« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/26

ji ma ma@伊勢丹

第13回 めんそーれー大沖縄展 オリオンビアフェスタ イン イセタン
2007.07.26@伊勢丹新宿店本館屋上アイ・ガーデン(入場無料)

 ji ma maさんに東京で会える数少ないチャンスのひとつ、大沖縄展が今年も新宿伊勢丹であったので、去年に続き行ってきた。
 

 相変わらず細くて小さなji ma maさん。
 でもね、去年よりも声がいいよ。ポップなんだけど、沖縄の人なんだよなぁ。。。。沖縄の人って、ああいうふうに喉を使うように小さいときから生活しているんだろうね。元ちとせにしろ、夏川りみにしろ、やなわらばーにしろ、それぞれ違うけど、同じ(^^;。
 あまり好きな言葉ではないけど、癒される。。。。。

set list
01 想い文
02 風便り
03 アカリ
04 月下美人
05 イラヨイイラヨ
06 チルダイする
07 でいご

 帰りがけに、買っていなかったシングルとアルバムのCDを買うために並ぶと、一番目だった。
 サインをして手渡してくれるji ma maさんに、「代官山も行きますよ、ぜひ“街”を歌ってね」と言うと、「はい」と、笑っていました。
 じつは、今年は、代官山のライブハウスで、8月、9月と、ワンマンライブがあるのだ。もう、両方とも行きますとも(^^;。

 p.s.後日、ライブチケットが届いたんだけど、8月も9月も整理番号1番なんですが。。。。。。(^^;どっちもかぶりつきで見ると、あ、あのときのおやじがまた来てるなぁ。。。。。って思われるよねぇ。。。追っかけみたいで気まずいかなぁ(^^;

| | コメント (0)

2007/07/23

矢野真紀@築地

Premium meets Premium 矢野真紀
2007.07.23@浜離宮朝日ホール1階4-13

 今年は矢野真紀づいていると言える。これで3回目だ。去年はゼロだったのに(^^;。
 前回のライブの時に、この朝日ホールでやるっていうチラシをもらったので、「浜離宮」という言葉に弾かれ、さっそく応募したのだった。てっきり浜離宮でやるのかと思っていたら、朝日新聞社に付属しているクラシック用のホールだった(なんと4列目センター!ベストポジションだよ(^^;)。何でもものすごく作りがいいらしく、ライブ中矢野さんは、しきりにその事に触れ、感激を説明し、アカペラで歌ってみたりもしてくれたのだった。
 ほんのちょっとした音が、会場の墨にいても聞こえるのだと言う。世界でも指折りなんだとか。
 でも、そういうところなら、マイクは不要なんじゃないの?って思ったのはボクだけではあるまい?(^^; 実際矢野さんならアカペラでも十分行けそうだったし。

 今回の構成はアルバム「BIRTH」中心ではなく、このホール用にいろいろと考えたようで、どうしても耳から離れない「パパ」からは始まらなかったのだった。最後は「窓」だったけど。
 次のシングルの特典映像に入れるらしく「窓」は特別な感じで、歌ったのだけど、途中声がつまってしまい、歌い直した。これが相当気が入っていて、すっかり圧倒された。これは、矢野真紀の新たな代表曲になったね。

set list
01 大きな翼
02 五月雨
03 アイサレ
04 夜曲
05 東京タワー
06 青空に浮かぶは白い月
07 ボクの空
08 When You Wish Upon A Star (星に願いを)
09 ふるさと(童謡)
10 運命の人(SPITZ)
11 パパ
12 タイムカプセルの丘
13 このまま…
14 アッシュバーン
15 お天気
16 君の為に出来る事
encore
17 窓

 そうそう、ここは築地だったのだ。駅を出て気がついたのだけど、早めに着いたので、場外市場付近を歩いてみた。夕方でほとんど閉まっているか開店前だったけど、雰囲気は味わえた。



 翌日が人間ドックで、ライブ終了時間にはもう何も食べられないので、寿司を買う事に。
 あちこち除いてみたけど、やっている店の中から「自遊人に出ました」看板を出していた「つきじ神楽寿司」と「もしもツアーズにでました」の「つきじずし」で悩んだんだけど、「神楽寿司」は、あぶりが自慢の用なので、「つきじずし」で特上の折りを2個作ってもらってライブ会場へ。
 今回はウチの奥さんと待ち合わせてのライブだったので朝日新聞受け付け前のロビーで寿司を食う(^^;。さすが、うまかったよ。これで特上が2700円は安いなぁ。もちろん、一般向けレベルなんだろうけどさ(^^;。



 結局築地市場は豊洲に移転が完全決定したんだっけ?


| | コメント (0)

