« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

ムーンライダーズ

祝!結成30周年 ムーンライダーズ
Vitage Moon Festival
2006.04.30@日比谷野外音楽堂C3-35


まいど野音。始まる前

 初めてムーンライダーズを観に行くにあたって、あまり下調べもせず、ふらりと昔の友達にでも逢いに行くような気分で、すっかり油断していきましたら、ビックラ仰天。(ホントは、ちょっと怖かったのだ。マニアックなファンばかり集まっている中にボクみたいなミーハーが行っても楽しめるものなのか。。。でも、野音だから大丈夫かな?って気持ちはちょっとあった(^^;)

 何が驚きなのか。。。。。とりあえずどこからか拾ってきたセットリストをご覧あれ(拾い先、忘れちゃった。。。。mixiのコミュだったかなぁ。。。。。あげてくれた人々、拝借していますm(_,_)m)

set list
架空楽団_Waiting Concert
01 VIDEO BOY
02 薬屋さん
03 釣り糸
04 ビューティコンテスト
05 大人は判ってくれない
06 Y.B.J.
07 魅惑の港
08 イスタンブール・マンボ
09 マニアの受難
10 HAPPY/BLUE'95
11 くれない埠頭Concertくれない埠頭(架空楽団〜Moonriders)
----------------------------------------------------------
大人の悩みに子供の涙〜鬼火(みうらじゅん)
Frou Frou
30(+青山陽一)
青空のマリー(+サエキケンゾウ)
ボクハナク〜工場と微笑(+カーネーション)
MY NAME IS JACK(+野宮真貴)
大人の悩みに子供の涙(+ポカスカジャン)
スカンピン(曽我部恵一)
空から降ってきた卵色のバカンス(+原田知世)
大寒町(+あがた森魚)
赤色エレジー(+あがた森魚)
塀の上で(+遠藤憲司)
ビートルズをぶっとばせ(遠藤憲司)
くれない埠頭(+PANTA)
9月の海はクラゲの海(+高橋幸宏)
夢ギドラ
週末の恋人
BURLESQUES
マスカット ココナッツ バナナ メロン
冷えたビールがないなんて
BEATITUDE
Don't Trust Anyone Over 30(ゲスト全員と)
encore
アシッドムーン
ゆうがたフレンド(公園にて)

 いかがでしょう。。。。。そう、30周年記念だったんだよね。もう、銀婚式の披露宴会場のような雰囲気(銀婚式は25年だけど(^^;)
 現存する日本最古のロックバンドにして、このゲスト陣。みうらじゅん(歌、長かったなぁ(^^;)は、前振りとして、サエキケンゾウにまず感動した。動いてる(^^;。野宮真貴、本物だ(^^;。な、なんと知世ちゃんじゃん!うぉ〜、動いてるよあがた森魚だ、エンケンだ。え!?PANTAキタッ!わーいユキヒロさんだよ〜
 ってな具合で、もうね、歴史博物館ですよ。
 まぁ、一番クラッと来たのは知世ちゃんなんだけど。。。。。。(^^;
 もちろんパールの表紙で型押しで、レターネッドとかついているパンフレットも買いましたよ。


素敵なデザインだよねぇ


遺影使える写真たち(^^;

う〜ん、お腹いっぱいとは、こういうことを言うのだった。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/28

安藤裕子@MerryAndrew

安藤裕子 Live "Merry Andrew"
2006.04.28@ShibuyaAX/B387

 ゴールデンウィークのShibuyaAX付近は、イベント中らしい。トヨタとのコラボ(?)bBのでかい、ホントにでかい作り物が出来ててこれを写メしてどっかに応募すると、何かがもらえるんだとか。。。。。


