« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

ブレスト(とりあえず終了)

 なんだかんだで週1回の平泳ぎのスイミングスクールも3ヶ月。ひととおりやるべきことは学んだので、あとはそれをうまく実行できれば良いのでは?と思い、終了することにした。(なんたって8月は自主練習も含めて7回も通ったよ(^^;、富士登山の体力づくりも兼ねてだけど)
 問題は、イメージどおりに進まないこと。体がどんどん沈んでしまうのはかなり改善されたので、あとは前進あるのみ。
 まぁうまく進まないのは、前進するのを阻害する抵抗を自分で作り出してしまっているからなんだろうな、というのはわかってはいるものの、なんかうまく行かない。コーチもうまく指摘してくんない(^^;。
 ここまでwebをまったく見ないで、コーチの言葉だけで泳いできたので、ここに来て今まで教わったことをふまえつつ、webでいろいろ調べてみた。
 さすがにこことか、詳しく解説してくれているページはたくさんあった。かなり参考になったので、今後は自主練習だ(^^;。
 太ももと腕と頭の抵抗を減らす練習が必要のようだよ。とりあえずの目標は、25mを10ストローク。

 で、来月からは、クロールに挑戦してみようかと。。。。。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/28

橘いずみ「ここにいる ここにある」

橘いずみ「ここにいる ここにある」
2005.08.27@Shibuya O-Crest/A41

 渋谷にはよく行く。でもほとんどライブのためで、一直線にライブ会場に行って、終わったら近所でちょっと飲み食いして帰る。

こういうのを撮ると、なかなか魚眼っぽいねぇ(^^;、でも180°って感じじゃないよ

 さて、橘いずみ。ワンマンライブは今年は3回目かな?遅れて来た橘ブームって感じ。
 去年はヤイコに沢山行ったけど、こうして考えると、今年はタチさんイヤーだなぁ。
 しかし「バニラ」とか「失格」とか当時生で聴けなかった曲に激しく入れ込んで聞く。特に今回は最前列。じつに2m程度の距離に橘いずみがいる。
 そうそう、途中でもっと近くに来ちゃった。なんと30cmくらいのところに(^^;。まぁ、アイドル系ではないので、さほど興奮もせず。ってか、大人の節度で(^^;。

 O-Crestは小さめの会場なので、ぎゅうぎゅう詰め。ソールドアウトだったので、もっと大きなホールでもいけそうだ。たちさんも、なんか今年は精力的にいろんなことをやっているし、メジャーに帰ってくる日も近いかな?
 オープニングは彼女のブログでも紹介していたように、ショートムービーで開始。ムービーが終わるとステージにはタチさんがいつもの赤いTakamineのギターでチューニング中(^^;
 ジャーンとギターをかき鳴らせば、もういつもの橘いずみの世界。途中バックにリードギターと、カホンのパーカッションを加えてあっという間の2時間。
 Takamineのエレアコはかっこいいなぁ(^^;。

 終了後、次のワンマンのチケットを先行販売していたので、とりあえずゲットしておく。。。。。。。。しかし、12月24日かよう、、、、、それも土曜じゃん。う〜ん、行けるかわかんないなぁ(^^;

 今夜の反省会は、あほぼん寺。最近はこういう店内を作り込んだ創作料理居酒屋ってのが多いねぇ。ちょっと前に行った新宿の京町恋しぐれもなかなかすごかったけど、ここもすごいなぁ。ちゃんと作っている(ふうに)見えるんだよね。で、どっちも店員がけっこうちゃんと教育されていて、気がつく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/26

CameraRaw

 台風一過。洗濯物を干して、、、、と。

まぁ、いつもの。はるか彼方右下に富士山です。15mmだと、なんとか広角のイメージだなぁ。。。。

 この写真、いつもとちょっと違うのは、RAWで保存したものだってことなんですが、、、、、こうして表示させてしまうと、まぁ、同じだよね。JPEG変換してるわけだし(^^;。
 いやぁ、いまいちよくわからないので、*istDSを買ってからずっとJPEG保存だったわけなんですよ。
 RAW保存する意義っていうのは、銀塩で言うところのフィルムをそのまま保存しているのと同じわけで、JPEGだと、言ってしまえば、紙焼きを保存しているふうな。。。。。(で、たぶんあっていると思うんだけど(^^;)
 銀塩のときには、撮ってしまったあとは、写真やさんまかせで、ほとんど何も注文をつけなかったし、だいたいサービスサイズばかりだった。大伸ばしなんてして飾る趣味はないので。。。。(^^;
 写真に注文をつけるのは、シゴトのときだけですよ。
 友だちと写真を前に話をするときにも、写っているものに対しての話はするけど、写りに対しての話しはしたことないよなぁ。

 で、友人のれんさんが、富士登山のときに数枚RAWで保存した写真を現像してくれたので、自分でも試してみたわけなんですが、*istDSに専用ソフトがついてきていたのは知っていたんだけど、AdobePhotoshopCSで、RAWが現像できると聞いていたので、べつに新たにソフトを増やす必要もないか、とPhotoshopCSでやろうと思っていたんです。
 で、PhotoshopCSで開こうとしたんだけど、RAWファイルを認識しない。ダブルクリックでもドラドロでも開くでもだめなので、Pentaxはだめなのか?と思っていたところ、先のれんさんが、問題なく開けたよ、と言うので、もしやと思い、CameraRawのヴァージョンを見てみました。
 あんのじょう、ボクのCameraRawは2.0。最新のは2.4.1。さっそくAdobeのサイトからアップデータをDLして、2.0.1、2.2、2.3、2.4.1とあげてみたら、しっかり認識しました(^^;。(いやね、ヴァージョンアップはしていたつもりだったんだけど、「つもり」だけだったんですねぇ)

