« MacBook | トップページ | 金銀ピカピカな印刷 »

2007/02/01

幸せのちから

 2月1日、映画の日です。それほど観たい映画はなかったけど、行ける限り行くことにしているので、ウィル・スミス親子の「幸せのちから」を観に。

 アメリカの小品。ちょくちょくこういう作品に当るけど、評価は高いのね。こういう映画を観ると、日本人とは全く作りが違うなって感じる。前々ウェットじゃないんだよね。感動的な作品づくりをしているんだろうけど、ウェットじゃない。「クラッシュ」とか「ミリンオンダラー・ベイビー」なんかに似たような匂いを感じるんだけど、当人にとっては、とても重く大きい出来事だけど、他人から見るとまぁそういう人生もあるさね。くらいの感じで作っているんだけど。邦画だと、登場人物の気持ちをすごく強く描くので(韓国映画だとそこを描きすぎて、話が破綻する(^^;)、激しく重い。これはおそらく国民性なんだろうね、アメリカだと、前向きで、切り替えが早いからだろうか。



夕方、東の空に上がった月

|

« MacBook | トップページ | 金銀ピカピカな印刷 »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33206/13779855

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せのちから:

» 幸せのちからを観てきた [旧作DVD(ビデオ)から新作予告編まで超個人的映画情報]
よかったです、ほんと~によかったです。俺が父親で映画の中の男の子と同じぐらいの年齢の娘がいるので余計だったかも知れないけれど、期待通りのいい映画でした。日ごろ、子供を可愛がってやれたなと思うお父さん、お母さんは必ず行きましょう ;水曜日に行ったので女性の方も多かったのですが映画の終わりごろには周りですすり泣く声があちらこちらで聞こえておりました。... [続きを読む]

受信: 2007/02/07 18:45

« MacBook | トップページ | 金銀ピカピカな印刷 »