« スクロールしてキャプチャ | トップページ | 狭山 »

2008/04/24

+DESIGNING Seminar

 いやぁ、超忙しいはずなんだけど、予約してあったので、行ってきましたよ、品川
 お目当ては、今をときめくおもしろブックデザイナーの祖父江慎氏の話。
 相変わらず楽しいキャラクター、マニアックな視点、まとまりの無い話(^^;。今回は、ちょっと今作っているフォントの本の話だけで、物足りなかったかも。
 えっと、おおざっぱな内容は、今ある明朝とゴシックのフォントデザインは、活字の号数の違いによるデザインの違いの影響を受け、号数で分けたものの分類で、大まかにデザインを分けることができる。ということで合ってるかなぁ?途中から、フォントデザインの微妙な変化をページをどんどん紹介することによって見るってのを延々とやって、ちょっと眠くなっちゃった(^^;。
 あいかわらず合成フォントにめちゃめちゃ凝っているようですね。

 続いて、「auのLISMO」等のデザインをした元博報堂の佐野研二郎氏。
 かなり熱い感じのバブル時代のデザイナーのような押しの強さの人で、話を聞いていて元気が出たけど、全体的にはごく普通。面白いこと好きっていうのは、いい感じでしたが。

 おみやげは、ストラップ。

 ところで、スピーカーの1人目が、大丸グラフィックの人だったみたい。それはパスしたので、ちょっと残念だったかな。でも、特殊印刷よりも、普通の雑誌作りの話だったようだから、まぁいいか。。。

|

« スクロールしてキャプチャ | トップページ | 狭山 »

デザインとしごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。