 さて、開いてみました。確かに何となくきれい。いろいろいじれるけど、見た目の絵としても基準がないので、どういじればいいのかよくわからない。ふだんシゴトで、あんなにいろいろ写真にアカ入れしているのに。。。。(^^;
 ちょっと明るくとか、ちょっとコントラスト強くとか、それくらい。あぁ、ISO感度を上げたときにできる偽色っていうやつの軽減は拡大しながらいろいろいじってみたけど。
 基本的に、開いて、そのままJPEG保存してやればいいのかな?(^^;

北海道からトウキビが、松山から早生ミカンが届いた。トウキビは、薄皮1枚にして、電子レンジで3〜4分。ヒゲもきれいにとれるし、甘みも逃げないし、美味しいよ(^^;

 まぁしかし、RAW保存してると、HDDがいくつあっても足りなそうです(^^;。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/08/23

うたた寝

 シゴトのデータをまとめてCD-Rに焼くのに、実行ボタンを押して、ちょっと目を閉じたら、眠ったようだった。

 夢を観た。
 中学の同窓会。といってもボクを含めて4人、男子が2人と女子が2人。現在の年齢なので、おじさんとおばさんなんだが。
 合宿所のような、旅館のような古びた飯屋のようなところに集まっている。でも、誰が誰なんだかさっぱりわからない。ただ、女子の一人は、ボクが中学のときにつきあっていた子のようだった。でもその子は、20代で結婚して、その後自殺してしまったという噂なのだが、、、、、。それにボクは中3のときに転校して以来彼女にあってはいないので、彼女が大人になったときの顔は知らない。その人は、明らかに中学のときの彼女の顔ではないのだが、、、。
 話をしてみたいのだけれど、ボクはシゴトをまず片付けてしまわなくてはいけないので、食堂の片隅でシゴトに向かっている。みんな先の温泉にでも行ってくれば?と言うのだけれど、なんだかぐずぐずしていて、誰も動こうとしない。
 やっとシゴトの片がついて(途中でうっちゃったような気もするが(笑))みんなを探すと、いない。外に出てみるものの、最初は、中学校のあった町だと思っていたのに、どうも様子が違う。ずいぶん大きな道と線路が交差している場所にいる。
 もうみんな帰ってしまったのかも、、、、、と、あきらめかけていると、男子の同窓生が現れる。みんなは?と聞いても、さぁ?と答えるばかり(だいたいこいつもさっぱり記憶にないやつなんだなぁ)。
 
 そうこうしているうちに目が覚めた。。。。。。。

 あぁ、でも、もうこんな時間だ。。。。。本格的に寝よう(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/08/22

STAR WARS EPISODE III

 安いチケットを家族分早くから手に入れていたのに、息子は先行を勝手に観に行くわ、娘たちは、興味ないと言うわ。。。。。まったく。。。。。で、奥さんとやっとこさ観てきました。

ん?1冊足りないぞ?なんでだ?

 30年近くに渡っての一応完結編。いやぁ、感慨深いよね、素直に(^^;。
 今回アミダラは、女王の地位を降りていたのね。だからパドメ個人としてばかり。これがなんだかおばちゃん臭いなぁ。。。。と、思ってみていたんだけど、唯一「これで自由は死んだわ、盛大な拍手で迎えられて」(このセリフ今回の一番のお気に入り(^^;)のシーンでのアミダラ(アミダラって、個人名じゃなく、階級なんだってね)はやっぱ素敵だった(^^;。
 あとはやっぱアナキンがダースベイダーの姿になっていく下りかな。けっこう感情移入できたよ。

 まぁでも、「STAR WARS」と「北の国から」は、ずっとやっていてほしかったなぁ。「水戸黄門」や「渡る世間は鬼ばかり」はいらないけど。。。。(^^;

 さて、吹き替え版でもう1度、観に行くことができるでしょうか。。。。。(^^;

行ったのはTOHOシネマズ南大沢。横断歩道の交番が、変な形(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/20

a-nation'05

a-nation'05
2005.08.20@味の素スタジアム/D15/132

 F1日本GPはまだ先、10月ですが、ルノーF1があるのは、avexがスポンサードしているから(^^;。
 そんなかんじのa-nation'05は、去年とは打って変わって灼熱地獄の中始まった。
 今年は、サブステージというのができていて、本編が始まる前に新人がやるというので、楽しみにして昼前に行ったのに、サブステージはオープンタイプではなく入場制限があったりして、炎天下並ぶ気も起こらず、グッズコーナーを冷やかして、会場内へ。スタジアムの日陰の部分に避難しつつ開演の午後3時を待つ。

 オープニングアクトは、安良城 紅、エイジアエンジニアそしてサプライズ(?)でm-flo+melody(めっちゃ美人だねぇ、melodyは、ドラゴン桜の主題歌は歌ってくれなかったけど)。
 
 さて本番。鈴木亜美からだよ。「BeTogether」で、懐かしく登場。でも、昔のイメージの鈴木亜美ではないよねぇ。すっかり強くて、いかにもエイベックスアーティスト。
 で、次はさっそく真打ち、大塚愛。去年はトップでなんか浮いていたけど、今年は2番手では物足りないくらいのブレイクぶりだよね。相変わらず体調を崩しているらしく、また舞台を降りた瞬間にぶっ倒れてたかな?
 次は、倖田來未、hitomi、島谷ひとみの、ボク的には非常に眠かった3連発。hitomiはすでに相当厳しいねぇ。。。。。。。
 6番手は、a-nationの前後しか来てないんじゃないの?のBoA。もっと活動しようよ(^^;。

