« オペラ座の怪人 | トップページ | 靖国神社奉納プロレス »

2005/03/05

玉置浩二

玉置浩二コンサートツア−2005「今日というこの日を生きていこう」
2005.03.05@パルテノン多摩大ホール/29列/40

 サンリオピューロランドには昔行ったことがある。多摩センターの駅。今回は、多摩モノレールに乗って玉置浩二を観に。あ、写真は、多摩センター駅から伸びるパルテノン通りのどんづまりに建つ宮殿。パルテノン多摩のお姿。何ともまぁ、、、、、(^^;。
 
 玉置浩二は、ライブで何も喋らない。2003年に安全地帯のツアーのときも今回も、一言も喋らなかった。あ、いや、今回はメンバー紹介だけはしたな。安全地帯の時にはホントに一言も喋らず、曲だけやって、終わった。
 玉置浩二の素の喋りは、「笑っていいとも!」のテレホンショッキングのときと、大昔、まだ高校生だったころのライブでのお喋りくらいしか聞いたことがないけど、あのいつもニコニコしているそのまんまの楽しいヤツだった気がする。まぁ、人の話はあまり聞かなそうだけど(^^;。
 で、そのイメージでライブに行ったものだから、一言も喋らない玉置には、すごく違和感を覚える。ボクは、デビューのころからファンではあるが、ライブはそんなに行ってないし、ファンクラブにも入っていないので、よくわからず、客がそんなことおかまいなしに普通にライブを楽しんでいるのを見て、なんか変な感じだった。
 もしかして、対人恐怖症とか、不特定多数に対してコミュニケートできないとか、そういう心の病なんじゃないか?と、連れと話した。帰ってから、いろいろ検索してみたけど、これといった情報は得られず、でも、歌であれだけコミュニケートできる人なのに、いったいなにが?って感じなのである。
 確かに、よけいなお喋りなど不要なくらい素敵な歌ばかりなんではあるのだけど。。。。

|

« オペラ座の怪人 | トップページ | 靖国神社奉納プロレス »

ライブ、音楽、アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉置浩二:

« オペラ座の怪人 | トップページ | 靖国神社奉納プロレス »