« 京都紅葉狩り その1 | トップページ | てぶちゃん教室その2 »

2005/11/08

京都紅葉狩り その2

 さて2日目。うってかわって快晴。
 今回のメインの企画、嵯峨方面へ向かう。

トロッコ嵯峨駅にはデゴイチが、、、、、

 嵯峨駅に車を置き、トロッコ列車で亀岡へ。トロッコ列車に乗車する人用の駐車場は、線路を挟んで駅の反対側、丸太町通沿いにある。

トロッコ、トロッコ。

 電話予約の時にはいっぱいでギリギリとれたって感じだったのに、実際は、まだまだ乗れそうな感じ。8:28発の臨時便嵯峨野71号。

保津峡駅では、タヌキが出迎え(^^;

 まぁ、当然ここも紅葉にはまだまだって感じ。しかし年々紅葉は遅くなって行っていて、もう何年もこの会をやっているけど、いつもボクらの計画する1週間から2週間後が盛りになる。

 さて、20分ほどトロッコ列車に揺られ、トロッコ亀岡へ。
 亀岡は、普通の街だなぁ。とても渓流下りの始点とは見えない。
 駅から連絡バスに15分ほど乗って船着き場へ。トロッコ嵯峨で駅で予約は済んでいるので、乗船手続きをして名前が呼ばれるのを待つ。ボクらは東京から来た団体さんと同じ船の一番後ろの席になった。さあ、保津川下りだ。

さっそくサギ?

 川下りをしているせいか、比較的人里に近い部分が多い川なのに、河原はとてもきれい。
 サギや鴨や鵜がたくさんいたりする。
 カワセミもいたのだけどシャッターチャンスを逃した。っていうか、そのつもりで狙っていないと追いきれない(いや、そのつもりでも無理か(^^;)。初めて天然のカワセミを見たけど、きれいだなぁ。

3人の船頭さんが交代で櫓と舵を担当する

 船頭さんが川の歴史を語ってくれる。いろんな観光名所を回っていると思うのだけれど、こういう生の声のガイドというのはとても大事。薄っぺらなパンフだけじゃ、何もわからない。今度からはどこに行くにも小型パソコンを携帯かな。。。いやいや、ケータイがもうじきスイスイとガイドマンになってくれるか。

川はいいねぇ、、、、どこまでものんびり。。。。

 1時間半くらいたって、そろそろ終点の嵯峨野というところで、売店船登場(^^;。

いろいろ売ってる〜

 噂には聞いていたけど、ホントに売店船が来たよ。しっかりとロープで2槽を固定して、おでん、焼きイカ、焼き栗、飲み物。いろいろ買っちゃったよ。朝が早くて、ろくに朝食を食べていなかったので、けっこう空腹だったのだ。
 
 なかなかよかった。おすすめですね(^^;。

 渡月橋のところで下船して、車を置いたトロッコ嵯峨駅まで歩きつつ、ゆどうふ竹むらで昼食。

やっぱ豆腐が食いたい。湯豆腐にごま豆腐

 さらにだめ押しで嵐山・高雄パークウェイに向かう。嵯峨駅からはすぐ。

さすがに山に入るとやや紅葉度合いが強くなった

 高雄口の大駐車場に車を停め、なんとなく神護寺へ歩き始める。「駐車場から徒歩20分」とあった。
 これが遠かった。。。。じつは真言密教の寺ということで、渓谷を越えた向こうの山に神護寺はあったのだ。だから、ずっと石段を下り、川を渡ってから石段を上がるという、、、それで20分は、、、、、けっこうきびしかった。足の悪い老人には無理だろうなぁ。
 しかし、ここは今回の旅の中で最も葉が赤く色づいている場所だった。

やっぱ、この赤い色を見ないと落ち着かなかったんだよ(^^;

 また渓谷を越え坂を戻り(途中の茶屋でコーヒーを飲んだけど、さめたインスタントはいかんだろう、、、今どき(^^;)関空を目指す。
 平日だったせいか、京都市内の渋滞もなく、スムーズに関空へ。また日常へと戻ったのだった。

今回運転した車は、友人の車が修理中で、代車のスバルレガシーB4。初めてレガシーを運転したけど、ハンドルがmomoだったりと、これはスポーツタイプの車種のようで、けっこうきびきび走り、普通の乗用車の頼りなさ感もなくラクチンだった。

|

« 京都紅葉狩り その1 | トップページ | てぶちゃん教室その2 »

人、近所、旅」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都紅葉狩り その2:

« 京都紅葉狩り その1 | トップページ | てぶちゃん教室その2 »