AXの前には、何やら変な作り物が。。。。。

 初安藤裕子!
 あ〜、なんていうの、すごくヘン。すごくだらだら、すごく可愛い、すごくぼろぼろ、すごく手づくり、すごく一所懸命、、、、、、、、、これが安藤裕子なんだなぁ。。。。。。
 avexにはホントいろんな人がいるよ。
 「のうぜんかつら」でハマり、わらわらと音源と情報を探しまくってこのライブにたどり着いたのだけど、不思議な感じの人ですよねぇ。
 弱いけど強い、そんな感じかな。魅力的なんだけど、付き合いは大変そうだ。でも自分だけの世界を持っているというのは、今どき非常に貴重である。このままぶれずに行ってほしい。
set list
01 ニラカイナリィリヒ
02 Green Bird Finger.
03 サリー
04 悲しみにこんにちは
05 煙はいつもの席で吐く
06 のうぜんかつら
07 黒い車
08 MONDAY BABY.
09 さみしがり屋の言葉達
10 愛の日
11 Lost child,
12 チームアンディの唄
13 ポンキ
14 み空
15 夜と星の足跡 3つの提示
16 隣人に光が差すとき
17 聖者の行進
encore
18 のうぜんかつら(リプライズ)
19 あなたと私にできる事

| | コメント (0)

2006/04/23

Salyu "close to you"

Salyu Acoustic Tor 2006 "close to you"追加公演
2006.4.23@ラフォーレミュージアム六本木 375

 もっと前からちゃんとチェックしておけばよかったなぁ。
 ToysFactoryファミリーのSalyu。ここのところなかなかチケットが取れない人になっているSalyuの追加公演なのに、またも相棒が来れなくなり急遽チケットを1枚売りさばく(実は、大塚愛のライブもバッティングしていたのだが、そっちは中学生の娘をウチの奥さんに引率して行ってもらった)。風邪気味で微熱もあったけど、しとしと雨の降る中を一人六本木へ。
 全部で500人くらいかなぁ?今回は特に若い客層だったなぁ。ほぼ20代前半って感じ。女子多し。こんなに似通った世代しか集まっていないのも珍しい。前の方は椅子席、立見はフェンスの後ろという状態。カメラも入っていたので、DVD化かな?
 さて、あまり映像でお目にかかってもいないので、ボク的なビジュアルイメージを持っていなく、ほぼ白紙の状態で観に行ったのだけど、(もともと岩井俊二の映画「リリィ・シュシュのすべて」で全域で歌っていたのだが、映像は、最後のライブ会場のシーンで会場外のスクリーンに少しだけ流れる。そのときには、映画は好きだったけど、それ以上の興味も持たず、後でリリィ・シュシュがSalyuだったと知ってCDを買った)黒いドレスの上から赤っぽい着物を羽織り、裾を大きくまとめて腰の後ろで縛った(イメージ湧く?(^^;)姿で登場。足下はサンダルかな?
 全体にふっくらして、優しそうな、でも元気の良さそうな女の子は、とても低い声で歌い始める。

(セットリストはこんな感じ?)

 Peaty
 Dialogue
 光の束
 エロティック
 飛べない翼
 体温
 landmark
 Dramatic Irony
 Something(これがビートルズの曲だって、どんだけの人がわかったかなぁ、、、(^^;)
 VALON-1
 彗星
 Tower
<encore>
 風に乗る船
 to U

 ちょっと高めの椅子に腰掛けながら歌う彼女の声は、低音よりもファルセットとの境目の中音域の張りのある声が好きだ(リリィ・シュシュの時には、つぶやくような低音の歌が多かった)。
 (メジャーデビュー前は吉祥寺のStarPinesCafeで歌っていたらしい。そのころ観たかったなぁ)
 バックメンバーは、どっかで見たことあるよなぁ、、、、、と思っていたら、な〜んと、名越ゆきお(g)(う〜ん、ちゃんとしたプロフィールを見つけられないが、いろいろやってる有名なギタリスト。もとトリマトリシカ平岡恵子の旦那)、清水弘貴(g)あらきゆうこ(perc)の3人なのだった(清水さんあらきさんは夫婦)。いやぁ、なかなかのもんだ。
 で、アンコールの2曲目、ニュース23のエンディングテーマ「to U」では、御大小林武史登場!。朝は、EarthDayで、代々木にいたはずだよね。
 

 ライブ会場でSalyuが「今日はリリィ・シュシュの曲もやります」と言ったときの会場内の、そしてボクの周囲に立っていた女の子たちの、ざわめきで、もっと知らなくてはいけないことが、たくさんあるような気がして、もう一度「リリィ・シュシュのすべて」を観てみた。
 で、映画を観ながらCDを手に取って見ていたら、Lily Chou-Chouの「呼吸」というアルバムのライナーの最初のページに書いてあったよ。「Lily Chou-Chou are Salyu,Takeshi Kobayashi,Shunji Iwai」ってさ。
 さて、もっとSalyuについて知らなくてはいけないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝動買い

 「春の祭典」。東久留米市のアマチュア芸能人たちのつどい初日。楽鼓の人たちが参加しているので、例のごとく写真を撮りにいってきた。イベント事にできるだけ撮りに行くようにしているのだけど、その写真、まったく上手く活用できなくて、ボクのHDDの中で眠っている。サイトをちゃんとしないとね。。。。と言い続けて早幾年。。。。。。(^^;

 で、今日のテーマはそれではなく。その帰り、近所のサトウ無線が、改装閉店展示品処分をやってるというので、通りすがりにひやかしに寄ったのだ。
 いいねぇ、限定品のみになったシンプルな店内。どれもこれも赤札のみ。
 HDD内蔵DVDレコーダーを見たんだけど、10数台のみで、「BSがついていて、ダブル録画ができるやつってどれ?」と聞くと。「SONY RDRHX82W」っての。通称「スゴ録。」って一派のヤツですな。HDDは160GB。「それってどれくらいなのかな?」って聞くと、「まぁきれいなモードで80時間。」「普段はビデオで3倍速でしか録らないからそれ程度なら?」「それの3倍ですから240時間ですね」「おぉ素晴らしい、120分テープ40本分じゃん、そんなに録りきれないね(^^;。で、5.5万程度かぁ。。。。安いけどねぇ、、、高いなぁ。。。。」としばし商品の前を行ったり来たりしていると、さすが閉店セールの開始1時間程度のところ。店員さんが盛んに新しい値札に張り替えて歩いてる。立ち止まって、見ていると、お目当てにも張った。「32000円」「これください」
 昨日のブログで、「HDDレコーダーなんざいつのことか、、、、」と、書いた舌の根も乾かぬうちに。。。。。。。。。。とはこのこと(^^;。

便利だろうな、とは思っていたけど、予想以上に素晴らしいね、いろいろ、、、(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/22

食器洗い機

 我が家で人気のある電気製品のひとつ。食器洗い機。
 今のマンションに引っ越した時に設置したので、もうかれこれ10年になる。

サンヨーのDW-S1B(K)ってヤツ

 コイツが、最近確実性がなくなってきた(ちゃんと洗えていないことが多々ある)んで、メーカーに電話して、出張で診てもらった。
 「何年になりますか?」
 「もう10年くらいですね」
 「そうですか、6、7年目くらいから調子が悪くなって、10年というともう替え時ですねぇ」
 「……(そんなこたぁわかってるけど、どんなもんか診てもらおうと呼んだのだぞ)」
 「どんな調子ですか?」
 (あれこれ説明する)
 「あーなるほど、これくらいになるとパッキが厳しくなってくるので水漏れが、、、、、は、していないようですね。じゃ、ノズルがつまって、、、、、、もいないようですね。だとするとポンプかな、でもポンプは、工場に送らないとチェックできないんですよね」
 「(うぅむ、、、、、、何もわからないってことか。。。。)で、ポンプが悪くて修理だと、どれくらいですか。」
 「ポンプの交換だと、4、5万は行っちゃいますねぇ。中のカゴもかなり行っちゃってるので、交換した方がよいかも」

確かに、このカゴは、かなり前から交換したいと思っていた。相当行っちゃってはいる(^^;

 「カゴはいくらくらいで?」
 「そうですね、1万5千円くらいかな?」
 「け、けっこう高いですね。。。。。。工賃とか含めると6、7万?もっと?」
 「そうですねぇ、けっこういきますかねぇ」


 「検討します。。。。。」

 で、出張手数料2200円+税で彼は帰っていったのだった。問診料2200円+税。。。。。。。。
 電話で済んだんじゃない?経年劣化で、もう廃棄した方がいいよってことなんでしょ?(^^;

 あ〜あ、いろんなもんの入れ替え優先順位が、またもやわからなく。。。。。。。。。HD+DVDレコーダーとか、液晶プロジェクターとかの順番は果たしてやってくるのだろうか?


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/21

グリーン・ディスプレイ

 ずいぶん前に緑になってしまったウチのシネマくん。
 あぁ、もうかれこれ1年近くそのままデスクの上で、電源を入れられないまま黒い壁となっているのだな。。。。。。
 修理、、、とはいってもすでに保証期間など軽く過ぎてしまっているわけだし、Appleに問い合わせる気力もないまま、もしかしたら何かの気の迷いで緑に?などと、たまにつなげてみるけど、やっぱり緑。。。。。でもマルチモニタの母艦になっているPowerBookの方の出力がいかんのかもしれないし。。。。とも思い、でもこれまた実験しなきゃ、、、と放置してあったのを、昨日ふと思いつきすぐ横で奥さんが使っている液晶モニタをPowerBookにつなげてみた。
 大丈夫。。。しっかりきれいに映ってるよ。。。。。
 これでシネマくんがいかれてしまったのだということがはっきりした次第で。。。。。
 さて、どうするか、、、、、、Appleに電話してみっか?ピックアップ&デリバリーで直してくれるかな?5万くらいまでなら出すかなぁ。。。。。。。いや無理かなぁ。。。。。

ちょっと泣いてるみたいなシネマくんの背中。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/20

てなわけで税務署

 行ってきましたよ。
 普段確定申告の時には、申告書を提出して、受領印だけ控えにもらって帰ってくるんだけど、今回は、家を買ったとき以来のご相談コーナー。
 普通の申告書はできているのでそれの添付書類であるところの「収支内訳書」を見ながら「課税取引金額計算表」に経費などを書き込んで行く。
 例のごとく、ようく見ると、申告関係の書類はよくできていて、どこに何を書き込むかが同じ記号が各欄に表記されていてわかりやすい。
 売り上げ金額や経費を書き込み、さらにその経費が課税取引の対象になるかどうかを記入していく。仕入れをして物を売る商売ではないので、これまた比較的シンプル。
 課税取引っつーのは、要するに消費税が課税されるようなかねのやり取りであるのかどうかってこと。たとえば受取利息とか、土地の売却、賃貸収入、社会保険医療の給付、火葬や埋葬料、授業料など(他にもたくさんあるけど)は、これには当てはまらないらしい。まぁ、普通の買い物に課税される。でも、よーく見ていくと、けっこう曖昧。まぁどっかにきっちり細かいところまで記載されている書類とかあるんだろうけど。。。。

 んで「課税取引金額計算表」を見ながら「課税売上割合・控除対象仕入税額等の計算表」なるものに、それぞれの項目の計算式に当てはめながら書き今で行く。ここでの計算式は×4/105とか出てくるんだけど、まぁ言われるがまま。
 んで、所得金額に含まれている受け取っている消費税と、経費として支払っている消費税を差し引きするわけですな。
 あとは、申告書に、足し算引き算をしながら書き写し、出来上がり。
 予想どおり、3月31日が申告の締切だったので、加算税だの延滞金だのがつくらしい。5、6パーセントくらいなのかな?けっこうしっかり取られてしまうのだ。所得税の還付金と相殺をお願いしてきたのだけど、けっこう大きいね、消費税。

 時間かかるかな?と、思って待合室で読むための本とか、仕事もできるようにPowerBookとか持って行ったけど、さすがに時期外れなので、すぐに席に通されて、30分もかからずに全行程修了。
 一応こうやって書いて復習しておいたから、来年は大丈夫かな?来年こそは、3月中にやり終えるぞ。(といいつつ。。。。。。もう18回も確定申告してるのかぁ。。。。。(^^;)

 あ、「諸費税簡易課税制度選択」のことを聞いてくるのを忘れた。。。。。

写真は、本文とはまったく関係なく、大学や社会人にな
ったので、兄妹揃っての記念撮影をしようと言って正装
させて並ばせたら踊り始めたアホなウチの子ら。。。。
いやしかし、今さらだけど写真は難しいなぁ、最近全然
思う通りに撮れないよ(^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

やっと確定申告

 ここんとこずっと籠りっきりで仕事中。。。。。まだまだ当分そんな感じ。。。。。
 近所の写真もいろいろ撮ってるのだけど、さっぱり公開する間もなく、、、、

 富士山と桜とかね。

 意外と、散ってしまって地面を埋めている桜道が好きだったりもする。

 まぁ、そんなこんなで、今年も締切を過ぎて、やっと確定申告書がまとまった。今年の進歩は、経費を計算するための表をクラリスから、エクセルにしたこと。毎年全ての領収証を打ち込んで計算するんだけど、ちゃんとした書類ではないよね、たぶん。だから青色にはなかなか行く気が起こらないのだ。
 でも、消費税がまだ。。。。。。所得税は、ボクの場合還付申告なので遅れてもいいけど、消費税は、たぶん駄目なんだよなぁ。。。。。締切は3月31日だったはず。
 しかし、初めての消費税の納税なんだが、手引きを読んでもさっぱり頭に入ってこない。こりゃ、一切合切持って、税務署に行くしかないねぇ。めんどくさ。

 しかし、最近エクセルだの、ワードだの使い始めちゃってるなぁ。。。。。こういうのって縁がないと思ってたんだけどなぁ。。。。とても難しいっす(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/10

Cocco新曲

Coccoさん、ニューシングルだそうです。

5月24日発売
1 陽の照りながら雨の降る
2 手の鳴るほうへ
3 コンポジションA

初回限定ボーナス・ディスク(映画“ヴィタール”エンディングテーマ曲「blue bird」)付き


うぅむ、矢継ぎ早ですな。今度は、世間のレールに乗ってみるつもりなのかな?
この調子だと、ライブも年内にはやりそうですねぇ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/08

玉置浩二

玉置浩二ConcertTour2006─PRESENT─
2006.4.8@府中の森芸術劇場どりーむホール1F24-46

 3連発の3発目は、1年ぶりの玉置浩二。今回は相棒がドタキャンのため、またもや一人で府中の森へ向かう。地図を見ると小金井街道を一直線10km程度なので、MTBで頑張って走って行った。吉祥寺よりはちょっと近いけど、アップダウンが激しいので、こっちの方がキツい。それに向かい風もすごく、行きはけっこう大変だった。しかしボクのMTB。もうちょっと速くならんかなぁ。。。。。いちばん重いギヤが入らなくもなっているし。。。。。。やっぱ新しいの買わないと駄目?いやいや、今のをなんとかして、長生きさせたいのだけど。。。。。。15年とか20年って、自転車の寿命はどうなんだろう。。。。。?まぁ、走れているうちは、ちゃんと整備して乗ればいいんだとは思うけどね。しかし最近の自転車は、みんな速いよね(^^;

