« 親不知 | トップページ | つま恋 »

2006/10/09

鈴鹿最後(?)のF1

FIA F1世界選手権シリーズ第17戦 フジテレビ日本グランプリレース
2006.10.07-08@鈴鹿サーキット F2 F-5-7

 今年も行ってきました、鈴鹿。とはいっても自力でチケットを買って行くのはこれが初めて。かれこれ足掛け7年6回めの鈴鹿。先行予約の時には、どの席がいいかなぁ。。。。。と、迷っているうちに終了してしまい、その後一般発売になっても迷っているうちにすべて完売状態に。。。。。。
 う〜ん、今年は行けないのか?鈴鹿は最後なのに、、、、、と、ぼんやり思っているうちにMシューマッハーが、引退を宣言。ゲゲッと焦り出して、ヤフオクでチケットをあさり出したのが先月半ば過ぎ。すでに観戦券さえ完売状態の異常な今回は、ヤフオクのチケットもはげしく高騰。
 しょうがないので、mixiのコミュで売りますのヒトにメッセージを送ってみる。最初は一足遅れで断られたものの、翌日、前の人がだめっぽいので急遽売ってもらえることに。なんと4000円安くしてくれるとのこと。大喜びでさっそく振り込むも、焦っていて本人の名前の読みを聞くのを忘れメールで見た「木」を「水」と思い込み(こうして並べて打ってみると、やっぱ全然違うじゃん(^^;)、振り込みする。もちろんそんな口座名義はないので、銀行からバックの電話が(^^;。なんとか「キ」に変えて振り込みギリギリセーフ。チケットが届いたのは、出発の前日の夕方。
 さてこれが、大風の熱帯低気圧が来ていて、えらい風と雨の中を出発する、金曜午後8時。談合坂で9時に待ち合わせ、まぁすぐに雨はやみ、クルマ2台コンボイで走っているつもりが、違うクルマのケツにずっとついて行ったりもしつつ深夜3時くらいに到着。
 いつもだと、メンバーの一人がオートキャンプ場をとってくれていてテントを張るのだけど、今回はそのメンバーが不参加で、駐車場に2台停めて4人で車中泊の予定。しかし、駐車場の予約などしていないので、行ってから民間の駐車場を探す。土壇場で、知り合いのご主人がいつも駐車場泊で行っていることを思い出し(ホンダの社員なのだ)、連絡先を教えてもらうも、すでに満車。しかし、昔取った杵柄のわーさんが昔泊まっていたあたりに行ってみると、意外と簡単に取れた。クルマ1台1万円のを3ブロック、クルマの間にタープを張りテーブルを出して、簡易キャンプ状態。風が強くてしんどかったり、深夜に雨が降って急いで撤収したりと、それなりにいろいろあったけど、キャンプなのでまぁそんなもの(^^;。
 荷物を極端に絞って行ったのでクルマの中は広々、イスをフラットにしマットを敷いて寝袋で寝る。この季節クルマで寝るのもけっこう悪くない。冬だとエンジンかけっ放しだったり、夏だと窓を開けても暑かったりするけど、秋は日が昇るまでは、快適(^^;。
 
 

 さて、金曜の予選。やっぱり今年は異常。予選の午前中なのにいつもの決勝並みの人出。普段の買い物欲も消え失せ、パンフレットと飲み物を買い、さっさと席に向かう。
 予選は、Mシューマッハーが、コースレコードをたたき出し、感動のうちに終了。フェラーリの2台がめちゃ速いので、こりゃMシューマッハーの優勝決まりか。有終の美ってやつだね。と思っていたのに、、、、、、。

 決勝。2日間とも金曜とはうってかわってよい天気(そういえば、鈴鹿でウェットレースにお目にかかったことがないな)。結果はご存知のとおり。目の前の大画面スクリーンで、ボクの席からは見えないところでそれまで快調に走っていた赤いクルマが白煙(オイルか)を上げて止まるのを見た。

 という、鈴鹿20年めのF1でした。チケットを売ってくれたヒトもいい感じで、二人で赤いクルマを応援していたんだけどねぇ。。。。。。。まぁまだ1戦ある。

 帰りは、マナーの悪い暴走トラックがいて、一帯の走行速度を上げてしまったので、6時間ほどで帰り着いてしまった。。。。。(^^;

 さて、来年は富士か。

|

« 親不知 | トップページ | つま恋 »

ライブ、音楽、アイドル」カテゴリの記事

人、近所、旅」カテゴリの記事

コメント

最後?の鈴鹿、最高でしたね!!

跳馬が失速しなければ...

それはそうと、ブログトップの風にたなびくフラッグの写真、見事すぎますね!

来年は誰を応援しましょうか?(笑)

投稿: チョリン | 2006/10/10 04:01

来年は、やっぱ赤組かなぁ。ライコネンって、けっこう好きなんですよ、無茶な走りするから(^^;。
マシンは、銀色のがかっこいいので好きなんですが、、、、、、。アロンソは確か銀色に移るんですよね。赤vs銀の対決になるのかなぁ。

投稿: 罰 | 2006/10/10 11:32

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿最後(?)のF1:

« 親不知 | トップページ | つま恋 »