2007/07/21

Clammbon@日比谷野音

clammbon 2007「tour Musical」
2007.07.21@日比谷野外音楽堂_C3-41



 雨具も用意していったけど、降りそうで降らなかった日比谷公園。暑さもそれほどでもなく。ベストなライブ日和だ。


 あ、さて。今年もやって参りました恒例の夏の野音のクラムボン(とはいっても去年に続いてまだ2回目の参加なんだけど)。
 野音はいいね(いつも書いてる(^^;)。音が隅々まで行き渡るし、座席が広いので、見た目よりもずっと座りやすい(まぁほとんど座ってないんだけど(^^;)。飲食自由なのがまたいい。もうクラムボンのライブなんて、人は歩き回るわ、酒飲みまくるは、酔っぱらうわ、もう大変楽しい。それでいてちゃんとライブとして盛り上がるのだからみんなすごい(^^;。あ、入場の時にくれるシャボン玉セットもゆるさ加減に輪をかけていて大正解。


シャボンだまセット(^^;

set list
01 THE NEW SONG
02 GOOD TIME MUSIC
03 柏手
04 That's the Spirit
05 SWEET SINGING
06 はなればなれ〜パンと蜜をめしあがれ〜ドギー&マギー〜Our Songs
07 便箋歌
08 君は僕のもの
09 あいのひびき
10 Long Song
11 tayu-tau
12 ナイトクルージング
13 Carnival
14 バイタルサイン
15 シカゴ
16 Merry go round!
encore
17 Bass,Bass,Bass
18 サラウンド
19 コントラスト
20 Dear Gould

 しつこいようだけど、ホントのんびり楽しいライブ。帰りはいつものように有楽町のガード下の焼き鳥屋で呑んで反省会。ゆるゆる…………

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じこ

 うぅむ、久しぶりにブログ復活したら、さっそく事故が。。。。。



 ウチの娘さん、バイクでサンキュー事故。のんびり仕事していた午後3時に狭山に呼び出されました。
 片側1車線の交通量の多い県道。渋滞している左端をすり抜けていたところ、渋滞で停車中のトラックにゆずられ反対車線から右折して、店舗の駐車場に入ろうとした乗用車の左フロントに激突。ボンネットにのっかったあと、路上に転落。腕や足に全治10日の打撲と擦り傷。落ち方がよかったようで、頭部は損傷なし。スクーターは写真のように。。。。。
 すでに未成年ではないので、事情聴取なども本人が直接受け、ボクは、現場に置き去りのバイクから書類などを取るために、現場と警察署を2往復。これが夕方で、道路は渋滞。片道5km近くあり、なんだかんだで、途中どうしても抜けられないバイトがあるという娘を所沢で降ろし、帰ったら8時過ぎ。
 まぁ、今のところバイトにいけるほど怪我は軽そうなので、よかったけど、明日の朝起きられないだろうなぁ打撲は翌日がきくからねぇ。。。。。
 まぁ、そんな日でした。

 スクーターを修理に出して見積を取らなくてはいけないのだけど(スクーターは、積んで帰って来た。こういうとき無駄にデカイ車は便利)、近所にHONDAはないんだよなぁ。ウチからいちばん近いSUZUKIのお店でも大丈夫かなぁ。。。。たぶん大丈夫だと思うんだけど。。。。
 しかし、明日じゃなくてよかった。明日だったら、クラムボンのライブに行けなくなってたもんな。

| | コメント (8)

2007/07/20

楽しみな今クールのドラマ

 先に挫折ドラマの話を持ってきちゃったけど、今度は楽しみに観ているドラマ。

パパとムスメの7日間
 コレ最高です。舘ひろしと新垣結衣。いやぁ、笑えるなぁ。うまいんだ、コレが(^^;。そういえば今週のピッタンコカンカンで舘ひろしが「ニャ〜」「舘ひろし♪、舘ひろし♪」「ニャ〜」ってやったのにはちょっとびっくり(^^;。

探偵学園Q
 前に単発でやったやつの連続モノ。アニメのコナンのレベル以下の事件が多いけど、まぁまさにコナンの実写版(とはいってもこれの原作もコミックなんだけど)って感じで、けっこう飽きさせない。メグ(志田未来)と猫田刑事(星野源)がいいですよ(^^;。

ホタルノヒカリ
 綾瀬はるか、突き抜けてきたなぁ。セカチュー女優として長澤まさみと見比べちゃうけど、なかなか成長してこない長澤まさみに比べて、綾瀬はるかは1作1作どんどんふくれてくる。ココントコ何やっても同じにしか見えない藤木直人もけっこうハマってるし。

風林火山
 なかなかね、これたぶん時代劇ゲーム好きな人に好評なんじゃないの?年寄り向けではないと思うよ。じっくり考えないとわかりにくい戦略知略が絡んでいるもの。ある意味かなりクールな大河ドラマ。ちなみに、諏訪の姫(柴本幸)、なかなか好きです(^^;。武田春信(市川亀治郎)との絡みが、どっちも大げさな演技で気持ちいい(^^;。板垣(千葉真一)死んでしまいました。。。残念。

