« vsブラジル | トップページ | 戦国自衛隊1549 »

2005/06/29

League of Jewel 2005 2nd game (奥田美和子、YeLLOWGeneration、中ノ森BAND)

League of Jewel 2005 2nd game
2005.06.29@原宿アストロホール/123

 奥田美和子の初ライブがあるというのでチェックしたら、なんとYeLLOWGenerationも出るイベントだった。さっそくチケットを取る。これは非常にラッキー(^^;。

 会場は原宿の明治通にあるアストロホールだけど、その前に代々木体育館の脇に小田和正の期間限定FarEastCafeができているので、そこで7/1にAXである小田のライブの抽選をしに寄る(ちなみに、この抽選はハズレだった。。。。。。)。

 原宿は、いつ来ても、人が多いね。

 さて、ライブはお目当ての奥田美和子がトップ。ボクらのすぐ横には、奥田美和子の仕掛人の柳美里さんも来ている。
 1曲目は、アルバムと同じ「青空の果て」。思っていたとおりの切なくて儚く強い歌い方だ。ほとんどMCもないままにファーストライブは続く。そして「雨と夢のあとに」。奥田美和子は、声は切なく強いけど、容姿は、透明なキャンパスのようだ。まだまだプレーンで、これからどう変貌して行くのかうまく育って行くのか、先の見えない危うささえある。
 まぁ、よかったです。お腹いっぱいって感じ、いや、もう終わりなの?って感じで、もう帰ってもいいかもって思ったくらい(^^;。でもイエジェネも観なくちゃ。初“生”イエジェネなんだし、いったい何年待っただろうか。。。。。(いや、ほんの1、2年だけどさ(^^;)。

 中ノ森BANDも出てきたけど、失敗作のアイドルギャルバンドって感じで、、、、、、でもベースの子はめちゃかっこ良かった、YUCCO。あとは、みんなロックしてなかったなぁ。無理がある(^^;。

 で、YeLLOWGeneration。おちまさとプロデュースでデビューした女の子3人組。デビュー当時は、おちまさとのコンセプトワークの中で、きっちり成長しているふうだったけど、今は、おちまさとは離れたようだ。で、けっこう3人それぞれの個性が出てきているみたいだった。「北風と太陽」(昼ドラのドレミソラ)や「扉の向こうへ」(ハガレンのエンディング)は、ドラマやアニメの主題歌で知られてはいるけど、他ではほぼ無名。でもちゃんと音楽と向き合っている感じが良い。
 でも、ステージはちょっと雑かな。歌に集中していなかったのは、何かあったのかな?やや練習不足気味な感じもした。
 次はどこで出逢えるだろうか。。。。。。

 本日の反省会は、表参道と明治通の交差点からちょいと入ったところにあったおばちゃんの店。なんのことはない、原宿らしくない店の感じが気に入って入っただけ。
 しかし、ゴーヤチャンプルーを頼んだんだけど、きっとおばちゃんたちゴーヤチャンプルーって食べたことないよ。ゴーヤの切り方がでかすぎ。ゴーヤの野菜炒めだった。ささやかな店だったけど、ちょっと残念(^^;。

|

« vsブラジル | トップページ | 戦国自衛隊1549 »

ライブ、音楽、アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: League of Jewel 2005 2nd game (奥田美和子、YeLLOWGeneration、中ノ森BAND):

« vsブラジル | トップページ | 戦国自衛隊1549 »