« ji ma ma@Tokyo | トップページ | Salyu@SPC »

2007/08/29

MISIA星空のライヴIV

 年に1度はMISIA。今年も、「星空のライヴ」です。去年の山中湖は、「星空〜」にしては、ちょいとはじけすぎだったような気もするけど、今回は「Classics」と銘打っているせいなのか、かなりしっとりめ。

MISIA星空のライヴIV CLASSICS
2007.08.29@東京国際フォーラムホールA/2F_4_64



 やっぱすごいなぁ、MISIA。あまり難しい事を喋らないともっといいのだけど。。。。(^^;
 ホント、史上最高の歌手だと、いまだに思いますよ。またもファンクラブの更新を2年もしてきちゃったし(^^;。(ちなみに、今入っているファンクラブは、MISIA、スガ、一青の3つ。ELTは、テレビで観るもっちーはすごくいいのにライブはいつも同じだしなんかこなしてるふうなので、つまらなくなってやめた)

 出だしで「Everything」ってのはやられたなぁ。それに「BLEAVE」とか「つつみ込むように…」なんかのアレンジもかっこ良かった。
 オリジナルアレンジじゃない曲を聞いていて思う事なんだけど、ミュージシャンって、ライブで過去のヒット曲を別アレンジでやるのって勇気いるだろうね。だって、おそらくどんなライブでも会場の半分は初めての人でしょ。MISIAの「つつみ込むように…」なんて初期のヒット曲だし、それを聴きにきている人もいるだろうに、この曲が好きな人は、もうすり切れるくらい(CDだからすり切れないけど(^^;)聞き込んできているわけだから、イントロの1個の音がなった瞬間に「あっ!来たっ!」って感じで震えると思う。
 それをあえて違うアレンジでやるわけだから、そういう人ががっかりするかもしれない、もうライブに来てくれないかもしれない、っていうリスクを背負いながらやるんだもんね。
 何度も聴いていると、たまにはちょいとアレンジ変えてみれば?とかって思うけど、そんな安易なもんじゃないよね。大変だ(^^;。

 いつものようにアフリカンな格好のMISIAさんでしたが、改めて、歌うときの手振りがすごいなぁって思う。「歌スタ!!」なんかで、MISIAの曲や、それ系のバラードが歌われる事がすごく多いのだけど(やっぱ、歌がうまくなると、バラードで聴かせたいと思うのだろうし、歌っていて気持ちいいんだろうね)、けっこうみんな手振りがすごい。平井堅や絢香なんかもすごいけど、今日MISIAを観て、日本人の元祖手振りはMISIAだったか、、、、、、、と、改めて関心。素人の人は、歌より前に手振りが気になってしまうのだけど、MISIAは手振りより前に歌がガンッ!!と来るので、全然気にならない。

SetList
01 Everything
02 BELIEVE
03 Never gonna cry!
04 BACK BLOCKS
05 ANY LOVE
06 月
07 裸足の季節(新曲)
08 そばにいて...
09 約束(新曲)
10 シャンデリア(新曲)
11 星の銀貨
12 One!
Encore
13 We are the music
14 太陽のマライカ
15 つつみ込むように…

 で、また失敗したよ。前に「IN MY SOUL」を出した直後のライヴで、このシングルに付属のClipを観ないで行ったら、会場を(東京ドームだったんだけど)MISIAがおもちゃの形をした列車に乗っては知って、「あれ何?」って思っていて帰ってClipを観たら、出てるじゃないの。。。。今回また同じ失敗まだ出たばかりのシングル「ANY LOVE」の付属DVDにアンコールでやった「太陽のマライカ」が入っていた。その映像はアフリカのこどもたちとのもので、今回のライヴのテーマ的なものだったんだよね。グッズもアフリカンなデザインで、実際アフリカの貧困救済(ホワイトバンドだっけ?)活動の支援金になるらしかったのだ。ちゃんと下調べはしていかないとだね(反省)。

 反省会は、有楽町ガード下(このあたりも、けっこう開拓したなぁ)の、旬彩食房 雅。

|

« ji ma ma@Tokyo | トップページ | Salyu@SPC »

ライブ、音楽、アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。