携帯刑事銭形雷
 シリーズも5作目?のセカンドシーズン。(地上波ね。BSはすでに6作目の銭形海)のそろそろ割りそうだけど、セカンドシーズンになってからゲストが豪華になり、石野真子や大西結花が出てきたりした。まぁ、トリックの度合いもお笑いの度合いもかなりレベルは低いのだけど、その低さをわざと個性にしているところがこのドラマの面白いところ。それに新人女優の登竜門だし(^^;。1作目「愛」が宮崎あおい、2作目「舞」が堀北真希、3作目「泪」が黒川芽以、4作目「零」が夏帆。凄いでしょ。今の「雷」の小出早織もすでに「時効警察」に出ていたりしてなかなか有望だし。

プリズン・ブレイク2
 まぁ、どこまでいくんでしょう。

ライフ
いじめをエンタテインメント化?それとも最後まで観ていくとそうではなく深いところに斬り込んでいく?。北乃きいがいい。星井七瀬が新しい魅力を出している。どこまでヘヴィでシリアスに持っていってくれるかな。。。。。佐古くんの変態ばかりが強調されると「ティッシュ」の直後なだけに、どうなの?(^^;

受験の神様
 土曜のこの枠は、芝居がかった、でもそれが気持ちいい作品を作るのがうまいね。「演歌の花道」から連続しているようなイメージを抱かせる成海璃子がさらに化け続けてくれるだろうか。l

 昼ドラは、まぁ夏休みだから「大好き!五つ子GoGoGo!!」美穂役の笹岡莉紗がお気に入り(^^;。「こどもの事情」は、「キッズ・ウォー」を彷彿とさせるというふれこみで観始めたけど、なかなか楽しみ。まぁこぢんまりしたドラマだけどね。

 「ファースト・キス」「花ざかりの君たちへ」「牛に願いを」「山田太郎ものがたり」あたりは、とりあえず様子を見つつ。。。。。。。。「牛に願いを」のキャスティングはすんごく好きなんだけど。。。。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今クールの挫折ドラマ

 毎度、どうしても耐えられなくなり挫折するドラマがいくつかあるんだけど(っていうか、最近はできるだけ無駄に観ないように頑張っていたり。。。)
 今クールは、2、3回目ですでに挫折したものが3本。いや1本は予告で挫折。

地獄の沙汰もヨメ次第
 またか、まぁ今回のはどっちも言いたいことをバンバン言い合うっていう似たもの嫁姑なんだけど、んでも、またかぁ、、、だよねぇ。野際陽子も姑役じゃないと大好きなんだけど。。。。

肩ごしの恋人
 始まる前はちょっと期待していた。米倉は怨念女役から離れ、高岡早紀ももともと好きなので、、、、、、。でも、だめだった。原作が単なる恋愛ものだというところも見落としていた。。。。。

女帝
 タイトルからしてダメ。加藤ローサがいかん。テレ朝だし。。。。ナナムジカの主題歌には興味はあるものの。。。。予告編で脱落。。。。

山おんな壁おんな
 伊東美咲も深田恭子も大好きなんだが、、、、、、やっぱ演技はダメだぁ。。。。その二人のレベルにあわせたドラマだし。。。伊東美咲なんか、けっこう頑張ってはいるんだけどね。。。。。。。断念。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/16

だいやもんどしてぃ

 武蔵村山にできたダイヤモンドシティ・ミューっつーショッピングモールに行ってきた。三越とサティの間にいろんなショップと映画館。なんか人が多いと思ったら、ハリポタの先行ロードショーであった。
 う〜んとここは、元日産の工場の跡地だったのかな?
 住宅地の商店は消滅し、こういう巨大モールやアンテナショップとディスカウントだけが残っていくのかな。。。。あとはネットで事足りるって感じで。。。。。

| | コメント (0)

2007/07/05

斉藤和義@ZeppTokyo

斉藤和義ライブツア−2007〜紅 ベリー ストロング〜
2007.07.05@ZeppTokyo/B18
SetList
01 愛の賛歌
02 恋と愛がある国で
03 Baby I Love You
04 スローなブギにしてくれ
05 BAD TIME BLUES
06 キャンディ
07 ジェラス・ガイ
08 幻の夢
09 君は僕の何を好きになったんだろう
10 らくだの国
11 ベガ
12 月影
13 ウエディング・ソング
14 ダーリング
15 真っ赤な海
16 手をつなげば
17 ロケット
18 ワンダフル・フィッシュ
19 ベリーベリーストロング
eocore
20 君に会うまでは
21 虹
22 歌うたいのバラッド
23 やわらかな日々
24 俺たちのロックンロール
eocore2
25 歩いて帰ろう


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »