« ブレスト(とりあえず終了) | トップページ | 選挙だなぁ »

2005/09/01

星になった少年

 「象に乗った少年」でも「象になった少年」でも「星に乗った少年」でもありません。「星になった少年」です。(いやね、一部ウチの近所で、そういう間違いが起こっていたので(^^;)
 

 面白そうですよ、もっと時間をかけてちゃんと作っていれば。
 なぜでしょうか?監督ですか?プロデューサーですか?脚本家ですか?やっぱ監督だろうなぁ。。。。。。。。いやぁ、面白そうです。

 象がゆっくりと動くので、とても良い時間の流れ方をする。カンヌ俳優は、もっとがんばりましょうだな。いい男だけどね。倍賞美津子さんが、あたりまえかもしれないけど、とても良かった。
 うん、動物と役者、そして絵づくりは大変好ましいです。あ、音楽は、ハマリ過ぎで(^^;。

 言葉と展開をちゃんとしてほしいと思うのは、やっぱり監督に言いたいところです。大事なポイントでかなり雑。他は素晴らしいんだから。ってか、説明なんかいらないくらい絵が語っている映画だと。。。。。。テレビドラマ出身の監督だと、ちゃんと説明しないと不安になるのかな。
 という感想。

|

« ブレスト(とりあえず終了) | トップページ | 選挙だなぁ »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

わたしは、単純に感動して泣きました。そして、やぎらくんに、惚れました。ちょっと織田裕二に似てるのが、残念賞ですが・・・笑

おっしゃるとおり、
テレビドラマのお手軽さは、同感です。
なんなんでしょうね?
違う文化で育った人の、軌道の違いですか。

投稿: まいきぃ | 2005/09/03 13:26

そう、泣ける話だし、泣ける映像だし組み立ても悪くないのに、ボクは見ている最中ずっとアタマに「?」をつけっぱなしだった。
ヤギラくんも黙って立っていればさすがに存在感があり、よい素材だな、と思う。あとは演技することを覚えれば最強(^^;。
でもイケメンの男優って、よい役者に育ちにくいよね(^^;。

もうとにかく監督の演技指導のできなさの賜物だとは思います。動物の演技指導は、監督じゃなくて動物プロダクションの人がやったのだろうからうまくできていましたよね(^^;。チンパンジーのスマイルとか最高だったし(^^;。

投稿: 罰 | 2005/09/03 13:54

たしかに!動物はよくできてたーー!!

なるほど。演技指導ですか。
そうかもですね。
やぎらくんは、そこにいるだけで、目線をちらっと動かすだけで、観客の気持ちを持っていく、、、というすばらしい素材なので、あえて「誰も知らない」にのっとって、「演技」させなかったんでしょうかね。

いい俳優さんになってほしいなああ。

あと、「1」の次は「2」という、「1かける2は2」と言うかんじの、物語の運びが、ドラマ的というか、、、
・・・私、何言ってるかわかりませんね。笑

投稿: まいきぃ | 2005/09/03 14:38

ドラマ的というのは、そうですよね。テレビドラマの悪いところを映画に持ち込んじゃったって感じ。説明的すぎるんだよね。
あ〜やっぱ監督批判になっちゃうなぁ。
いろんな素材はオッケイだからプロデューサーはいい仕事をしたんだと思うけど、唯一監督の選択を間違えたのか、時間がなかったのかでしょうねぇ。

で、やっぱこの映画では柳楽優弥は、演技の必要があったんだと思いますよ。それかもう少し演出を考えて素材で勝負できるようにしてあげる必要があったかでしょうねぇ。

とにかく惜しい。

投稿: 罰 | 2005/09/03 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33206/5745801

この記事へのトラックバック一覧です: 星になった少年:

» 映画のご紹介(32) 星になった少年 [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(31) 星になった少年 星になった少年を観た。 『誰も知らない』でカンヌをうならせた期待の新人柳楽優弥君の新作。 ストーリー(公式ホームページより)  猫、ポニー、牛、ロバ、羊、...... [続きを読む]

受信: 2005/09/02 22:00

« ブレスト(とりあえず終了) | トップページ | 選挙だなぁ »