« トリノ | トップページ | 博士の愛した数式 »

2006/02/24

白夜行2

 実は、先週の木曜に原作を読み終わっている。なので、原作読了後2回目のドラマ放送なのだが、もう、感心しまくりなのだな。
 原作とドラマでは、話の視点がまったく逆になっている。つまり原作では事実としてさらっと流されている部分を違う立場から見て克明に描いていっているのがドラマ版なのだ。よくぞここまでつじつまを合わせて、、、、、いやそこはそんなふうに膨らませてくるのか。。。。。と、そして綾瀬はるかの表情にやられまくって、、、、、たぶんサウンドトラックCD買いに行ってしまいます。。。。(^^;
 セカチューのときも、原作読んで結構バカにしていたのだけど、映画で長澤まさみにやられ、テレビドラマ版で綾瀬はるかにやられてしまって、サウンドトラックCDを買ったのだった。。。。(^^;

 しかし山田くん、なんか変なスキャンダル起こしちゃってるねぇ。。。。。お相手は、金八第5シリーズのときの加藤バーバラらしいね。。。。。まったく。。。。まぁ、いろいろ事情はあるのだろうけどね。

|

« トリノ | トップページ | 博士の愛した数式 »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

綾瀬はるかの目は反則です。
あれと、巨乳と微妙な下半身のセットは、反則ですよね。
あの目を使った絵にしたくなるのは禿げしくわかる。うん。

正月の夜中にやってた映画。タイトル忘れちゃったんですけど、喋れない役をやってて、それはもうハマりまくり。
演技はよく解らないんですが、あの表情はもう、喋らない役にはピッタリ。そして、見下ろせば表情とはアンバランスな体。もうね。ダイレクターじゃなくても萌え萌えですよ。いや、マジで。

白夜行。
っていうか、だんだん、ストーリーがどうでも良くなって来ました。綾瀬はるかの時間です。うん。アフォと呼ばれても構いません。もちろん×様もアフォ仲間です。と決めつけておきましょう(笑。

長澤まさみってどっかで会った事あるけど思い出せない……。って思っていたんですが、夕べ思い出しました。
2002年に双葉社から出た写真集の自社広告を作る時に頂いたんでした。

それと、白夜行で、電車男にレイプされる丸顔の子。その子も写真集の自社広告をやる時に頂いたのがありました。

ほんとに会った事があるのは、仲根かすみ(元タン)だけですた……。

なにはともあれ、荒川選手。金メダルおめでとう。

投稿: なんば。 | 2006/02/24 07:44

私も入院中に原作を読みました!

個人的には原作のほうが好きだけど、ドラマを見るとちょっと救われ(?)ますし、原作とは違った意味で、改めて原作について考えさせられますよね~。

確かに、ドラマのあの構成には感心することしきりです。恐るべし、ドラマ班。

投稿: ささぽん | 2006/02/24 09:39

> なんば。さん
いやぁ、睨まれてみたいです(^^;

> 2002年に双葉社から出た写真集の自社広告を作る時に頂いたんでした。

えーっと、「少女伝説」ってやつですな。スバラスイ。そのプロジェクトに関わっていたとは。。。。持ってますよ、その写真集、、、(自爆)(^^;。

> 丸顔の子

は、大塚ちひろでしょうか?この子もけっこう微妙な子ですね(^^;。

さて、荒川がきっちり金を取ってくれて、これから国内は、浅田姉妹vsミキティvs村主妹vs中野の図式がはっきりしてきました。まだまだ面白い(^^;。

投稿: 罰 | 2006/02/24 15:10

> ささぽんさん

そうですか、読みましたか。あれ、原作から入った人ってどんな感じだったんでしょうね?
けっこう難易度が高い作りになっているような木がします。っていうか、東野圭吾って、人を描くのがいまいちへた?(^^;

投稿: 罰 | 2006/02/24 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33206/8809801

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行2:

« トリノ | トップページ | 博士の愛した数式 »