 今回のスペシャルは、なんといってもglobe。昔F1のオープニングで、君が代を歌ったときにはダサダサだったKEIKOもglobeの中では光っている。生小室とマーク。まぁ一応記念ということで。。。。。。。一時代を築いたバンドだからね。ボクもデビュー当時は、かつてこんなバンドはなかったとさえ思ったこともあったし(^^;。
 んで夜も更けてきて、次はお待ちかねELT。久しぶりのモッチー、へんてこなマッシュルームのおかっぱ(^^;。声もあんまり出てなかったけど、いつものモニタアンプに片足を乗せるパフォーマンスを、ワンピースだったのにちゃんとやってくれた(^^;。
 TRFは、去年だけの方がよかったような気もするけど、、、どうなの?その後の活動をしているようで、かなり声もパフォーマンスも充実してたけどね。
 あゆはまぁ、あゆ。やっぱ人気あるんだなぁ、ってかんじ。客の歓声が違い過ぎ。サービスも良くアリーナを車で一周してくれた。最前列の人は、ステージに戻るときにハイタッチもできてうれしかっただろうなぁ(^^;。

 帰りは、JR中央線、小田急線、京王線に臨時バスがたくさん出ていたので、武蔵境までバス。境のヨーカドーに入っている「梅屋黒長兵衛」という飯屋で、晩飯食って。。。。。ごはんがおいしかったよ。

 この夏のイベントはほぼ終わりだ。

 a-nation。来年はもういいかなぁ。。。。。。。さすがに大塚愛とELTとあゆくらいで十分なんだけど。。。。他はみんなコンセプトが似すぎていて、キツイかったよ。。。。。。。
 何がロックなのかを考えつつ参加した、夏のイベント。。。。。。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (1)

富士後に思うひとつふたつ、で満月

 いやぁ、駒大苫小牧、すごいぞ。
 準々決勝準決勝と観てしまったよ。とてももう北海道のチームとは思えないくらいキョドッてないよ。
 っていうか、決勝に2年連続でいることがすごいよ、って思っていたら、なんと1984年のPL以来なんだってね。それって桑田清原のとき?その前は、オレが産まれる前だっていうのも驚いた。

久しぶりにウチから見えた富士山。夕景

 その後結局、予想したような激しい筋肉痛もなく。下山直後に2kg減った体重も1kg戻し、火曜日にスイミングスクールに行っただけで、あとはフツーのだらだらお仕事生活。

 登りながらとそのあといろいろ考えていた装備の中で、気になったのが衣類の素材。「ポリエステル」ですね。なんとまぁ、いろんな物に使われているものよ。ポリエステルといえば、ペットボトルだよね。ペットボトルからできてるってんで有名なのがフリース。それが、最近流行りの速乾性のTシャツの素材がポリエステルなんだな。あと、買ったカーゴパンツもポリエステルが主素材だった。すごいねぇ。
 こんなにポリエステルでいろいろできてるとは知らなんだ。化学繊維といえばナイロンをすぐ思い浮かべるけど、今や、ポリエステルが王者なんじゃないだろうか。(まぁ、大好きなゴアテックスはナイロンが主素材だけど(^^;)

 あ、そうそう、見落としていたのが軍手だ。途中しとしとと雨に降られながら歩いて行くと、軍手が濡れてどんどん手が冷たくなって行くんだな。同行者のかたこりくんは途中で買って替えていたものね。もしかすっと、軍手じゃなく水を通さない素材のものの方がいいのかもしれない。やっぱこれまたゴアテックスかな?(^^;
 一眼レフカメラのレンズは、基本的に広角でいいんだけど、御来光だけは望遠も欲しいと思った。
 まぁでも、写真はやっぱ難しいや(^^;。

今夜、写真家の親方師が満月を撮ってきれいだったので、ボクもがんばってみた(^^;。
難しいよ。。。がっちりした三脚とリモコンが欲しいところだ。

こんなかんじ。PENTAX*istDS,300mm+2X

関係ないけど、暑いので稚内で買ってきた、めちゃまずいロシアビールを飲みながら書いている。
これは「林蔵ビール」になっているけどもう1本「ロシアビール」というのもあった。シール違いで(^^;。


 さて、今日はa-nationだ(^^;。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/15

でもって、はじめての富士登山─2日目─

 で、山小屋。な〜んか眠れないのは、枕が違うせいか?(いや、そんなにデリケートではない)両サイドの人々が近すぎるからなのか(でも両人ともとても静か)、はたしてこれは、高山病の予兆?
 などと思いつつ、うつらうつらを繰り返し、やっと寝付いたかな点々と思ったら起こされた。ものすごい土砂降りと雷もすでに去っていた、深夜11時。

すっかり雲の中(?)を行く。防水カメラも軍手越しのシャッターはブレブレ(^^;

 山小屋から出て頂上方向を見上げると、点々とヘッドライトの列。これは、モーニング娘。のライブを初めて観たとき、客電が落ちて真っ暗になり、会場中にペンライトの色とりどりの光溢れた光景を思い出させた。この瞬間だけは、モーニング娘。のライブも素晴らしいのだ(^^;。
 さて、ヘッドライトを点け(普通の電球のヘッドライトは、この後夜明けまでは電池が持たず、LEDの方がはるかに持ちが良いことが証明された)出発。まずは高山病の分かれ目といわれている、八合目を目指す。
 たぶんボクらは運が良いのだろう、登りはじめから激しい雨にはならず、だんだん雲が切れて満天の星空が現れてくる。ボクはひとつしか見れなかったが、人によっては数えきれない数の流れ星を堪能したらしい。
 一度快晴の深夜、カメラをバルブで同心円を描く星空の写真を撮ってみたいものだ。今回は3分ばかりバルブで撮ってみたけど、さすがに全然星の軌跡などはなかった(まぁあたりまえ(^^;)。