 2003年に安全地帯で、去年は玉置浩二ソロを観に行っているけど、全然MCがなかったのだ。別にたくさん喋ってほしいとは思わないし、曲をたくさんやってくれるのはすごくうれしいんだけど、、、、、最近のライブの音というのは、完成度が高くて、CDに録音されている雰囲気をそのまま伝えてくれちゃうので、音だけを聞くのなら、CDで十分なのかもしれないのだ。ライブでは、そこに本人が歌うこと、またその前後でちょっと話をすることで、よりその楽曲への思い入れが深まるというメリットがある。(だから、MCは基本的には、曲のないようについてちょっとふれてくれるとうれしい)
 ここのところ見た玉置浩二は、それがなかったので、ライブの帰りには、どこか「?」が頭の中をめぐっていたのだ。
 でも、今回はちょっと違いまして。最初歌うように「府中の森〜いぇ〜」みたいな感じでちょっと入れたんだけど、十数曲やったところで「人生いろいろあるよね、みんなもいろいろあるんだろうね」なんて玉置らしいセリフがちょこっと入り、メンバー紹介もちゃんとして、途中「ありがとう!」とかも入れ、アンコールでは「いろいろ関わっていても、最後は死んじゃうんだよねみんな」みたいなMCもあり(まぁ「やせっぽちの星」っていう、飼っていたネコが死んじゃったことの歌を歌ったんだけど)、たったそれだけなのに、今までとは違う、すごくライブの雰囲気が、やったすべての楽曲の重さが増したような感じがしたし。客との距離が一気に縮まって、すごく盛り上がったような気もしたんだ。

 実に23〜5曲くらい、今回はwebでリクエストなんかも募っていたので、古い曲もたくさんやって、じつにお腹いっぱいなライブでした。こんなライブなら、来年も行きたいね(^^;。

 【おまけ】午前中は、娘の短大の入学式に行った。大学生にもなって入学式に親が行くのは物好きなウチだけかなぁ。。。。と、思っていたら、けっこういて驚き。実際息子の時には行かなかったし、自分の高校の入学式以降親がそういう式に出たことなどない(と思う)家庭に育ってきているので、なんだかな、とは思いつつも、女子大だし、、、、、というスケベ心半分で行ったわけではある(^^;。まぁ、何のことなく入学式で(学長がボクより若そうだったのと、やたらビジネスマンだったのに驚いたが)、ちゃっちゃと帰ってきたのだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/07

花実

花実with T-Project 
「四月ウサギのお茶会」
Live at Manda-la 2
2006.4.7@吉祥寺Manda-la2

 さて、今日も今日とて、ドタキャンのあらしの中、一人で吉祥寺に向かう。十数キロの道のりは、MTBだ。玉川上水沿いを走り、井の頭通りを抜け、去年の10月と同じ吉祥寺のマンダラ2へ。
 マンダラ2の隣は、ちょうど公共の駐輪場。100円払ってMTBを停める。
 開場20分前くらいに着いたのだが、並んでいたのは2人だけ。開場してもしばらくは10人程度の入りだった。最前列に陣取ると、例のごとく開演前にも会場内をウロウロする花実ちゃんがボクを見つけてご挨拶。いやぁ、ライブ会場で、アーティストに挨拶されるって、、、、、、(かなりミーハー(^^;)
 手持ち無沙汰で1時間。開演のころにはちょうど満席の80人くらいかな?去年はTV番組の撮影が入っていたせいでかなり頑張って集客したらしく、席はぎゅうぎゅう、立見もたくさん出ていたけど、今回は、全員がテーブル付きで、ゆったりしたライブだった。

 T-Projectは、新メンバーで、都留さん以外はギターの久保田邦夫さん、パーカッションはおーいしとものりさんという人になっていた。ギター(Takamineユーザーだった(^^;)の久保田さんはなかなかのプレイヤーで、都留さんとのバランスも抜群。パーカッションのおーいしさんはかぶり物のよく似あう若者でしたよ(^^;。
 そうそう、MCでちょこっと明かされた都留さんの正体。なんと「8時だよ全員集合」で、キーボドやバイオリンを弾いていたんだそうな。さらに、「食いしん坊バンザイ」のテーマサウンドの作曲も彼なのである。いやぁ、歴史上の人物なんだ(^^;。

 花実ちゃんの歌は、年々良くなる。CDを出さないかねぇ。。。。。。ライブ音源で、会場のみの発売だってかまわないと思うのだが。。。。。。歌詞カードがないと、曲を覚えて、一緒に歌えないじゃん。
 花実ちゃんにであってから3年?4年?陰ながら応援しているのだけど、なかなかポンッと来ないので、mixiにコミュなど作ってみたりする(^^;。mixiなヒトはどうぞ

セットリストは

1.虹住む街へ
2.月の回廊
3.toki
4.化石の海
5.十界の辻
6.Your Birthday Song
7.空とぶ猫
<interval>
8.ステラスコープ・ミュージアム
9.砂の上をゆく
10.Still Water
11.クウチュウモクバ
12.おとぎばなしがきこえる
13.ポケットにライカ
14.僕らの風景
15.空と水
<encore>
16.飛行船の帰る場所

今回のお土産。ちょっとグレードアップ(^^;


p.s.あんな胸の開いたワンピースで、何度も何度も床にかがんではいけないと思います。エロかわいいとかって路線じゃないんだから(^^;。おぢさんはドキドキしてしまいました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/06

YUI

YUI First Tour 2006 7street〜LIVE LIFE LOVE〜
2006.4.6@ShibuyaAX A-157

 4月3連ちゃんの第1日目。 
 いやぁ、待ちに待ったYUIのファーストツアー。路上は福岡だけらしいので、なかなかお目にかかるわけにもいかず、テレビもそんなに出ないし。
 サイトをチェックしていて、早々に申し込んだチケットは、157番目。オールスタンディングだから、ほぼ最前列近辺と考えてオッケイな番号だ。実際入場してボクらが陣取ったのは、ほぼセンターの前から3人目。普通のホールなら最前列よりも前って感じ。
 
 さて、リハーサルが押したとかで、20分遅れで始まったライブ。YUIは相当緊張している様子で、笑顔などひとつもない。で、そでの誰かの指示を仰いでいるのか、曲間に何度も何度もそでを見る。
 しまいには、何があったのかわからないけど、おそらく予定外であろう、不得手なMCをずるずるとやる羽目に。。。。。あれはかわいそうだよなぁ。ただでさえ、あんな大勢の前で歌うのにまだまだ慣れていないとろだろうに。。。。。。それと、ドラム。変えた方がいいよ。あんなに走るやつぁよろしくないぞよ、たぶん。

 でも、YUIは、予想どおり一所懸命で、オリジナリティもあってすごく良かった。
 真面目で神経質そうだけど、やっていけるのかな?歌うこと以外のいろんなしがらみに押しつぶされなけりゃいいんだけど。。。。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cocco新聞連載

 Coccoが、毎日新聞で月1のコラムを始めました。毎月第1月曜の朝刊の生活家庭面。
 で、記念すべき1回目を逃してしまった。。。。。。。。
 でも、webでも公開されました。よかった(^^;。
 「想い事。」というコラムです。初回は、家族の思い出と写真について書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/01

crashと大国魂神社

 さて、4月1日。エイプリールフールだけど、映画の日。
 中学生の娘が「ナルニア国物語」をどうしても観たいというのだけど、こっちは、さっぱり観たくない。なので、他の映画と上手く時間があっているところを探す。しかし、この時期あまりこれといった作品がないのであった。でもアカデミー賞を「ミュンヘン」と争った「crash」がまだ上映中であるのに気づき、府中のTOHOへ。
 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本を書いたポール・ハギスが監督ということだったけど、同じように愛のあふれる静かな話だった。
 アメリカの都会(ロサンゼルスだけど)は、直接のクラッシュ(衝突)でもなければ人とのふれあいは皆無に近い。そんな話で、なるほど、今どきは人はどこも同じような生活をしているんだなと思った。普段は洋画を観ると、文化や生活感や宗教の違いでいろいろ考えさせられるのだけど、この映画ではむしろ、同じように冷めて寂しいんだな、、、、、という人間の普遍的なぶぶは同じなんだ、ということを再認識。
 一緒に観たウチの奥さんは「タクシードライバー」みたいな感じだったね、と。なるほど、そうかも。アメリカ映画っぽくなく、白黒はっきりつかない、優しいんだけど厳しい、そんな感じだ。

 すぐ近所に大国魂神社があるので、しだれ桜を見に。ライトアップにはちょっと早い時間だったので、残念だったけど、しだれ桜は、色が濃くてきれい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »