« NANA─ナナ─ | トップページ | motoGP »

2005/09/08

ダ・ヴィンチ・コード

 何をいまさらって感じではあるのですが。。。。。。。

 ボクはキリシタンではなく、ヨーロッパに行ったこともなくルーブルも訪ねたことはなく、語学にもからきし弱く、数学も全然駄目なので(唯一、トリック、推理、サスペンス小説好きってだけだ(^^;)、どれだけ楽しめたかはわからないが、とにかく超ヒット作「ダ・ヴィンチ・コード」を読み終わった。
 上巻を買ったのが7月末の北海道旅行に行く朝の羽田だったので、ボクにしては、こんなに厚い本をたったの1ヶ月半くらいで読み終えたことになる(買ったけど、北海道旅行の間には1ページも読まなかった、ただ重かっただけだ(^^;)。
 このスピードはボクにとって「面白くてどんどん読めたよ」のスピードだ。   と、思う。

 レオナルド・ダ・ヴィンチの作品を発端に、キリスト教圏では比較的ポピュラーだとされる様々な謎をさらに掘り下げ解釈し組み上げて行く。暗号の解読とノンストップアクション。そしてヨーロッパの旅(^^;。
 暗号は、読んでいけば、あぁなるほどとは思わせてくれるものなので、極度に難解ではない。まぁ、自力で勝負しても、まったくわかんないんだけどさ(^^;。

 これを読んでハマった人は、ここから派生するいろんな文献やらなんやらを調べないと気が済まず、果ては、フランスに行き、さらに……………ってなことになってるんだろうなぁ。大変だよ。
 主人公のラングドンが登場する別の作品もあるらしいし。。。。。桑原桑原。。。。。。

 いや、面白ですよ。まぁ、トム・ハンクスで映画を作っているようだから、それもお楽しみだな。ダイムラー・スマートがパリの街を疾走するわけだな(^^;。

|

« NANA─ナナ─ | トップページ | motoGP »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33206/5836751

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ・コード:

« NANA─ナナ─ | トップページ | motoGP »