途中の山小屋のメニュー。確かに高いけど、ここでは納得(^^;。

 歩いていると甘いものが欲しくなる。今回一番人気だったのがキャラメル。
 下界でお菓子をほとんど買ってこなくて五合目で買おうと思ったら、普通のお菓子はほとんどなくお土産品ばかりだった。たんなるチョコレートでも微妙に高いしパッケージがじゃまだからね。お菓子類は下界で。沢山は不要。袋物は膨らんじゃうよ(^^;。

雨だとみんな結構ブルー。葬列のように黙々と歩く。

 先週よりは少ないらしいけど、7月末、8月の前半の週末は、ものすごい人の数。七合目から上は、もうずっと行列状態。まぁどんどん登れる強靭な足や心肺を持っているわけではないので、歩いているのか立ち止まっているのかわからないくらいでちょうどいいのかもしれないけどね。
 八合目あたりになってくると、とにかく空気の薄さを実感できます。1歩動くとすぐに息が切れるのに、立ち止まるとあっという間に普通に戻る。食べる酸素や、ハンディ酸素ボンベをしょっちゅう使って、高山病に備える。あと、かなり深呼吸を心がけながら歩いた。(この辺は、個人差があるだろうし、ホントのところはよくわからないけど、まぁボクは大丈夫でしたよ)


 そして、御来光。
 ただの日の出なんでしょ?って思っていましたが、、、、、。

そろそろでしょうか、空が明るくなってきました。

 雲海の上を歩いていると、2時くらいにはすでにエッジの方が明るくなりかけてくる。

たぶんこの辺から来るんだろうなぁ、、、、と、思いつつも登る。朝日の昇る前の空というのは、いつ見てもきれいですねぇ。。。。。

 4時を過ぎると、もういつでも昇ってきそうな気配になる。同じような景色を何枚も撮りながら、山頂手前で腰を据えて御来光を待つことにする。きっと山頂はもすごい混雑で、よいポジションなどとれないんじゃないかな?と、思ったから(^^;。同行者はボクが立ち止まって写真を撮っている間にすでに山頂へ向かった。

 で、ついに来ましたよ。。。。。。。。。あれ?なんで雲海の端からではなく、手前の雲海の中から昇る?
 光の屈折とかの加減でしょうか?これは不思議な光景。赤い卵の黄身をムニュッと押し出してくるかんじ。初めてですよ、こんなのは。これが御来光というものでしょうか。。。。。。

みんな立ち止まっています。まぁ、これを見るために来ている人がほとんどなんでしょう。

 そうして、一気に色が蘇る。
 長い時間暗闇をヘッドライトの灯りだけを頼りに歩いてきたので、これはもう生き返った心地です。

朝焼けの中、何もかもが赤く暖かいかんじ。登山者のカッパが色とりどりで、とてもきれいですよ。

闇の中の葬列も、一気にダイナミックな風景に変化。


 あー、やっと山頂。

あー、これ見たことあるよね。

ものすごい人の数だ。これまた原宿?(^^;

 けっこうあちこちで、ケータイはつながっているんだけど、山頂は、なんだか場所によりけりってかんじで、この朝5時過ぎの報告を誰かにしたくてもなかなかかからない(そうそう、御来光の瞬間をテレビ電話で、、、、、と思ったら、使い方をまだ覚えていなかった(^^;)。まぁ、こんな時間に電話されても迷惑なだけだろうけどさ。

 さらに、本当の山頂方面へ向かう。一番高いのは、もう少し先にあるのだ。火口はすごく深いねぇ。降りたら登ってこられないんだろうなぁ。。。。。。昔は万年雪があったみたいだけど、今は、うっすら汚れている白っぽい部分がちょっと見えるけど、あれがそうなのかな?これも温暖化のせいか。。。。。

登山の無事をお礼して、金剛杖についていた鈴をここに奉納(?)

人人人人人人。。。。。。。。。。。。。。。
沢山の人は別として、「もののけ姫」のタタラ場のある山の上の村落のような風景。

 頂上は、とても雰囲気のある場所。。。。。。なんつーかレトロ、そうレトロなんだな。
 世界(自然?)遺産に指定してもらおうっていうわりには、あまりに何もないただのでかい山なんだけど(それほど絶景だとは思わなかったのは、テレビなどで見慣れているからかな?)、頂上の町並みは昔からの山小屋の町並みやちょっとだけのお土産物屋がいい感じ。登山道の途中にあるたくさんの山小屋もいい感じでレトロだよね。
 自然云々よりも、富士山の登山文化を想像するのがけっこう楽しいような。。。。。。
 

 下山道へ。。。。

明るくなって初めてわかる、登ってきた道と、途中の山小屋。意外と狭い範囲でじたばたと登ってきていたんだ(^^;

 下山道。これがきつかったんだ。
 登山靴などを買ったお店のおねいさんも言ってたんだけど、、、「飽きますよ」って。。。。。。いや、マジそうでした(^^;。
 吉田の下山道は、須走的にざらざらした赤土なんだけど、須走ほどには深くなくつづら折りなので、走るわけにも行かず、ふくらはぎと足首に来る。
 頂上から五合目まで約5kmという看板があったんだけど、これが長いんだなぁ。もしかして直線距離のこと?って思うくらいいつまでたってのざらざらのつづら折りは終わらない。

天気もよく、絶景なんだけど。。。。。。(^^;

 3〜4時間かかってやっと吉田口五合目に下山。いやぁ、結局ここが一番きつかったなぁ。


 さて、今回は、ただただ登山ではなく小さな楽しみを見つけた。これが、ささやかだけどコレクター心(まったく、、、、、)を満足させてくれましたよ(^^;。

これが河口湖駅前のお土産屋で買った金剛杖の最初の姿(シャトルバス中で撮影)

 スタンプラリーですなまるで。金剛杖に各山小屋で焼き印を押してもらいながら登ることです。暗闇の登山では、もう途中からこれが楽しみ、これだけががんばりの元と言っても、、、、、(おおげさか)(^^;。
 杖を買うなら河口湖駅の売店が550円で最安値。駅前のお土産屋さんはプレーンなのが600円で、なぜか五合目までの焼き印が最初から押してあるのが700円。これが五合目になると1000円に跳ね上がります。頂上では1100円でした。焼き印コレクションは、けっこういい感じで記念品になります。(今回は焼き印が13個+頂上の神社で焼き印じゃなく打刻を1組してもらったこれは300円で、あとの焼き印は1個200円、頂上の焼き印だけは300円)

杖全体に焼き印が増えて行くのは、けっこう楽しい。これは下山のとき、完成形の杖(^^;

 帰りは河口湖畔まで降りてもまだ午前11時くらい。風呂に入って飯でも食って、、、、ってことで「温泉寺」という、日帰り温泉へ。ちょっと中途半端だったけど、まぁ風呂に入って生ビールで乾杯して旅の無事を祝い解散。
 楽しかったけど、素晴らしかったけど、くたびれました(^^;。

帰りは、300円奮発して、「フジサン特急」で大月まで。
めちゃめちゃ座席間の広い(たぶん大きなザックを足下に置くため?)電車。でも奮発したわりには、即爆睡。
大月からは中央特快でス〜イスイ。

 でした(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして、はじめての富士登山─1日目─

 行ってきましたよ。とりあえず今は、ふくらはぎから下が死んでいる模様(^^;。

ドタキャンが一人出て、ボクらのパーティ(!)は4人に。これは頂上の土産や飯やの前で

 さて、JR新宿10番ホームに7時に集合し、特別快速高尾行きで出発。5分前に到着すると「20分以上前から来ているんだ」と、二人に遅刻呼ばわり。まったく、、、、、(^^;(ちなみに、現地で待ち合わせのもう一人は、電車の中から電話すると、さっさと五合目に行ってしまっていて……、いったい全体待ち合わせ時間というのはなんなんだ(^^;)

 八王子で甲府行きに乗り換え大月で河口湖行きの富士急に乗り換える。普通列車ばかりで乗り換えも多かったけど、空いていたし、スムーズだったので、まったくストレスなし。高速道路の下りは、お盆のラッシュでものすごかったようだけどね。クルマをやめて大正解。

降りて気がついたんだけどボクらの乗っていた富士急の電車は機関車トーマス号だった(^^;大月から河口湖までは1110円

河口湖駅は古い小さな駅。駅舎を出ると、後ろに富士山がそびえ立つ。この日は雲がかかっていて山頂は見えなかったけどね。

 駅前のバスターミナル7番から五合目行きに乗る。往復で1900円。7月末から8月いっぱいは、マイカー規制で富士スバルラインはバスとタクシーしか行けないのだ。自家用車は駅ではなく、スバルラインの料金所のわきに無料駐車場ができる。かなりの台数が停まれる模様。

 富士スバルラインの終点、吉田口五合目はバスの運ちゃんによると「富士山の原宿」なんだそうな。う〜ん、それってどういう意味?清里なんかも原宿って言われてるけど、山梨県民って原宿好き?(^^;
 まぁ、その原宿で、テキトーに昼飯を食って11:00くらいに出発。雲行きは非常に怪しい。(この五合目の広場は、ケータイはよく通じる。店に入ると怪しくなるけど)

 六合目までは、やや下りの多い平坦な道(この微妙な下りが、下山の最後のところで微妙な上りになって、すっかりへばるんだけど。。。。)。ここでは元気なので、スタスタ行っちゃうと、後々八合目あたりで高山病発症!ってなことになることもあるらしい。だから、薄い空気に少しずつ体を慣らすように意識してゆっくり歩く。この日は夕方までに山小屋に着けばいいので、時間はたっぷりあった。

七合目の下あたりまでは、馬でも行ける。馬で登ってそこから八合目あたりまでがんばってみて、御来光を眺めて帰ってくるっていうコースもありかもしれない。たしか馬は片道1万円だったかな?

 六号目あたりまでは、植物も生えている。やや森っぽいところも通るしね。でも、基本的には火山の荒々しい岩肌が全体に露出しているのが富士山だ。

歩き初めてすぐに雨が降り始める。かなり大粒のかんじで、あわててフル装備に(^^;、でも、すぐにやむものの、何となくしとしと降ったりやんだりがつづく

 高山病が怖いので(知り合いの中に2人も高山病経験者がいるし、ボクもスキーに行ったときにそれっぽい症状があったこともある)ゆっくり歩いて3時間程度、七合目の山小屋に到着。
 七合目から八合目の間に山小屋は7軒。ボクらが泊まったのは下から4番目の「鎌岩館」。
 最初の計画だと八合目の「太子館」というところに泊まって深夜登頂を目指すはずだったんだけど、「太子館」は人気で予約がとれず「鎌岩館」になった。

これが「鎌岩館」の入り口。山小屋はみんな古い。

中は、いかにも山小屋だねぇというかんじ。エアコンもテレビも風呂も無いけど歩き疲れたカラダには幸せな空間(^^; ここは食堂っていうかホール。ボクらが到着してすぐに大雨と雷が来たので、他のツアーの人たちを緊急避難させたりもした。

