の名曲を何曲か。もうデビュ−8年になるのかぁ。
 おっさんもそろそろ飛んだり腕を突き上げたりがつらくなってきたよ(^^;。でも、3列目だとがんばらないといけないので、しっかり楽しんだけどね(^^;。

setlist
01 YES
02 ハッピースピナー
03 Buzzstyle
04 Siren
05 I Love Youの形
06 Not Still Over
07 未完成のメロディ
08 靴音
09 虹のドライブ
10 How?
11 会いたい人
12 君こそ道しるべ
13 恋バス
14 ドキドキのつぼみ
15 i can fly
16 ミラクルワイパー
17 アンダンテ
18 Go My Way
19 ネバーランド行き
20 Not Enough
21 〜.period〜
encore
22 B'coz I Love You
23 モノクロレター
24 ハネユメ

g,Vo 矢井田瞳
g 久保田光太郎
key 村田昭
Ds 小関純匡
B 松田"FIRE"卓巳
perc 田邊晋一

| | コメント (2)

2008/04/01

チャトモンチー

チャトモンチー

チャットモンチー すごい2日間 in武道館
2008.04.01@日本武道館 2F南西A34

 桜満開の武道館。3ピースでがんばるチャットモンチーを観てきた。
 な〜んか、やけに黒服が会場内に多いなぁ、そんな熱狂的な客のバンドだっけ?この女子率80%はありそうなのに。。。。。と、思っていたら開演直前、アリーナのセンターに運ばれてきた黒い小さなステージ。ん?と、思っていると暗転して開演。アリーナ後方から登場のメンバー。そのセンターの小さいステージ上でキメポーズ(^^;。なるほど、これのためか。
 なんか、その瞬間から「素朴だなぁ〜」って思った。でも反面オシャレな感じもした。う〜ん、微妙な感覚。たぶん、もっと小さなハコで初めて観たのだったら、印象は違ったのかな。
 橋本絵莉子の声はすごいね。あんな小さい体から、2時間ぶっ通しであんなに強い声がでるとは、脅威だよ。今年は、阿波踊りの連を作るんだって話が面白かった。その連の名前は「かもし連」(^^;
 3人ともほんとにがんばっているのだけど、どうなんだろ?武道館でやる必要はあるのかな?2日間ともSoldOutのようだったけど、その意味ってどうなの?なんてふうには思った。まぁ、最近は、みんな武道館にすぐたどり着いてしまっているよね。上り調子のときに武道館、国際フォーラム、ドームってどんどん行くんだけど、多くのファンを一気に集められる勢いと、それを維持するだけのパワーをものすごく持たなくてはいけないこと。これはとても大変だと思う。で、ひととおり嵐のように過ぎ去った後で、一息入れると、そこから立ち直れなくなってしまう人の多いこと。。。。。

 チャットはフェスにもたくさんでていて、多くの人にも慣れているのだろうけど、武道館の空間の密度はなんか一種異様なものがあるから、彼女たちはどうだったんだろう。まだ一体感の無い今回の客層も、、、、。
 ビジネスにつぶされないように、自分たちの音でがんばっていってほしいよね。
 次は、もうちょっと小さいハコで観たい。

setlist
01 ハナノユメ
02 ツマサキ
03 DEMO、恋はサーカス
04 惚たる蛍
05 恋の煙
06 湯気
07 どなる、でんわ、どしゃぶり
08 恋愛スピリッツ
09 終わりなきBGM
10 ひとりだけ
11 手のなるほうへ
12 Make up! Make up!
13 とび魚のバタフライ
14 女子たちに明日はない
15 橙
16 風吹けば恋(新曲)
17 真夜中遊園地
18 シャングリラ
19 親知らず
20 ヒラヒラヒラク秘密ノ扉
encore
21 東京ハチミツオーケストラ

| | コメント (4)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »