« パルコール嬬恋 | トップページ | THE有頂天ホテル »

2006/01/25

三菱自工じゃなければ……

 年末くらいから、新しいクルマの予告CMが気になっていた。それが発売になった。
 軽自動車なんだけど、スバルR1に負けないような良さげなデザイン。まぁ、べつに買う予定はないんだけど、もし軽自動車を買う予定があるのなら、つい目が行ってしまうだろうなぁ。そのモノは「i」というクルマ。とてもかわいい。
 でも、三菱なのだな。なぜリコール隠しのあと、つぶれてしまわなかったのか。。。。。財閥三菱が、つぶれることを許さなかったのか?あの時につぶれてしまえば、こういうクルマをデザインできるスタッフは他へ行って、他でこのクルマをデザインしたのだろうに。。。。。。
 ホリエモンみたいな、駆け出しは、簡単に叩きつぶしにかかるのに(それでもだいぶ時間がかかったよね)、財閥の名前がつくところかは、時間を置いて忘れ去らせるようにしてしまうのね。。。。

|

« パルコール嬬恋 | トップページ | THE有頂天ホテル »

世間、世界」カテゴリの記事

コメント

ふ~ん・・・
軽自動車を買う予定はありますが、、、
魅力的だけど、やっぱりセカンドカーですよね。
私の場合、軽がメインですから(^_^;)

投稿: イーモリ | 2006/01/25 19:06

大企業はつぶしてしまうと社員数が多い分、後がたいへんなのでなかなかつぶせませんよ。
それに、トップレベルでリコール隠したてので、社員が悪い訳ではないのですしね。
同じ、自動車業界で働いている者としては、他人事とは思えませんね~
頼むよ~って感じです。
ちなみに、私も軽がメインです。
税金安いから、もう変えられましぇ~ん。

投稿: こいでしんご | 2006/01/25 23:58

> 大企業はつぶしてしまうと社員数が多い分、後がたいへんなのでなかなかつぶせませんよ。
> それに、トップレベルでリコール隠したてので、社員が悪い訳ではないのですしね。

そう、そういう部分は確かにあるので、なくしてしまって、社員を路頭に迷わせるとかそういうことではなく、違うところに売ってしまうとか、そんなやり方もあったのではないかな?ということ。
結局「三菱」として残ってしまっているのは、何とも気分がよろしくないですよね。死亡事故はなかったんだっけ?(ほら、もう記憶が曖昧。。。。。)
つまり、会社としての社会に対する責任の取り方が、全然甘いんじゃないの?ってこと。ごめんねって言って、上層部をすげ替えただけでしょ?(それしか記憶にないんだけど?)

投稿: 罰 | 2006/01/26 00:41

> 死亡事故はなかったんだっけ?

両手両足では足りないくらい亡くなっていますね。
結局遺族の方々にちゃんと補償したんでしょうかね。
マスコミ報道はいっつも尻切れとんぼで困ります。

投稿: わだ | 2006/01/26 00:57

> 両手両足では足りないくらい亡くなっていますね。

やっぱ、そうだったよね。
なんかもうそういうところは静かに、静かにしていて、「今、三菱は再生のために頑張っています」的な広告を打ってるのっておかしいんだよね。で、商品で勝負したいって、良さげなものをニコニコしながら持ち出してきて、まだそんなふうに土俵に上がって来れる立場じゃないんじゃないの?って思ってしまうよね。

投稿: 罰 | 2006/01/26 01:10

同感。
松下みたいにCMでやればいいんだよね、
「欠陥隠しによる賠償はきちんと全部やりました」って。

投稿: わだ | 2006/01/26 08:37

そうそう、松下は、しつこいくらい商品探しもしているし、ああいうのって大切だよ。
そういえば、苗場の暖房って、あの松下のやつじゃなかった?(^^;

投稿: 罰 | 2006/01/26 09:58

えっ、うっ、あっ、わからん(^^;
全館共通仕様の設備だからなぁ。死なば諸共(笑)

投稿: わだ | 2006/01/26 13:59

あっ、チェックしがてらスキー行こうって誘いかぁ?(爆)

投稿: わだ | 2006/01/26 14:00

うひひ(^^;

いや、ほら、煙突をベランダに出すタイプだったから。。。。

投稿: 罰 | 2006/01/26 14:26

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三菱自工じゃなければ……:

» i [Reality Bites]
三菱自動車の再生第二弾として登場の『 i 』   オフィシャル サイト エンジン等すべて新開発してかなりの力の入れようですが、 smartにちょっと似ていると... [続きを読む]

受信: 2006/01/25 23:20

« パルコール嬬恋 | トップページ | THE有頂天ホテル »