中は、屋根も床もあるけど、外に出るとやっぱりすぐそこに山の稜線がしっかり斜めにある。富士山だなぁ。。。。。と

トイレですね。ここは100円(環境保護費ですな。上に行くと200円になる。頂上では行かなかったけどもっと高いのかな?宿泊客は1回払えばよい)。もちろんボットン便所。どうも七合目よりも八合目の山小屋の方がトイレはきれいなようだった。

こんなふうに点々と山小屋の屋根が並ぶ。でも実施に登ると、それなりに離れていて、すぐそこに見えるのになかなか着かない(^^;

ディナー(^^;。食事はこれと、深夜出発のときに持たせてくれるお弁当(写真撮るの忘れたけど、レトルトの肉の佃煮パックみたいなやつが入ったモノ)

 寝室は「部屋じゅう二段ベッド」みたいなところにずらりと並んで寝る。布団や毛布はそれほど不潔感もなく、噂に聞いた頭と足が入れ子になって寝るということもなく。
 何となく眠れないまま、到着から夕食(7時くらいだったか?)までと、出発(11時くらい)までひたすら寝る。

 山小屋は、一律どこでも1泊2食で7000円。施設やサービスの違いは、他を知らないので何ともいえないけど、何号目でも同じらしい。ビールは500円。カップラーメンは300円かな?まぁ、スキー場並みってとこだね。今どきのスキー場は、もう少しだけ安いか。
 山小屋のお兄ちゃんたちは、24時間のべつまくなし到着する人、出発する人たちのために交代で寝て働いている。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/08/12

富士登山準備その二

 なんか出だし、天気が崩れそう。。。。。。
 でもせっかく新調したゴアテックスものが活躍するのか?(^^;

 で、その後、計画はちょこっと変わって、クルマで行くのはやめにし、土曜の朝の中央特快で新宿から河口湖駅を目指すことに。
 さて、さっきもテレビで富士山頂でストリートライブをやった連中とかの番組をやっていたけど、やっぱ寒そうだね。何着ていこうか迷っちゃう。ここ数日の気温を見ても1日中5〜8℃のあたりをさまよっているし。。。。(まぁ、それは頂上付近の気温だけどさ)。下界は雨が変なかんじで降ってきたなぁ。裏日本は大雨のようだ。金曜中で上がってくれるといいんだが。。。。

 さて、その後の準備。日々ゆるゆるとやっているのだけど、やはり足下に不安が大きく(関節とかじゃなく、足の裏の強度ね(^^;)不安を解消すべくちょっと細工を。。。。。

まず5本指くるぶしソックスで、足裏の厚みアップ

その上から、先日買ったウールの底厚ソックスを履き

さらに、これが勝負の衝撃吸収素材入り中敷を入れる

 まぁ、足下はこんなもんで。
 あと細かなもの。

酸素を沢山取り入れるためと、山小屋でのいびき軽減に「ブリーズライト」。靴擦れとかのことを考えて「バンドエイド」。山小屋でのいびき対策に「イヤーウイスパー」

トイレットペーパーが必要らしいんだけど、かさばるので、水溶性のアティッシュペーパーを5個くらい持つことに

ゴムベルトがダラダラに伸び切っていた防滴型のヘッドライトのゴムベルトを手芸店で買ってきて修理した、ヘッドライト

そして、ゴアテックスに近い素材であるところの帽子。防水スプレーをかけて行ったほうがいいかも

 ってなところかなぁ。。。。。これで、だいたい5kgくらいの装備になるかんじ。(フリーストレーナーを1枚と、タオルを2枚持つ)
 あとはやっぱ当日の服装だねぇ。。。。。下界は厚いので、まずTシャツでスタートだろうけど、すぐに長Tくらいは必要になって、ジャンパーを着て、フリースを着て、、、、、ってかんじで、大丈夫かなぁ。なんか1枚オールマイティなジャケットがあるといいんだが。。。。。下は、カーゴパンツとカッパのズボンがあるからいいよな、たぶん。

 とにかく、予想だけど、荷物はカメラを含めて(結局17-35mmの広角ズームレンズのみを持つことに下)5kg以内っていうのが理想なのでは?と思っている。
 あ、水を1リットルくらい持っていくっていうのを忘れてた。1kg減らさなきゃだ。。。。。。。うぅむ。。。

 それから、保険証のコピーを持っていかないと(^^;。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005/08/10

FOMAでMacで通信

 ボクのケータイは、長い間DoCoMoのP208っていう、i-mode前夜であるところの最後の普通のケータイでした。おそらく至上最軽量?(最近のは小さくても、けっこう重いからね)
 ほとんど家にいるし(家にいるときにはケータイの電源は切ってある)、出かけても、電話はほとんどしない、またメールは、Macでしかやらないので(かなり頻繁ではある)、ケータイの出番はほとんどない生活なのです。
 でも必需品ではある。で、何に使っているのかというと、パソコン通信。俗に言うモバイルってやつですね。あちこち遊びに出かけても仕事ができる職業なんで、そのメリットは最大限に生かしたい。っつーこって、ボクのクルマには、必ずPowerBookG4が入っているわけで、旅先でもたいてい夜は暇だから、仕事をしたりするわけですね。
 
 そのP208と、貰い物のモデムカードで、9600bpsでしばらくやってみたのだけど、やっぱたいへん。
 PowerBookG4の前は、内蔵モデムの無いPowerBook2400だったので、外付けモデムで14400bpsとか32000bpsとかだったときも。。。。
 その後、奥さんようにピッチを購入したので、さらに貰い物の32000bpsのピッチのカードで過ごしてみたら、ちょっとはよくなった。

 PowerBookG4になり宿泊先にモジュラージャックがあるときには、内蔵モデムが56000bpsなので、それなりかなぁ。。。って時もあったけど、最近は、ISDNとかだと遅くてやっていられないのでいろいろ悩みました。

 去年、またも貰い物のAirH"カードで、128000bpsを使ったときには、かなりうれしかった。電波のいいエリアだと、たいがい問題なくファイルのやり取りもできた。でも、メールの添付ファイルサイズが50Mとかになってくると、つらくなる。
 それでもAirH"は通信状況がいいときには安定しているし、かなり快適ではあった。

 ところが、そのAirH"カードが、行方不明になってしまったんだよね、今年の春。いや、家のどこかにあるはずなんだけど、探しても出てこない。。。。。。。
 で、夏になってしまった。出かける計画がいくつかあってどうしようかと思っていたところで、あまりに繋がらない奥さんのピッチを買い替える計画が持ち上がった。ちょうどDoCoMoもピッチを終了するのでと、2万円の買い換え用の金券を送ってきたので、FOMAにすることにした。FOMAといえば、パケット通信の速度が384000bpsと、超高速なのだ。
 で、買ったのがSH901iC。シャープ製の赤いヤツだ。FOMAの通信速度を実感したかったので、同時にUEB通信ケーブルも買ってみた。公式にはMacOSでの通信には対応していないのだけど、ここで、通信用のドライバを開発して配布してくれている人がいるのを知っていたので、迷わずチャレンジ。
 これが、何の問題も無く、一発でつながり、予想どおりのスピードだったので、大満足だったのだ。

 で、先週。ついにボクも自分のケータイを変える決心をし、P901iSっつーかわいいやつにしたのだ。もともとパナソニックのケータイばかり使っていたので、操作性が近いかも?という期待をこめ、さらに気本的に小さくて軽いケータイを作り続けているパナソニックなので、そこにも期待して、変えました。(実際には、年月が経ちすぎていて、操作性など、まったく変わっていたのではあった(^^;)
 先々週は3万くらいしていた機種だけど、先週は2万前半にまで下がったっていうのもポイントだった。

 さて、USBケーブルを刺し、設定はすでにPowerBookG4の中にあるので、そのまんま「接続」。。。。。。。。あれ?つながらない。。。。。何度やってもつながらない。ドライバをバージョンアップしてもつながらない。
 うぅむ。。。。。。。と、件のサイトの下の方をよーく見ると、SHは開発者本人が使っているので、いいんだけど、PやNとはイマイチの相性のようで。。。。。。。すっかりまいりました。
 いろいろ調べたけど、この件に関してはこのサイト以外の有益な情報は得られず。。。。。。。。しょうがないので、奥さんのケータイと、入れ替えることにした。

 FOMAには、FOMAカードというminiSDよりさらに小さいようなICカードが電池の下のエリアに刺さっており、そこに基本情報がほとんど入っていて、それが本体なんだという説明を受けていたので、それの入れ替えで可能なんだろうなと、チャレンジすることに。

 一応DoCoMoショップで簡単なアドバイスを求め、データ移行のために(本体に記憶してある電話帳やメールや写真のたぐいは、FOMAカードでは移らない)128kbyteのminiSDカードを買う。
 さて移行だが、よーく考えると、カードが1枚だと、無理だということに気がついた。
 片方のデータをカードに入れて、もう片方に移すと、一時的に両方のデータは一緒になってしまい、面倒くさい。かといって、消去するわけにもいかない。。。。。。。。。
 そこで、ふと気がついたのは、最近のケータイには赤外線がみんなついているのね。これが使えるのだ。昔は赤外線なんて、弱っちいし角度や距離もかなりうるさかったのだけど、今どきはけっこうアバウトでもちゃんとつながるのだ。
 で、さっきのカードに移したあとに、1台を初期化して、そこにもう1台から赤外線で残データを移行する。そのあとで、もう1台も初期化して、今度はカードに入ったデータを移行する。で、その後、電源を切って、FOMAカードを入れ替えてやると、昔から、その機種だったかのようにちゃんと入れ替わった。
 
 ってなわけで、ボクのケータイは、1世代前のSH。SH901iCということになったのだ。まだ全然使い方がわからないし、使いこなすつもりも無いけど。。。。(^^;(だいたいメールアドレスさえ設定していない(^^;)
 あと問題は、通信料がめちゃ高いってことだけかな、お試しで使いまくっていた先月は、3万円もきちゃったもんな。。。ふだん2台で1万円も行かないっていうのに。。。。(^^;
 DoCoMoさんよ、パケ放題に、インターネットも入れておくれよ。。。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/08/05

富士登山準備

これは、7月27日、台風一過の富士。

 さて、8月13〜14日についに富士登山になるわけなんだけど、体づくりは、まぁ心がけて入るものの、ちゃんと成果は上がっていないってのが実情。それでもその日は近づいてくる。
 行きたいような、怖いような、、、、、という気持ちの揺れの中で、あきらめて道具を揃え計画をちゃんと詰めることにして、新宿へ。

 基本計画は
12(金)深夜・出発・駐車場で仮眠
    河口湖I.C→河口湖駅駐車場

13(土)朝・バスで5合目
    出発→3-4時間で7合目鎌岩館着→宿泊

14(日)3時ぐらいに出発。途中で御来光
    2-3時間で山頂。
    昼前に下山開始。3時間で下山
 ってなかんじ。

 ショップは、平日の昼間なのでガラガラ。週末に向けて店員が商品の補充などをしている。昔から地元のディスカウントショップかこの新宿のSRCでアウトドアグッズは買っている。安くて、充実しているのだ。
 でも、最近はあまりアウトドアグッズの買い足しもないので、去年シュノーケルを買いにきて以来だ。目的が明確なので、買い物に力が入る(^^;。

 まず、ここのところ欲しかったカーゴパンツ(分離式)が特価になっていたので。

ColumbiaのGRTというシリーズのもの 

 んで、重要なカッパ。やっぱゴアテックス大好きなので今持っている上着の下を探す。

これがふだん使っているmont-bellのトレントフライヤージャケット(旧型なので、カタログ色ではないけど)

 でも予想どおりっていうか、ゴアテックスは高いので、似た素材の安いものに。DiAPLEXっていうPHENIXのストレッチライトパンツを買う。色が全然合っていないけど、まぁ雨のときだけだし(^^;。

 さらに靴とスパッツ。靴は、トレッキングシューズだけど、くるぶしまでカバーしているNIKEのTAKAO MID GTXの26.5cm。安かったので(^^;。ふだんは24〜25cmを履いているのだけど、厚い靴下を履いた方が足が痛くならないのでオーバーサイズに。あ、靴下もウールをメインの素材にした底だけ厚くなっているものを買う。厚い靴下じゃなくても2、3枚重ね履きをすればいいんじゃないかと思っていたけど、靴の中での足の遊びやずれを考えると、1枚ものがベターとのこと。
 でも、インソールをさらにソルボセインとかが入っているものにした方がいいかもしれないなぁ。オーバースペックかもしれないけど、ふだん足の裏とか鍛えてないから、ちょっと買い物で数時間歩いただけでも痛くなっちゃうからねぇ。。。。。。。。。

スパッツはこんなかんじで着く。ただ足首に巻き付ける布かと思っていたけど、靴ひもに合体するフックがついていたりして、よく考えられているのだった。スパッツは重要視していなかったけど、ガレ場の下りが多い富士では、相当威力を発揮するとのこと。

 あとは、カメラを入れる完全防水バッグ、酸素不足になりそうなときのために「濃縮酸素」、一気に元気が出るという「食べる酸素」。



 そういえばカメラだが、雨が降ろうと雪が降ろうと、せっかくの富士山で写真を撮りたいので、水深1.5mでも撮れるデジカメも用意してみた(^^;。一眼レフは、壊れるのが怖いからねぇ。。。。。昔のカメラは、ちょっとの雨などは気にならなかったんだけど。


いやはや、これで500万画素だったり(^^;

 もちろんメインのカメラは、*istDsなんだけどね。

 ただ、どのレンズを持っていくべきか非常に悩むところ。。。。。。
 17-35mmは決定なんだけど、望遠を持っていくかどうかなんだなぁ。富士山に登って、遠い下界を写すなんてこたぁないんだろうけど、ちょっと下とかちょっと上とかを写したくなるかなぁ。。。。。。ちょっとでも山に行くとそれなりに遠そうだからなぁ。。。。
 普通は、どうなんだろう?


 まぁ、そんなかんじで、娘からadidasのザック(たぶん20lだと思うんだけど)を借りていく。


手前に転がっている赤いものは、20l用のザックのレインカバー。昔バイクに乗っていたときに買ったもの。

 おまけ

 去年5合目に行ったときにお土産に買ってきた軍手(^^;。

 あとは、ストックをどうするか、あるといいよとは言うんだけど、これだけのために買うにはけっこう高いような気もするし。。。。。
 あと、これは難題。防寒も含めて衣類をどうするかだなぁ。
 頂上付近は、5〜10度くらいらしい。5合目でも20度以下なんだよね。とりあえず登山っていうスポーツ中なわけだから、それなりに体は温まるよね(休んでいるとき以外は)、だからパンツは1枚でいいだろうな。上は、フリースの1枚も持っていくかな、あとは、綿じゃないポロエステルメッシュ系の速乾性Tシャツの長短ってところかなぁ。。。。。とか。。。

 たぶん荷物の重さの目標は5kg以内だな。こないだ北海道で15kgを背負ってうろついていたら完全に死んだから。。。。(^^;

 さて、さらに体と荷物の調整を続けないとだ。。。。。。

 そうそう、このサイトがとても詳しく書いてくれています。(まぁ富士登山に関して詳しいサイトはけっこうあるんだけど、ここは今日かなり読み込んじゃった)ただ、このサイトでは、吉田口は一番行かない方がいいコースになっているのだった(^^;。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/04

城南島

 羽田空港の着陸用滑走路のすぐ脇に、城南島があって、そこの城南島海浜公園には、キャンプ場があります。

 をやじキャンプ仲間がなぜか都内で集ったので、平日の昼間だというのに、ひなたぼっこしてました。

 仲間といっても、昔クライアントだった広告代理店のADさんだった人たち。今はみんないろいろなんですが、キャンプ好きなんで、年に数度西湖で集まっています。残念ながら、ボクは年に1度参加できるかどうかって感じで、今年も1回目2回目と参加できなくて悔しい思いをしています。3回目は行けるかなぁ。
 西湖自由キャンプ場を教えてくれたのがこのメンバー。

 品川で落ち合って、車で適当に海の方に行ったんだけど、ナビも地図もない車なんで、うろうろ。やっと着いたけど、何か飯でも食いながらビールでもと思ったのに、何も食い物を売っているところがない。しょうがないのでまた適当に走っているうちにお台場のコンビニにやっとたどり着く。
 食料を仕入れて、また城南島へ。
 たまにはこういうのもいいですよ(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/02

神宮花火大会

 恒例の近くで見る神宮花火大会。@和田邸屋上。
 いい花火の写真が撮れなかった。。。。。。。。。やっぱ難しいね、花火は。
 でも、今年もすぐ近くでビールを飲みながらの花火大会は楽しい(^^;。
 来年こそは、いい花火写真を撮るぞ(^^;。

まぁ、微笑ましいお客様とか。。。。。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »