« 富士登山準備その二 | トップページ | でもって、はじめての富士登山─2日目─ »

2005/08/15

そして、はじめての富士登山─1日目─

 行ってきましたよ。とりあえず今は、ふくらはぎから下が死んでいる模様(^^;。

ドタキャンが一人出て、ボクらのパーティ(!)は4人に。これは頂上の土産や飯やの前で

 さて、JR新宿10番ホームに7時に集合し、特別快速高尾行きで出発。5分前に到着すると「20分以上前から来ているんだ」と、二人に遅刻呼ばわり。まったく、、、、、(^^;(ちなみに、現地で待ち合わせのもう一人は、電車の中から電話すると、さっさと五合目に行ってしまっていて……、いったい全体待ち合わせ時間というのはなんなんだ(^^;)

 八王子で甲府行きに乗り換え大月で河口湖行きの富士急に乗り換える。普通列車ばかりで乗り換えも多かったけど、空いていたし、スムーズだったので、まったくストレスなし。高速道路の下りは、お盆のラッシュでものすごかったようだけどね。クルマをやめて大正解。

降りて気がついたんだけどボクらの乗っていた富士急の電車は機関車トーマス号だった(^^;大月から河口湖までは1110円

河口湖駅は古い小さな駅。駅舎を出ると、後ろに富士山がそびえ立つ。この日は雲がかかっていて山頂は見えなかったけどね。

 駅前のバスターミナル7番から五合目行きに乗る。往復で1900円。7月末から8月いっぱいは、マイカー規制で富士スバルラインはバスとタクシーしか行けないのだ。自家用車は駅ではなく、スバルラインの料金所のわきに無料駐車場ができる。かなりの台数が停まれる模様。

 富士スバルラインの終点、吉田口五合目はバスの運ちゃんによると「富士山の原宿」なんだそうな。う〜ん、それってどういう意味?清里なんかも原宿って言われてるけど、山梨県民って原宿好き?(^^;
 まぁ、その原宿で、テキトーに昼飯を食って11:00くらいに出発。雲行きは非常に怪しい。(この五合目の広場は、ケータイはよく通じる。店に入ると怪しくなるけど)

 六合目までは、やや下りの多い平坦な道(この微妙な下りが、下山の最後のところで微妙な上りになって、すっかりへばるんだけど。。。。)。ここでは元気なので、スタスタ行っちゃうと、後々八合目あたりで高山病発症!ってなことになることもあるらしい。だから、薄い空気に少しずつ体を慣らすように意識してゆっくり歩く。この日は夕方までに山小屋に着けばいいので、時間はたっぷりあった。

七合目の下あたりまでは、馬でも行ける。馬で登ってそこから八合目あたりまでがんばってみて、御来光を眺めて帰ってくるっていうコースもありかもしれない。たしか馬は片道1万円だったかな?

 六号目あたりまでは、植物も生えている。やや森っぽいところも通るしね。でも、基本的には火山の荒々しい岩肌が全体に露出しているのが富士山だ。

歩き初めてすぐに雨が降り始める。かなり大粒のかんじで、あわててフル装備に(^^;、でも、すぐにやむものの、何となくしとしと降ったりやんだりがつづく

 高山病が怖いので(知り合いの中に2人も高山病経験者がいるし、ボクもスキーに行ったときにそれっぽい症状があったこともある)ゆっくり歩いて3時間程度、七合目の山小屋に到着。
 七合目から八合目の間に山小屋は7軒。ボクらが泊まったのは下から4番目の「鎌岩館」。
 最初の計画だと八合目の「太子館」というところに泊まって深夜登頂を目指すはずだったんだけど、「太子館」は人気で予約がとれず「鎌岩館」になった。

これが「鎌岩館」の入り口。山小屋はみんな古い。

中は、いかにも山小屋だねぇというかんじ。エアコンもテレビも風呂も無いけど歩き疲れたカラダには幸せな空間(^^; ここは食堂っていうかホール。ボクらが到着してすぐに大雨と雷が来たので、他のツアーの人たちを緊急避難させたりもした。

中は、屋根も床もあるけど、外に出るとやっぱりすぐそこに山の稜線がしっかり斜めにある。富士山だなぁ。。。。。と

トイレですね。ここは100円(環境保護費ですな。上に行くと200円になる。頂上では行かなかったけどもっと高いのかな?宿泊客は1回払えばよい)。もちろんボットン便所。どうも七合目よりも八合目の山小屋の方がトイレはきれいなようだった。

こんなふうに点々と山小屋の屋根が並ぶ。でも実施に登ると、それなりに離れていて、すぐそこに見えるのになかなか着かない(^^;

ディナー(^^;。食事はこれと、深夜出発のときに持たせてくれるお弁当(写真撮るの忘れたけど、レトルトの肉の佃煮パックみたいなやつが入ったモノ)

 寝室は「部屋じゅう二段ベッド」みたいなところにずらりと並んで寝る。布団や毛布はそれほど不潔感もなく、噂に聞いた頭と足が入れ子になって寝るということもなく。
 何となく眠れないまま、到着から夕食(7時くらいだったか?)までと、出発(11時くらい)までひたすら寝る。

 山小屋は、一律どこでも1泊2食で7000円。施設やサービスの違いは、他を知らないので何ともいえないけど、何号目でも同じらしい。ビールは500円。カップラーメンは300円かな?まぁ、スキー場並みってとこだね。今どきのスキー場は、もう少しだけ安いか。
 山小屋のお兄ちゃんたちは、24時間のべつまくなし到着する人、出発する人たちのために交代で寝て働いている。

|

« 富士登山準備その二 | トップページ | でもって、はじめての富士登山─2日目─ »

人、近所、旅」カテゴリの記事

カラダ、スポーツ」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまですた。
帰ってから日記を書く気になるのがカナーリえらいです。
昨夜は9時頃にはねちゃいました。
今朝起きたら筋肉痛が激しいです。
で、山小屋の名前は鎌岩館ですよ。

投稿: のもと | 2005/08/15 07:18

おーデューク(^^;。昨日はお疲れ。
さっそく校正どうもね。いまだに脳が酸素不足なんだろうか(^^;。目の前に、鎌岩館の焼き印を見ながらでも槍とか書いてしまう。。。。(^^;
昨日は書きかけて、一度寝ちゃって、それからまた書いて、、、、、まぁ、ブログのよいところですな。どんどん書き換えられるの(^^;。

投稿: 罰 | 2005/08/15 09:58

お疲れー。わたしは足首から下を、バケツに氷水を入れてガンガン冷やしたから筋肉痛はなし。安藤美姫もやってるアイシングの方法(笑)


ちなみに大月から河口湖までは1110円だよ(笑)

投稿: まつだ@かたこり整体院 | 2005/08/15 11:32

おぅっ、リーダー(^^;
けっこう冷やしたし、フェルビナク配合のヤツも塗ったんだけど、やっぱ痛いね、ふくらはぎ(^^;。

校正どうも(^^;。

投稿: 罰 | 2005/08/15 12:02

漏れは腿の筋肉痛がカナーリつらいでつ。
ふくらはぎも少し。
階段下りるのがつらい筋肉痛は高校生のとき以来だな。

投稿: のもと | 2005/08/15 12:44

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そして、はじめての富士登山─1日目─:

« 富士登山準備その二 | トップページ | でもって、はじめての富士登山─2日目─ »