« 秩父林間学校 | トップページ | MISIA星空のライヴIV »

2007/08/27

ji ma ma@Tokyo

 ついに東京ワンマンですよ!じままさん。

ji ma ma「裸足 からびさー」マンディ・シングス
2007.08.27@晴れたら空に豆まいて/no.1



 いやぁ、やっとだなぁ。。。。。そして、チケットの整理番号が、前にも書いたけど、記念すべき「1番」(^^;
 場所は代官山。。。。ん?代官山?前に来た事あるよなぁ、帰りの反省会をする手頃な店が全然ない使えない街だよなぁ。。。。。。前って、、、、、、矢野絢子だ。場所は?あれ?ここ?、、、、、、、、、、同じなんだけど。。。。名前が変わっているけど。。。。。内装も変わっているし。。。。。うぅむ



 まぁ、とにかくji ma maの記念すべき東京発ワンマンなわけで、沖縄に行かないと見れないんだろうなぁ、、、と、思っていたのが、こんなふうに見れるとは、もう、幸せ。なのに、また書くけどさらに整理番号1番。すごいです(^^;。

 会場は、100人くらいかなぁ、、、、小振りな和風ライブハウス。ワンドリンクのビール(中ジョッキだよ(^^;)と、豆カレー(これはかなり人気あり、ボクの両サイドの人、二人とも食べてましたから(^^;)などを頼み、開演を待つ。そうもちろん席は(2秒くらい悩んだけど)最前列ど真ん中。やっぱ整理番号1番が1番前に座らないのは、ミュージシャンにもお客さんにも失礼だと、、、、(^^;(爆)
 いつものように(とは言ってもまだ4回目なんだけどね、実物は(^^;)ゆるいドレスでサンダル履きで登場。今までは、ギターのみかキーボードのみでのステージしか見たことがなかったのだけど、今日はバンド。フルート+ハープ+パーカッションとピアノとウッドベースとギターの4人編成。沖縄でのライブも、こんな編成なのでしょうか。ji ma maにはよくあっていて、バランスがいいです。ベースの人が、ウッドベースのボディをパーカッションのようにスティックやブラシで叩くのが珍しかった。
 ji ma maは、伸びやかに時には切なく、優しく、微塵の不安も感じさせない完璧な歌。
 新宿の時に「ワンマンで『街』を歌ってくださいね、期待してます」と言ったのが功を奏したのかどうか、デビュー曲であるこの曲も歌ってくれて、大感激。イベント系では、どうしても最新曲ばかりになりがちで、さらに最近の代表曲は「でいご」なので、「街」は生で聞く機会がなかったのだ。
 MCは、沖縄のミニ情報満載(?(^^;)で、ソバの旨い店とか(それだけだったか。。。。)、まぁそんな感じ。あとは、テーマソングを作った映画「アコークロー」の話か。そうそう、会場にはその映画に出演したエリカさんとかも来ていたみたい。「アコークロー」は観たかったけど、単館上映だったので、見れなかったのだ。DVDでは必ず観よう。
 
 途中休憩を入れて3時間。たくさん歌ってくれました。やっとji ma maをまともに聴いた気がする。
 今回は、最新アルバム「裸足 からびさー」を全曲+アルファだったけど、昔の曲ももっとやるライブも観てみたい。
 まぁ、来月もまたあるのだ。それも1番なのだな(^^;。

Set List
01 さんぽ
02 風便り
03 風が強く吹く日に
04 街
05 月下美人
06 でいご
brake
07 biue light
08 思い文
09 海へと続くROUTE
10 夏の終り
11 ケイトウの花
12 アカリ
13 イラヨイイラヨ
14 チルダイする。
encore
15 月下美人(reggae version)
16 でいご(original long version)

g:石井マサユキ(GABBY & LOPEZ, TICA)
b:ガンジー(CINEMA dub MONKS from沖縄)
key:サトウユウ子(from沖縄)
herp:曽我大穂(CINEMA dub MONKS from沖縄)


奈良県の宣伝の大きな壁の近く

|

« 秩父林間学校 | トップページ | MISIA星空のライヴIV »

ライブ、音楽、アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。