« アスカの相手 | トップページ | 一青窈 »

2006/02/09

白夜行

 2週間ほど前に、原作を買った。4週間前にはどこにでもあった文庫が、3週間ほど前から急に姿を消し、版元も増刷中で手に入らないと言われた。でも小さな書店で1冊だけあるのを見つけた。
 860ページもある分厚い文庫だけど、ドラマ版が原作の最後から描き始めているという話を聞いていたので、すんなり入って、すぐに読み終われるのでは?と思った。東野圭吾だし。

 東野圭吾は、友人に勧められて「レイクサイドマダーケース」を読んだことがあるけど、流行りの多作ミステリ作家としか思っていない。「トキオ」はNHKの深夜ドラマで観ていた。どっちも着想は面白いと思うんだけど、もうひとつキレが悪く、ボクにとっては、いまいち信用のおける作家ではないなぁ、、、、という感じだった。ところが最近、「容疑者X〜」が「このミス〜」で1位をとり、直木賞にも選ばれてしまって。おぉ?と、ミーハー心に種火がついていた。そして「白夜行」が綾瀬はるかでドラマ化とくれば、いやがおうにも盛り上がり、毎回録画をしつつ観ている。(今日昼過ぎから前半総集編の再放送をやるよ)
 ちなみにずっと「トウノケイゴ」だと思っていた。「ヒガシノケイゴ」だと「ヒガシノコウジ」とだぶっちゃって。。。。ご本人、東野幸治に比べるとかなりイケメンなんだけど、ボクの脳内でのイメージ画像は「ヒガシノコウジ」なのだった。。。。(^^;(このネタは、前にも書いていた。。。。。)

 さて、原作は、1週間で読み終わる予定だったが、2週間経ってもまだ580ページ。ここ数年の読書スピードから考えると、かなり速いのだけど、あと1週間はかかりそうだ。

 しかしあれだ。綾瀬はるかは、顔と体のバランスが悪くてドキドキさせられる女優では最近のナンバーワンだね。あの捨てられ雨に濡れた小犬みたいなまっすぐな瞳から、ちょっと緩めのグラマラスなボディは想像できない。
 たぶんボクは、ドラマ4割、綾瀬はるか6割で観ている、、、、ような気がする(^^;。

|

« アスカの相手 | トップページ | 一青窈 »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

×様の的確なアイドル批評には頭が下がります。
ちょっと緩めのグラマラスなボディ
とは、綾瀬はるかを16文字で表現し切っていると言っても過言ではないでしょう。
捨てられて雨に濡れた子犬みたいなまっすぐな瞳
に至っては、新たなアイドル評論家の降臨を実感させられました。
綾瀬はるかの肝は、×様の仰る通りの微妙な緩さだと思います。一歩誤ればあっち側の世界に落ちそうな微妙なバランス。このあたりは、沢尻エリカの下半身にも通じる微妙さだと思います。
一部で奇蹟のデブと呼ばれた会長(その後、かなり細くなりましたが)や川村ゆきえなどにも言えると思いますが、昨今の流行りは、×様ご指摘の通り、
捨てられて雨に濡れた子犬みたいな真っ直ぐな瞳のちょっと緩めのグラマラスなボディ
なのではないかと思います。

漏れは、綾瀬はるか9割5分、中身5分くらいで見てますけど(笑。
金八先生はちょっと入れ込み過ぎな感じがする……。

投稿: なんば。 | 2006/02/09 12:52

いつもお世話になっていますm(_ _)m

前半総集編、ついつい観てしまっていました(^^;。昼間のテレビはカラダに毒なんですが。。。。

今日このブログを書いている途中で、なんば。さんのところを拾い読みしていて、さらにインスパイア増幅(?)され、書き上げました(大げさ(^^;)

> 漏れは、綾瀬はるか9割5分、中身5分くらいで見てますけど(笑。

前半総集編を観ていて、ボクも6:4ではなく、8:2は行ってるか、、、、、いや、綾瀬はるかじゃなかったら、ちゃんと観てなかったかもしれないか?と、思いました(^^;。

> 金八先生はちょっと入れ込み過ぎな感じがする……。

まぁ、いいんじゃないですか?脱金八のために、仕事をたくさん入れているところのようなので。まぁ、あれはあれで、なかなか気持ち悪い(^^;。

投稿: 罰 | 2006/02/09 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33206/8577293

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行:

« アスカの相手 | トップページ | 一青窈 »